岸田も軍靴大好き<本澤二郎の「日本の風景」(4230)

<清和会・原発派「死の商人」に魅入られたリベラル宏池会の危機>

 花も嵐も踏み越えて―。東条英機内閣の商工大臣・A級戦犯容疑で逮捕された、戦争責任者の岸信介(保守傍流)に対抗した、吉田茂の後継者・保守本流の池田勇人が好んで歌っていた流行歌の一節を記憶している日本人は、いまほとんどいない。


 現宏池会会長の岸田文雄も、安倍晋三に飼い猫のように身も心も捧げて、悪戦苦闘の末ようやく勝ち取った政権に、リベラル政治の実現に安堵した人々は少なくなかった。だが、いざ蓋を開けてみると、極右・清和会の国家主義の内外政を踏襲する政策が際立っている。

 したがって、予算委員会を開催して堂々と野党と論戦するどころか、安倍や菅の国会戦略に似て、逃げて、解散に突入しようとしている。民の声を本気で聞く姿勢は少ない。やろうとしていることは、人事一つ見てもリベラル派の人物などいない。安倍や菅の内閣と同じなのだ。


 心配・不安材料は、政務首相秘書官に原子力ムラの経産省事務次官、自民党幹事長も知る人ぞ知る原発派、同党政策担当の政調会長は、安倍そっくりの超右翼の神道・日本会議の人物起用だ。極右・清和会内閣そのものである。


 宏池会首相の改憲論には、反吐が出る。悔悛する気はないのか。中国の習近平との電話会談が人民日報日本語版に出ていたが、これは本当のことなのか?にわかには信じられない。大平正芳や宮澤喜一の護憲リベラルを放棄して、日本をどこに引きずり込むのか。不安でたまらない。


<プリンス?林芳正は岸信介の60年安保を評価する大バカ者>

 不安と懸念は尽きない。そんな時に岸田の後継者と見られていた林芳正が、何と雑誌インタビューで保守傍流の元祖・岸信介の負の遺産である、60年安保を評価する言動を吐いているではないか。

 総選挙では、二階派の河村建夫を蹴落とす勢いのようだが、彼の父親は穏健派で日中友好派で知られた義郎である。日中友好議連会長も歴任、1972年の日中不戦の国交正常化を当然視していた人物だった。


 岸田の実父・文武は、これまた穏健派で人当たりがよく、いつもにこにこしていた。信州の小川家・広島の宮澤・岸田家の閨閥が、文雄を宏池会の会長に押し上げた背景である。本来であれば、自民党の名門・宏池会の正統な後継者として、国民が求める護憲リベラルの政治を、天高く掲げる使命が課されている。原子力ムラに支配される体制では、気候変動期の日本を危うくさせるだけである。第二、第三のフクシマに怯える日本に変化はない。


<勘違いしている宏池会の参謀たち>

 岸田は、いま国会の意思によって、日本国の最高権力者の地位にある。このことを理解していない。少なくとも、宏池会や官邸の参謀連は、分かっていない。犯罪前首相の言い分に、耳を傾けることは許されない。

 主権者である日本国民に耳を傾けて、行政権を行使する立場にある。


 いまの参謀連は、安倍の配下か、それに連なる輩ではないのか。かりそめにも、安倍を引きずりまわした、経産官僚の今井やNHK記者の岩田のような、悪党の配下と縁切りする必要がある。

 繰り返す。今の岸田は日本国首相である。原子力ムラの言い分に耳を傾けるべきではない。いわんや犯罪前首相に忖度することは、日本国民に対する背信的行為である。


<国民は野党に期待するほか希望なし=日本国憲法守れない!>

 岸田は、哀れ!いまだに自民党総裁選の過去に足を突っ込んでいる。自立していない。それが清和会・死の商人に、政策のすべてを委ねている証拠である。そこには、日本の未来はない。


 主権者は、心を新たに2021年10月31日の総選挙において、野党に希望の一票を行使するほか、選択の余地はなくなった。戦争放棄を謳う、世界の最高峰の基本法を死守することは出来ない。


 自公維打倒の選択肢が、残された唯一の道である。311で逃げ回った枝野は、悔悛して大人になったのであろうか。

2021年10月10日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)

岸田内閣に安倍元首相が送り込んだ「原発推進」の懐刀
https://friday.kodansha.co.jp/article/209536
2021
1008日 FRIDAYデジタル

繰り返しワクチン安全か<本澤二郎の「日本の風景」(4229) : jlj0011blog (livedoor.blog)

