安倍防護服内閣<本澤二郎の「日本の風景」(3847)

<傷だらけの老いた狼の遠吠えで法治・正義・憲法を威圧!>

 ものはいいようで、黒を白にすることが出来る。上場株式のように「お祝儀相場」が新聞テレビなのか。昨日は菅内閣の組閣の日となった。官邸にテント村が出来たのかどうか。昔の組閣は、新聞各社にとって入閣者の呼び込みに、待ち構える新聞記者が官邸入り口に殺到、内閣記者会の会見では入閣者会見で「あなたは靖国神社を参拝するのか」と問い詰めたものだ。


 健全な時代の戦後日本マスコミと比較して、今日の堕落衰退は、いかんともしがたい。安倍防護服内閣に対して攻勢を見せる言論は消えてしまっている。


 民を慈しむ政治家は姿を消してしまった。野心にあふれる、政治屋を持ち上げる記事が目立つ。それを映像でも見せて、主権者を侮って恥じない。


 真正面から菅内閣を評すれば、それは犯罪首相を守るための布陣である。自民党と閣僚は、相も変わらない、深手を負った老いた狼を配して、法治・正義・憲法を威圧するかのように、遠吠えをしていると見受けられる。こんなところが正解ではないだろうか。



<東京上空を舞う林検察は鷲なのかトンビなのか>

 官邸の首相犯罪を、耳にタコができるほど承知している林検察は、モリカケ・TBS強姦魔・桜・河井1・5億円事件という、呆れるばかりの官邸犯罪の始末をどうつけるのか、主権者・納税者に説明ができるか、ここを問われている。


 河井夫妻を逮捕、法廷に持ち込んだ1・5億円事件は、まだ入り口でしかないと、日本国民の誰もが考えている。河井逮捕は、せいぜいトンビのやっつけ仕事であろう。むろん、広島県警・同地検・中国新聞の、久々の汗かきの見事な成果であったが。国民はしかし、それだけで納得していない。


 「なぜ安倍事務所や自民党本部の家宅捜索をしないのか」に人々は怒り狂っている。75日たっても忘れていない。

 「現役首相を日本検察は逮捕できない」との声が聞こえてきたが、2020年9月17日からは、安倍はヒラの国会議員だ。もう理由にならない。


 林検察は、鷲の本領を見せつける時なのだ。真摯な市民運動家たちは、固唾をのみ込みながら、その時を待っているのである。彼らは「林検察は黒川弘務ではない。間違いなく林検察は鷲だ」と信じ込んでいる。そんな知り合いが、最近、筆者の周囲に存在するようになった。


 やくざ入れ墨に強姦されても110番通報できない、自立できないでいる女性の一角からも、林検察の鷲の鋭い口ばしと爪による悪党退治に期待が高まっている。民を慈しむ林検察なのかどうか、まさに日本検察の正念場なのである。



<電通傘下の新聞テレビ宣伝の賞味期限はいつまで?>

 日本国憲法下の「言論の自由」を信じて、新聞記者の世界に飛び込んだ若者は多い。しかし、編集局長以上のポストに就かないと、大魔神の電通の本当の正体を知ることは出来ない。


 電通による言論弾圧事件は、日常茶飯事といっていい。このことを政治家でも知らない。20年もの間、継続した現役の政治記者は、どこの会社にもいないはずだが、それでも知り合った無数の政治家も、誰一人口にしなかった。


 戦前の満州人脈も勉強しなかった日本人は多い。国策会社・特務機関のことさえ、名前だけで内容を知らなかった。実のところ、このことについての知識がないと、現在の電通を理解することが出来ない。


 日本国民や隣国にも害をもたらす電通を知らないと、日本の政治経済社会から芸能スポーツ、そして今も継続している東京五輪の腐敗も分からない。

 安倍の7年8か月の長期政権の謎も解けない、理解できない。


 いま同じく電通の策略の上に開花した菅内閣の「よいしょ報道」で、政権は一見浮上したかに見えるが、確実に賞味期限がある。化けの皮が剥がれる時が来る。日本国民の資質、マスコミ関係者の覚醒が、それを解決するだろう。ぬるま湯につかっていると、いつまでも眠りこけてしまうのだが。



<清廉な野党議員の徹底追及でほころびが表面化>

 清廉な国民と清廉な国会議員が、結束して体当たりすれば、必ずや人間道が開ける。森喜朗と橋本と電通、財務省をしっかりと監視することによって、彼らの五輪腐敗のボロを発見することが出来るだろう。


 幸い、東京五輪については、フランス検察が執念深く捜査を続行してくれている。血のフランス革命が土壌になっている正義・自由は、日本のそれをはるかに上回っている。


 コロナも監視している。清廉な野党議員の徹底追及によって、必ずや安倍防護服もほころびを見せるだろう。解散は、野党攻勢で追い詰めてこそ、勝利するものである。


 安倍防護服内閣は、攻め手は政権交代の好機なのである。



<岸信夫防衛相起用が証明した満州人脈・三菱軍拡への執着>

 昨日早朝に書いたブログで、安倍の実弟が外相になるのかと早とちり、昼時に慌ててその部分をカットするという失敗をしてしまった。安倍家の三男坊は、後継者のいない岸信介家に養子となって、選挙区の地盤も手にしていた。そして晴れて軍拡の本陣である最高責任者・防衛相を実兄にもらった格好である。安倍は、妻との関係はよくないが、仲良し兄弟なのか。


 満州国傀儡政権でアヘンにも手を出した岸信介、長州の軍閥・山形有朋の面倒を見た、日本軍需産業の雄・三菱の岩崎弥太郎とのつながりは、安倍家にも及んでいる。まだ知ったばかりだが、劣等生の安倍が学んだ成蹊大学は、一部で「三菱大学」と呼ばれているらしい。安倍家の長男は三菱関連の会社で働いていた。三菱に支えられ、操られる岸・安倍家なのか。


 安倍の改憲軍拡論は、三菱と関係していたのだろう。軍拡で一番おいしい料理を食べるのは、決まって三菱だ。岸の防衛相就任には、このところ造船・飛行機で落下していることと関係が大ありだろう。


 安倍防護服内閣の誕生は、引き続き日本と隣国、アジアに怪しげな影響を与えていくことになる。正義・法治・憲法の鋭い槍で、1日も早いほころびを見つけ出すことではないだろうか。


 本日朝、週刊新潮に法務検察の問題記事が出た、と連絡が入った。林真琴が鷲になれるか?

2020年9月17日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)