黒川・次期検事総長の趣味<本澤二郎の「日本の風景」(3586)

<カジノ・麻雀大好き、カジノ汚職は手を付けない!?>

 週刊誌が、真っ黒い検事総長候補の趣味を暴いたと、けさ連絡が入った。犯罪者のやくざの本業に博打がある。ハマコーやくざのラスベガス150万ドルカジノ賭博だけではない。


 嘘か真か目下のカジノ汚職を指揮している黒川・東京高検検事長が「カジノや麻雀のばくち打ちで有名である」という。

 案の定、それを裏付けるような、カジノ汚職は秋元ネズミ一匹捕獲でお終いなのだ。二階や官邸の周辺には、手を出さないというのだ。法と正義に反するため、これは黒川の証人喚問を求める声が議会で強まってきている。


<韓国までのこのことカジノ視察?>

 博打が好きでは、賭博罪にまじめに取り組むのは、土台無理というものだ。

 ご自分が賭博をしながら、やくざの博打の取り締まりはしない。出来ようはずがない。やくざ跋扈の日本となろう。つまりは、黒川は検事失格なのだ。そんな人物を、事実上、検事総長に祭り上げた法相の森雅子なる政治屋にも、ほとほと呆れるばかりである。


 「黒川は麻雀が高じてカジノにも手を出している」というのだ。お話にならない。しかも、韓国まで押しかけてのカジノ狂という。これ一つで、日本の法務検察の崩壊を裏付けていよう。


 関連して筆者は、こんな手合いの仲間によって、東京・品川の東芝病院・医療事故告訴事件(業務上重過失死)が、松本朗なる悪党検事によって、不起訴を強いられた。次男・正文が哀れでならない。その衝撃で、妻も重い病で亡くなった。東芝によって、二人の命を奪われたジャーナリストも悲劇だ。


 検事ごときに生殺与奪の権限を付与している日本の刑事司法は、ゴーンに指摘されるまでもなく、大改革が必要である。


 しかも、検事がばくち打ちでは、入れ墨やくざと同類、仲間であるから、法治の根幹が崩壊していることになる。TBS山口強姦魔救済事件当事者の伊藤詩織さんの無念を理解できる。そんな彼女をそしる一部の右翼人間は、悪魔に相違ない。


<検察・警察・政治屋の麻雀賭博犯は「木更津レイプ殺人事件」犯のやくざ浜名レベルか>

 刑法は、賭博の罪を規定している。博打は犯罪である。

 やくざは強姦魔というだけではない。賭博の罪人でもある。国民が恐れ、警戒する理由である。「木更津レイプ殺人事件」は、それが創価学会公明党という世界で起きたものだ。徹底追及する理由である。千葉県警と公安委員会がどう処理するのか、見ものである。


 同時に、公明党創価学会の組織としての倫理規範が問われている、深刻な殺人事件である。やくざ浜名も共犯者のヘルパー・吉田フミエも、大工・佐久間清にも、証拠が挙がっている明白な強姦殺人事件である。


 長谷川という創価学会理事長が、現地に入ったとの報告も受けている。どう処理するのか、これも注目を集めている。


 こうした入れ墨やくざレベルの検察と警察と政治屋のばくち打ちと、この際、あえて強く指摘すべきだろう。「検察も警察もばくち打ちが多い」と清和会OBも断言する。松本朗はどうだろうか。情報提供を待ちたい。


 検察・警察・政治屋の博打犯が、まともに犯罪を処理できるだろうか。不運な人間だけが引っかかるという捜査を、法の下の平等といえるだろうか。正義が消滅した法務検察警察に、国民は危機感を抱くべきなのだ。

 

<「安倍晋太郎・料亭麻雀には別室に彼女」は有名>

 清和会OBいわく。「安倍晋太郎は徹夜マージャン好きで知られていた。場所は料亭だ。別室に彼女を連れ込んでいて、病にむしばまれた」という話だが、これは永田町で有名である。

 麻雀とSEXの関係は、ほかにもあるのだろうか。さる閣僚に聞かされた時は、ベテランの政治記者も驚いてしまった。

 黒川はどうか。

 

<「NHKが国会審議の放送を止めた」と国民の怒り爆発>

 今朝の電話で「NHKが国会放送を中止した。NHKに金を払う必要はない」と声を荒げた。

 予算委員会は、第一級の国民の知る権利を保証するものである。公共放送の義務だ。官邸の指示に屈したものか。この国のルールの何もかもが壊れている。

2020年2月6日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)