人民網日本語版 2021100818:10

習近平国家主席は108日、日本の岸田文雄首相と電話会談を行った。

習主席は、「中日は隣国であり、『仁に親しみ鄰に善くするは、国の宝なり』と言われる。中日間の友好協力関係を守り、発展させることは、両国と両国国民の根本的利益に合致し、アジアのみならず世界の平和と安定、繁栄にも資する。現在、中日関係にはチャンスと試練が併存している。中国は日本の新政権が両国のハイレベル交流の維持を重視していることを称賛し、日本側と対話・協力を強化し、歴史を鑑とし、未来に向かう精神に基づいて、新時代の要請に見合った中日関係の構築を後押しすることを望んでいる。来年は中日国交正常化50周年にあたる。双方が初心に立ち返り、向き合って進み、この重要な歴史の節目を共に迎え、両国関係の新たな発展の未来を切り開くことを希望する」と強調。

習主席は、「中日は両国関係の正と負の両面の経験を真剣に汲み取り、中日の四つの政治文書が確立した各原則を遵守し、『互いに協力パートナーとなり、互いに脅威とならない』という政治的コンセンサスを適切に実行し、歴史や台湾地区関連など重大で敏感な問題を適切に処理し、溝をしっかりと管理・コントロールし、正しい方向性をしっかりと把握し、両国関係の政治的基盤と大局をしっかりと守る必要がある。双方は国政運営に関する交流や経済政策の協調を強化し、公平で開放的な貿易・投資環境を共に守り、より高いレベルの優位性相互補完と互恵・ウィンウィンの関係を実現し、両国の国民をより幸福にしなければならない。双方は真の意味での多国間主義を実行し、それぞれが根本的利益と人類の共通利益に基づいて、『和して同ぜず、心を合わせて協力する』という東アジアの知恵を発揚し、地域協力を積極的に促進し、協調して世界的な試練に対応し、世界の平和と安定、発展を守らなければならない」と指摘。さらに「日本の東京五輪成功に祝意を表し、日本が来年2月の北京冬季五輪に積極的に参加することを歓迎する」と述べた。

岸田首相は中国の国慶節に祝意を表したうえで、「現在の国際情勢や地域情勢の下で、日中関係は新時代に入ろうとしている。日本は中国側と共に、日中関係の歴史から重要な示唆を汲み取り、来年の日中国交正常化50周年を契機として、新時代の要請に見合う建設的で安定した日中関係の構築に向けて共に努力することを望んでいる。双方は対話を通じて溝を管理・コントロールしなければならない。日本は中国と共に引き続き経済協力と民間交流を強化し、新型コロナウイルス感染症対策や気候変動など重要な国際・地域問題をめぐって緊密な意思疎通と協力を行うことを望んでいる。日本は北京冬季五輪が順調に開催されることを願っている」と述べた。双方は、今回の対話が非常に時宜にかなっており、非常に重要だとの認識で一致し、今後もさまざまな形で相互の意思疎通を保ち、両国関係が正しい方向へと発展するよう導くことで同意した。(編集AK

「人民網日本語版」2021108日 

核武装化に引きずり込まれる岸田文雄!

(時事)岸田文雄首相(党総裁)が訴える「新しい資本主義」や「デジタル田園都市国家構想」などを明記。敵基地攻撃能力を念頭に、ミサイル阻止能力の保有も盛り込。12日にも正式に発表する。  公約は、国防上の脅威が深刻化しているとの認識を踏まえ、「相手領域内で弾道ミサイルなどを阻止する能力の保有を含めて、抑止力を向上させるための新たな取り組みを進める」と打ち出した。  国家安全保障戦略や防衛計画の大綱、中期防衛力整備計画を改定する方針も示した。防衛費については目安としてきた国内総生産(GDP)比1%枠内にこだわらず、「2%以上

MBC南日本放送

西之表市・馬毛島へのアメリカ軍の訓練移転に反対する市民団体が鹿児島市で集会を開き、「訓練移転は穏やかな生活を脅かす」と移転を強く反対しました。 国は、馬毛島に自衛隊基地を整備した上で、アメリカ軍の訓練を移転させる方針です。 9日の反対集会は、市民団体「憲法壊すな・戦争法廃止!かごしまの会」が開催したもので、およそ200人が参加しました。 また、地元・西之表市からも計画に反対する市民団体の7人が駆け付け、国会で議論がされないまま海上ボーリング調査などが進められたなどとして、穏やかな生活を脅かす基地整備や訓練移転の反対を訴えました。 (馬毛島への米軍施設に反対する市民・団体連絡会 前園美子副会長)「馬毛島に基地ができれば、爆音が轟く島になる。穏やかに人が暮らすこの島が壊されていく、そんなことまっぴらごめんです」


