安倍晋三の心臓が止まる!?<本澤二郎の「日本の風景」(3495)

<国粋主義者=独裁・利己主義・排外主義・法律違反>

 ベルリンの壁崩壊30年記念式典でドイツ大統領のシュタインマイヤーは「

利己主義を止めよ」と叫んで、トランプどころか安倍にも釘を刺した。首相のメルケルは、自由と民主主義の価値とそれを維持する対価の大きさを、日本人にも訴えていた。


 安倍晋三の独善・利己主義による暴政で、自由と民主主義が死期を迎えようとしている。そんな場面で、ついに馬脚を現した。政府主催の観桜会・桜を見る会を、自身の大掛かりな選挙事前運動に悪用していた。こすからいというか、内閣府の網で蓋した巧妙な手口で、公職選挙法に違反する悪政を、国民に隠して、公然と毎年強行していた。


 公金使用の主催者は、政府・内閣府である。850人もの安倍支持者を結集しての観桜会である。閣僚を首になった河井や菅原の違法行為顔負けである。


<河井・菅沼の公選法違反の比ではない。安倍はお陀仏!>

 新宿御苑で毎年繰り広げられてきた、政府主催の観桜会の記念写真が一枚、自宅に今も残っている。取材でのこのこ出かけたわけではない。

 安月給でいつも苦労させてきた妻に、御苑の桜で癒そうと思って出かけたもので、その時の写真には、リベラル政治家の河野洋平や藤波孝生の姿が映っている。


 新聞社にも、社長・編集局長・政治部長に、内閣府から招待状が届いていた。


 安倍時代になって、これを我が身のために、利用・悪用していたものである。政府主催を安倍主催に切り替えたのだ。地元の山口県で、安倍事務所が「募集」したもので、内閣府が公正・客観的な審査をして、招待状を出したものではない。権力乱用も度が過ぎていた。


 権力乱用、政府の私物化、恥のない品性下劣の心臓は、不気味でどす黒い。だれか弁護する人物がいるだろうか。極右・日本会議はどうだろうか?


 この世は、因果応報で動く。安倍はお陀仏になるしかないだろう。世の常・摂理なのだ。


<怒る国民と野党の審議ストップ、国民大集会で沈没>

 新聞テレビが死んでしまった現在では、政府の失政を多数国民が理解して街頭に飛び出すことは、なかなか期待できない。しかし、桜を見る会は日本人であれば、誰でもわかる。

 いまは、それ故に国民は怒り狂っている。委員会を開いても、安倍の嘘を突き崩すことはできない。どうするか、審議ストップである。徹底抗戦すれば安倍の心臓は止まる。


 国民運動も、である。全国でアベ退陣の大集会を開催すれば、国粋主義政権・日本会議政権は100%沈没する。学生や若者も動く、家庭の主婦も。10%消費税ゼロ運動も連動させればいい。


<公金を使っての選挙事前運動・買収事件は史上初めて>

 850人も地元支持者をかき集めて上京、前夜祭は都内の一流ホテルで大パーテー・宴会は、政治資金規正法にも関係する。収支を公開、届け出なければならない。バス17台で、御苑に乗りつけて、桜の木の下で、安倍と記念写真というのだから、もう声が出ない。


 「私は関与していない」という嘘を国会で公然と吐いた。責任転嫁など通用するわけがない。国会審議など出来ない。うそつきの内閣が提出した法案を審議など出来るわけがないだろう。


 天の声が議会内に鳴り響いている。議会人の資質が問うてもいる。政府与党からの野党の毒饅頭組は、腹の中から牛になって吐き出すしかない。


 「自民党国対の森山は、中馬元代議士の秘書をした農協職員。いま森山に期待を寄せるシンゾウに、今回ばかりは野党が転ぶことができない」と永田町の雀も興奮して怒り狂っている。


 公金を使っての大掛かりな選挙買収事件、それも一国の首相が暴走していた。それがようやく曇り空から日の目を見せてくれた。桜花爛漫も瞬時に散る。今は秋、その時が訪れたのだ。桜は縁起がいい?

20191114日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

知り合いの送信画像添付

★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK267 > 436.html 
  ★阿修羅♪
 
歌舞伎町のキャバ嬢が安倍の「桜を見る会」に招待されていた! 
http://www.asyura2.com/19/senkyo267/msg/436.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 11 月 18 日 00:11:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


※画像は愛沢えみりのインスタグラムアカウント『@emiri_aizawa』より


歌舞伎町のキャバ嬢が安倍の「桜を見る会」に招待されていた!
https://85280384.at.webry.info/201911/article_145.html

2019年11月17日 半歩前へ

 東京の新宿・歌舞伎町で一番愛された伝説のキャバ嬢が、安倍晋三主催の「桜を見る会」に招待されていた。

 一体、どんな「功労」があったのか? もしかして、どんな男でも虜にする寝技の妙手だったのか?

 しかも、あの官房長官の菅義偉が伝説のキャバ嬢と「仲良しの2ショット」と知って、腰を抜かすほど驚いた。

 あのお歳でお盛んなものだ。

****************************

菅義偉官房長官&“歌舞伎町で一番愛された伝説のキャバ嬢”「異色すぎる2ショット」に騒然、と題して日刊大衆が次のように伝えた。

 4月15日、先日キャバ嬢を引退したばかりのモデルの愛沢えみり(30)が、自身のインスタグラムを更新。菅義偉官房長官(70)との2ショットを公開した。

 この日のインスタで、愛沢は「平成でキャバ嬢は引退、新しい元号は令和」「今一番お会いしたかった菅官房長官にお会いできました」とコメント。安倍晋三首相(64)が主催した4月13日の「桜を見る会」に招かれ、菅官房長官に会えたことを報告した。

 さらに愛沢は、そのとき撮影した菅官房長官との2ショット画像も投稿。艶やかな着物を着て笑顔の愛沢の隣に、菅官房長官がいるという異色の1枚だった。

写真など詳しくはここをクリック
https://taishu.jp/articles/-/64788?page=1