天皇の戦争<本澤二郎の「日本の風景」(3413)

<「日本最大の暴君」に反響あり>

  人間は右も左もない。当たり前の普通の人間が一番だ。そうすると、真実が見えてくる。世の中が見えてくるものである。300万人もの日本人を殺してしまった為政者は、日本の政治史上、最大の暴君である。当たり前の常識だ。その普通国民の常識を声に出さない学者と文化人・言論人に代わって紹介したところ、反響は大きかった。本来は新聞テレビが率先して報道すべき事項で、それによって世界に冠たる日本国憲法は生きるのだが。

 

<当たり前のことで、弱すぎる右翼人士の反論>

 普通の国民が当たり前に、思っていることを声に出したり、活字にする社会が、表現の自由を保障した民主主義の国である。

 敗戦から74年も経った日本である。日本も本格的な民主の国にならなければならないだろう。先人の苦労を無駄にしてはならない。

 ひとつ興味がある。最近知った長周新聞のことである。昭和天皇は日本最大の暴君という事実を、かの進歩的な新聞がどう認識、活字にしたのであろうか。是非とも確認したいものである。昨夜、この新聞のことを日刊ゲンダイ記者に紹介してみたばかりである。


 掲示板「阿修羅」に掲載された記事に沢山の反響をいただいた。反論・反発の、いわゆる右翼人士のモノはなかった。普通の国民をうなずかせるものはなかった。数千万人の諸外国の人々の命と、300万人の日本人の命を奪った戦争など、日本の過去になかった。それを先頭に立って断行した人物は、本来、国民統合の象徴になってはならなかったのだ。たとえ数々の情報操作をしたうえでも。

 歴史を直視した三笠宮には、その資格があったかもしれない。


<すごい記事を見つけた、アクセスを>

 「日本最大の暴君」の当初の中に、昭和天皇の実像に迫る記事を見つけたので、これを参考までに貼り付けることにした。一見の価値がある。教科書で決して見ることがない天皇の負の数々に驚きふためいてしまう。

 ライターは偽名を使っているはずである。あまりにも、それは日本の知られざる天上界の話題ばかりだからである。この種の記事を、過去に見たことがない凡人ジャーナリストだった証明ともなってしまった。

 このことについての長周新聞の分析なども注目したい。


<作られた幻想に騙されるな、純粋人間が一番>

 歴史は常に勝者の側がまとめた文書でまとめられている。洋の東西を問わない。どこの国もそうだから、それに対する追及とか検証をおろそかにしてしまい、結果的に歴史の真実は闇に葬られてきたが、21世紀はそれまでとは異なるはずだ。

 それは、ある程度の科学と合理主義の衣をまとっているわけだから、負の事実は内外の研究者によって記録され、必ず公開される。昭和天皇の素顔を明らかにする努力が、今後とも不可欠であろう。

 純粋になって視野を広げていけば、凡人でも騙されることはない。

http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/321.html


<続・戦争未亡人の声も忘れずに>

http://jlj0011.livedoor.blog/archives/20518347.html

 先日書いた「戦争未亡人の声」は、予想以上に好ましい反響をいただいた。「続・戦争未亡人の声」をなぜか掲示板に転載されなかったが、これはとても大事なことについて書いてあるので、読者と関係筋に目を通してもらいたい。


 伊藤詩織さんは、幸運にも命は助かっているが、戦争未亡人の娘はやくざに殺害されてしまった。背景に宗教団体の存在があることから、捜査当局がひるんでいる可能性も指摘されている。法の支配・法の下の平等は貫徹されなければならない。

 「木更津レイプ殺人事件」は、戦後の第一級のレイプ殺人として性犯罪史に記録されるものであって、犯人の処罰だけで終わりになる事件ではない。「れいわ新選組」の野原善正の出番になるかもしれない。

2019年8月23日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)