繰り返しワクチン安全か<本澤二郎の「日本の風景」(4229)

<武漢ウイルス=アメリカで人工的に作られた生物兵器疑惑波紋!>

 オウム真理教の黒幕を暴いた「島津レポート」に覚醒させられた凡人ジャーナリストは、そこから見えた闇の人物が、石原一族だけでなく、安倍一族や笹川右翼も関与していたらしいことが分かってきた。彼らに手を貸した法務大臣・上川陽子も怪しい。昨日は、山本太郎が石原慎太郎の倅に挑戦状を叩きつけた背景が面白い。続いて「島津レポート」第二弾は、武漢ウイルスの正体を暴いた。これまたすごい中身だ。原子力ムラの電磁波攻撃で無念の生涯を終えた大沼安史が、同レポートを翻訳していたことに納得した。米国ウイスコンシン大学獣医学部研究室で、人工的に作られた生物兵器のその後の展開に波紋が広がっている。


 世にも恐ろしい武漢ウイルスは、米国で生物学者によって作られたものだろう。それを裏付けるように、米ホワイトハウスは「武漢ウイルスの犯人を特定する」という威勢のよい中国叩きは、すっかり影をひそめてしまった。世界の生物学者は、数年前からウイスコンシン大学研究に重大な関心と警戒を向けていることも分かった。そこで誕生した悪魔のウイルス兵器が、2019年秋の武漢で行われた各国軍人親善スポーツ大会で使われた?


 「島津レポート」第二弾の衝撃も大きすぎる。しかも、これの開発者が日本人生物学者の第一人者だったことに、さらなる驚きが走った。それかあらぬか日本の新聞テレビが、問題の学者を大宣伝して、防護していることも見えてきた。


<憶測を呼んでいる日本人生物学者KYが加計学園獣医学部に在籍>

 オウム真理教の黒幕に極右の政治屋と財団のボスが関与していたという重大事件発覚を恐れてか、オウム死刑関係者の一斉処刑は、指摘されたように証拠隠滅を狙ったものだった!頷けるではないのか。単なる憶測でやり過ごせるだろうか。カルト教団を利用した岸信介の例もある。それが今も継承されてきたと考えるのが、自然であろう。

 オウムの真相はまだ不透明過ぎる。


 そして現在の武漢ウイルスは、自然界からのものではなかった。人工的につくられた生物兵器で、人びとは中国の研究施設から漏れたものと信じさせられてきたが、実際はアメリカ製だった!


 目下、ウイスコンシン大学の研究室に籍を置いた良心的な生物学者が「ワクチンを打つな」と警鐘を鳴らす本を出版している。「有害なワクチン製造で、ワクチン業者に莫大な利益を上げさせているWHOと各国政府に釘を刺している」のである。


 副反応は世界のいたるところで起きている。治験不十分のワクチン接種に人類は、今も翻弄されている。ワクチン企業は、既に数百年かそれ以上の暴利を手にしているであろう。


 最近になってイベルメクチンをまねたと噂されている経口治療薬が、米製薬大手から発売されるようだ。ワクチン関連企業が、世界の金を独り占めしている。これの黒幕は超金融財閥という。

 金儲けと人口削減の大陰謀という見方が、拡大して当然であろう。


  問題の日本人生物学者は、北海道大学獣医学部を卒業、731部隊の本拠地があった場所にある東京大学医科学研究所に籍を置くKY。市民運動家が調べてくれた以下のURLによると、2014年の時点で、人倫に反するウイルス作製に非難轟々であることも判明した。臭いのだ。


 他方、安倍・自公内閣は規制緩和という旗を掲げて特区路線を突っ走って、岸の倅という加計孝太郎のために、愛媛県今治市に獣医学部を強行認可、数百億の利権を、国権を悪用して身内にプレゼントしていた。


 そして一昨日、市民活動家の調査で、加計の獣医学部にKYが在籍していることが確認できた。安倍とKYと加計の新たな疑惑浮上である。


(以下資料)

