嫌われてた安倍<本澤二郎の「日本の風景」(4523)

<東京・ワシントンから警戒・嫌われていた安倍晋三!それが国葬!>

 第一次安倍内閣が誕生した時のNHKのワシントンからの一報を記憶している。それは「ストロング・ナショナリスト」だった。官邸の圧力を受けてNHKは、極右の安倍政治報道を取りやめたが、安倍は反比例するかのように「ワシントンのポチ」に徹した。

 トランプ人脈は、外務省ではなく統一教会が間に入って取り持ったという。

安倍軍拡でワシントンの右翼・共和党との関係は、すんなりと進行したが、比例して日本国憲法を尊重し、擁護する義務に違反してゆく破憲内閣に徹してゆく。平和維持の日本国内の護憲リベラルの反発を招く。

 右翼片肺内閣の宿命だが、それも野党の無力と言論の衰退が、安倍長期政権を支える。この間、日本は沈没することになるのだが、到底国葬の対象者であるはずがない。日本国民の内心の自由を奪う・侵害する価値ある人物では全くない。

 

<統一教会・勝共連合に顔立てる岸田文雄は何者か>

 安倍の背後で、岸信介と笹川良一がテコ入れして、表は宗教団体で裏は日本政治を操る闇の勢力となった統一教会・勝共連合が、岸と福田と安倍の清和会を牛耳っていた。

 岸は東京帝国大学で、国粋主義者の高杉慎吉の門下生だ。傀儡政権の満州国でアヘン取引で暴利を得て、財閥代表の商工官僚(現在の経産省官僚)として東条英機内閣で商工大臣となって日米戦争に深く関与、敗戦後にA級戦犯となって巣鴨入りした。笹川もまた巣鴨の仲間で、ともに売国奴として吉田茂内閣を打倒を、米CIAと連携して、鳩山一郎内閣を誕生させた。

 このころからだろう。韓国の反共の闘士?文鮮明を岸と笹川が面倒を見て、文に日本をポケット役に提供して悲劇は起こった。最初は笹川のギャンブル利権が支援したであろうが、間もなく日本人のか弱き女性をたぶらかせての私財没収で、毎年200億円をソウルやワシントンに送金していたというから、これはすごい。数兆円かそれ以上だろう。

 日本の売国奴・国賊が、国内に何万、何十万と誕生したことになる。山上徹也はそんな被害者の一人だった。加害者の頂点に福田赳夫・安倍晋太郎・森喜朗・小泉純一郎・安倍晋三が加わって、今日を迎えている。警察権・検察権を封じ込めてきた清和会という国賊派閥と、ソウルのカルト教団に顔を立てる岸田文雄に国民は、怒りで震えている現在である。


<保守の月刊日本7月号で「安倍晋三よ!永田町から退場せよ」特集>

 自宅に郵送されてくる、右翼的な雑誌「月刊日本」7月号が気になった。まるで安倍の死を予告するかのような見出しが躍っている。

 「安倍晋三よ!永田町から退場せよ」特集を載せた。表紙の半分を使って「悪夢の安倍政権は終わっていない」「岸田政権でも沖縄の地獄は続く」「自民党に奉仕する愚かな野党」「存在感なき岸田総理」と見出しは真っ当である。

 首相を辞めると、田舎に引きこもり、悠々自適の生活だと思いきや、安倍の野心は止まらなかった。初めて清和会の会長の地位を占めた。それほど首相時代に、莫大な金集めに成功したという証拠だ。いずれ安倍側近が、安倍の金庫の中身を暴くだろう。莫大な闇資金には、統一教会からのものも含まれているだろう。

 安倍晋太郎が亡くなった時の安倍邸奥の古い金庫から6億円の闇資金が見つかったという脱税秘話は、今では有名になっている。文鮮明もアメリカでは、脱税で逮捕、実刑判決を受けた。岸の釈放の嘆願書も効果がなかった。政治屋のほとんどが脱税魔といわれる。国税庁の改革が不可欠だ。


 それにしても安倍が育てた女性議員と統一教会の深い関係、下村博文の活躍には仰天するばかりだ。実弟の岸信夫は反省の弁を吐いた。逃げられないと観念したものだ。原理研から首を突っ込んだという世耕など統一教会派の面々を並べると、まさに壮観である。清和会を叩き潰せ、とは天の声であろう。


<天皇派の亀井静香が安倍と麻生をこき下ろす>

 一時はCIA何するものぞ、と開き直った亀井静香に驚いたものだが、彼が

天皇派だったとは知らなかった。尾崎咢堂は、憲法に天皇制が入ったことに「3発目の原爆も日本に落ちる」と予言した。311で的中させたが、亀井は尾崎とは真逆だ。そんな彼の言い分は、同じ7月号で永田町を一喝してる。

 「岸田はふにゃふにゃした政治。(頭は)空っぽ」「国民は馬鹿。新聞テレビを含めて権力のチンドン屋。メディアは反権力でなきゃいけない。批判しないメディアは存在価値がない」

 「安倍と麻生がいまだに影響力があるが」の問いに対して「若い奴がだらしない。二人に黙れという人がいない。俺が若いときは、腐った魚はいらない、といって執行部に逆らった」「安倍は結局何もできなかった。アベノミクス?経済は上向きになってないよ」

 「衆院議長の細田博之は女性記者をホテルに呼んで添い寝させた。本人は釈明もしないが」の質問に対して「国民が劣化しているからさ。今の国民は赤ん坊だ」「日本はアメリカの属国、ポチを止めること。具体的には日米安保を破棄することだな」

2022年8月3日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)