原子力ムラが河野総攻撃<本澤二郎の「日本の風景」(4214)

<脱原発許さず!温暖化・気候変動・地球破壊どうでもいい原発派>

 1972年の自民党総裁選を手始めに、以来、20年は政治部記者として、その後は政治評論家となって毎回見聞してきたが、今回のような情けなくも、みっともない選挙は初めてのことである。極右花盛りを印象付けていて、もはや自民党は国民から遠く離反してしまっている。


 いま人類と地球の深刻・危機的な問題である温暖化・気候変動の元凶である、人間が制御できない原発を阻止するという正論が、候補者から聞かれない。それどころか、もっともっと原発エネルギーが必要である、核兵器製造の日本にしたい、というような、途方もない安倍晋三そっくりの極右女候補を、むしろ支援する論調が、新聞テレビやネット新聞などで爆発している。


 他方で、脱原発が持論の候補をとことんやり玉に挙げて、叩き潰しているではないか。公選法が適用されない自民党総裁選は、カネがモノを言う。それを原子力ムラが前面に出て、徹底して支えている。「菅義偉が駄目なら第二の安倍だ」といわぬばかりである。


 台湾問題に絡めて、隣国との軍事的対決も辞さないような雲行きである。死の商人に魅入られたような、右翼新聞一人踊りまくって、他のメディアは振り回されている。自民党末期を象徴する総裁選挙とはいえ、原子力ムラが全面的に跋扈する、地に落ちた極右政党の権力闘争に期待できない。


<自民・極右合戦の愚?安倍晋三も財布のひもを緩めたらしい?>

 清和会に人生をかけてきたような人物の分析は「90余人の中身はばらばら、安倍は一度も閥務をしたことがない、カネを出したこともない、派閥の総裁候補の町村を蹴倒して、金力でその地位を奪っただけの男、わずかな手勢しかいないし、森友加計さくら1・5億円事件で刑事被告人になる身」というもので、かなり説得力があった。


 ところが、心臓のもっとも身近な女を擁立するや、出陣式には清和会・細田派のほぼ全員が参加した。「あれッ」と驚いていると、極右女が善戦していると、新聞テレビが相次いで報じている。


 自民党総裁選が、さしずめ極右合戦を演じているではないか。護憲リベラルの候補も右翼化してしまった。


 あれこれ総合してみると、あのケチな心臓が財布のひもを緩めたと分析するのが相当であろう。近く総選挙だ、自民党候補者は1円でも多く懐を温めようとしている。総裁選は数百どころか、数千万円のカネを懐に入れる好機であろう。


 派閥の締め付けがないため、あちこちから金集めも可能だ。昔ニッカサントリ―と揶揄された総裁選を彷彿とさせているのではないか。原子力ムラの資金は、家庭から集めた電気料金だから、天井知らずだろう。これをなんと理解したらいいのか?沈黙する有権者でいいのか?電力料金大幅値下げ運動が不可欠だろう。


<ネット・新聞テレビで河野いじめ際立つ=電通・電力会社の陰謀か>

 新聞テレビと縁のない凡人ジャーナリストは、その分、ストレスが溜まらない。ネット新聞とYoutubeの動画に目を向けるしかないが、ここではなぜか右翼ニュース花盛りで、読む気がしない。


 政治に疎い多くの若者などは、これに振り回されてしまうだろう。日本の右翼は、ネット情報もまた一役買っているのである。


 Youtubeには、見たくもない女候補の宣伝動画が圧倒、対して河野叩きのそれがいっぱいだ。護憲リベラル人間に無縁な、右翼化したネット情報ばかりだ。国家神道と教育勅語の時代を彷彿とさせるネット世界も、原子力ムラや電通などが支配権を握っているのだろう。


 世も末だ。河野太郎が父親をまねて新党を結成し、野党と連携する場面も想像されそうだが、どうだろうか。


 日本の学者もカネで動く。現役時代に正論を吐く人物はいない。名誉教授になって、初めて本気になる。それでも沈黙するよりはましである。熊本大学名誉教授の入江紀男が、フクシマの東電原発の今後をまとめた小論を公開した。

 廃炉に100年と信じていたが、それどころではない。100万年もかかる、と真実を吐露した。日本列島に対して、死の宣告をしたものだ。それでも、政権与党は、現実の危機から目をそらしている。自民公明両党は、文句なしに悪魔に魅入られてしまっている。


 京都大学元助教の小出裕章は「フクシマは石棺で蓋するしか方法はない」と叫んでいる。台湾は、福島県と隣県の食料品の輸入禁止措置を「科学的根拠」と改めて宣告した。


 安倍1・5億円事件について、河井夫妻はその使途について、心臓に負けじと嘘の報告をしたことが分かった。自民党の再生は、期待するほうがおかしい。これを好機にできない野党だとしたら、日本の前途は真っ暗闇であろう。

2021年9月24日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員) 

https://www.youtube.com/watch?v=1ezhoEsEc8w

入口紀男・熊本大学名誉教授 (Facebook 2013/12/24)
https://ja-jp.facebook.com/norio.iriguchi/posts/690730394301087

日本の国土100万年の悪夢
 福島の原子炉の「終息」にはあと100万年かかるでしょう。
 その広島型原爆2万5千発分の放射能は、太平洋と、東北から関東、中部地方まで、年を経るごとに深刻に拡散し、汚染を広げていくでしょう。

http://jlj0011.livedoor.blog/archives/30569641.html

https://www.youtube.com/watch?v=1ezhoEsEc8w

<台湾の日本産食品輸入禁止=科学的根拠・国際ルール>

【台北=杉山祐之】台湾行政院(内閣)のトウ振中政務委員らは23日、台湾が環太平洋経済連携協定(TPP)参加を正式申請したことについて記者会見した。トウ氏はこの中で、台湾が東日本大震災以降、福島など日本の5県産食品の輸入を禁じている問題について、科学的根拠、国際ルールに基づいて処理するとの方針を明らかにした。 (読売)


<こちら1・5億円の河井夫妻は心臓真似て自民党に嘘報告>

NHKおととしの参議院選挙で、自民党本部から河井案里 元議員側に15000万円が振り込まれたことをめぐり、自民党は、検察に押収されていた資料を河井氏側が調べた結果、買収には使われていないことが確認されたと報告を受けたことを明らかにしました。“ほとんどが機関紙や政策チラシの作成などに”

おととしの参議院選挙で、公職選挙法違反の買収の罪で有罪判決が確定した河井案里元議員側に、自民党本部から15000万円が振り込まれたことをめぐっては、野党などが原資や使途を明らかにするよう求めています。