黒川弘務・東京高検検事長の黙秘!<本澤二郎の「日本の風景」(3631)

<どう始末つける秋霜烈日の稲田検察>

 安倍・自公内閣の番犬代表ともいえる、東京高検検事長の黒川弘務500万円賄賂疑惑を暴いた、山岡俊介と「日本タイムズ」の川上道大の真相報道には、驚愕するばかりだが、中でも一番驚いている人物は、稲田検事総長ではないだろうか。

 裏付ける録音テープもある。これに黒川がどう出るのか。潔く自首することを、多くの国民は期待しているだろうが、目下のところ、黙秘しているようだ。国民の生殺与奪の権限を独占している正義の検察幹部が、裏では政治屋のような利権アサリをしていたとなると、これはもう日本に正義が存在しないことになる。稲田検察は、秋霜烈日の気概でもって処分して、国民を安心させる責任があろう。

 

<尊皇派・破憲の松下政経塾の松原仁も関係>

 山岡・川上の「日本タイムズ」では、ワルを黒川に紹介した人物を暴いているのだが、なんとこれもびっくりさせる悪党の登場で、都民や民主党関係者に衝撃を与えている。


 松原仁という名前について、記憶が少し残っている筆者でも、彼が警察庁を管轄する国家公安委員長に就任していたことは、全く忘れていて知らなかった。現在は、やくざとの関係が指摘されている武田良太であると記憶している。


 法務官僚と国家公安委員長の関係も興味をそそるが、松原は確か松下政経塾出身である。敗戦で、松下幸之助が追放されたことも知らなかったが、彼が政経塾を立ち上げた当初は、尊皇派の破憲勢力養成塾ということなど全く気付かなかった。

 当時の好意的な評価は、とうに逆転してしまっているため、松原登場について、今回はさもありなん、との印象が先に来る。


<国民の納得する処理が求められている>

 河井事件と関連する安倍疑惑の追及も、稲田検察の当面する課題であろうが、足元の疑惑の捜査を、多くの、特に善良な国民、主権者の期待である。


 国民が、なるほどだと納得するような対応を見せる義務があろう。いい加減な処分で、お茶を濁すと、非難は稲田検察に跳ね返ることになろう。国民の稲田検察の正義に期待する思いは、ますます強まってきている。



<「法の下の平等」を貫く責任がある>

 それはすなわち、憲法が約束する「法の下の平等」ということである。

 まずは、黒川の自首を薦めたい。潔い検事の見本を見せてもらいたいものである。迷宮入りは許されない、というのが、現在の人々の強い思いのはずである。

 男女平等・貴賤の区別なし、法の下の平等でもって、黒川疑惑を処理するべきである。稲田検察への、国民からの切なるお願いである。以下にネットに登場した「山岡俊介の取材メモ」の一部を添付する。

2020年3月21日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

https://

access-journal.jp/47521

「国家公安委員長を務めた者が、その後も警察や、起訴の有無や公判を担当する検察(法務省)にパイプを持ち、黒川氏と付き合いがあってもおかしくはない。まして、それが野党政治家とすれば、稀有なケース故に、野心家であれば、その後も自民党(与党)側とのパイプ役として暗躍できる。一方の法務官僚も野心家であれば、野党側とのパイプ役として重宝するはず。そして、黒川氏は安倍政権のイエスマンともいわれるほどの野心家ですから」。(武田良太・国家公安委員長秘書の話)


「これが黒川検事長500万円賄賂疑惑の証拠録音記録」
https://nippon-times.net/news/
2020
3月 特報 日本タイムズ