【日本人科学者に世界中から非難殺到! 強毒型インフルエンザウイルス作製「この研究は狂ってる」】2014.07.04 09:00  (トカナ)

https://tocana.jp/2014/07/post_4398_entry.html

https://www.natureasia.com/ja-jp/nmicrobiol/interview/6
K
Y: 実験は非常に安全でセキュリティーの高い環境で行いました。遺伝子操作したウイルスが外に漏れ出ない「バイオセーフティー」の最高水準であるBSL4に近いBSL3施設で行っていましたが、テロリストなどの手に渡らないよう「バイオセキュリティー」の面でも適切に対応していました。カメラ監視のほか訪問者の制限、研究者のFBIによる履歴調査など当局の監視下にあったのです。

しかし、米国国立衛生研究所(NIH)の諮問機関であるNSABBは、我々とオランダの研究チームの2つの論文は「生物テロに悪用される可能性ある」とNIHに答申。NIHは、Nature Science への掲載を一部見合わせるよう求めてきました。具体的には、伝播力を高めるウイルスの作製法とアミノ酸変位の記述部分です。これに対し、日米欧の科学者39人が60日間(実際には1年間)、ウイルスの研究を停止するとの声明を出しました。 

<加計学園でも生物兵器開発疑惑を「島津レポート」が示唆>

 危機を煽り続けてきた安倍晋三の軍事重視の憲法破壊路線に対して、新聞テレビの宣伝に反して、国民は警戒と監視を強めてきた。安倍の原発再稼働は、核武装へのあくなき野望の証であろう。平和憲法をないがしろにする岸・安倍の軍国主義路線が、731部隊の生物兵器に関心を抱くのも当然であろう。


 獣医学部と生物兵器について、多数国民の理解を超えたものだったのだが、とりわけ凡人ジャーナリストの科学認識は低すぎるため、最近まで関心外だった。しかし、今回の二つの「島津レポート」には脱帽である。


 彼らは、ワシントンの中枢にも情報源があるだろう。「ワシントンの家畜」を演じてきた安倍内閣を、ワシントンから監視してきたのだ。推測だが、安倍の突然の辞任劇の裏には、ワシントンから「もうこれ以上の蛮行は許されない」との警告があったのではないか。


 元ジャパン・タイムズ記者の島津洋一を中心とする取材チームの実力は、圧倒して権力に屈する日本の新聞テレビの追随を許さない。

 米製薬大手メルクがイベルメクチンをまねた経口治療薬発売の、新たな儲け話も頷けよう。問題のワクチンは、3回実施に移行、しかも子供にも打つのだという。これは危険すぎる。


<トルコでは奇形児誕生をテレビが放送>

 ネットでは、トルコのテレビが奇形児を報道した。

http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/486.html


 このような事態を放置していいのか。日本政府は危険すぎるワクチンをまた大量に買い込んだという。これまでどれくらいのカネを支払ったのか。国民に知らせていない。闇だらけである。


 莫大なリベートの行方が気になるではないか。一錠100円のイベルメクチンで十分ではないか。

2021年10月9日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)

大橋真博士が首相に激白!
https://takenouchimari.blogspot.com/2021/10/mrna.html

河岡義裕ですか?

コロナ以前にも悪い噂を聞きました。(投書)

https://twitter.com/Tamama0306

宏池会伝統をドブに捨てた岸田文雄<本澤二郎の「日本の風景」(4228)

<「改憲公約なら支持する」のナベツネ脅しを撥ねつけた宮澤喜一>

まるでゲーム感覚で、言いたい放題の、狂乱の自民党総裁選が終わって、政局は岸田新政権のもとで総選挙モードに突入した。改めて安倍内閣以降の、自民党極右政治の定着に仰天、以前のような関心を喪失してしまった。


 1か月ほど前、元自民党議員秘書が驚いて電話してきた。「親父の孫は当選3回。そいつのプロフィールに核武装日本を公約していた。腰が抜けるほど驚いた。戦争も歴史も何もわからない若造を、教育する者が安倍の周辺にいるとしか考えられない」と。安倍と菅のもとで、台湾有事に介入する右翼の動きとも連動している可能性が高い。


 宏池会の政治は、何度も繰り返してきたが、それは一言でいうと、護憲リベラルである。その証として、大平正芳の日中国交正常化が存在した。盟友・田中角栄を説得して、1972年9月に実現した。戦後史の金星であろう。


 鈴木善幸内閣の後継者となった宮澤喜一が、中曽根後を狙って、中原に鹿を追う場面で発した言葉が「核の時代で9条憲法は、ますます光り輝いてきた」と叫んだ。この時、筆者のそばに、池田勇人の娘婿の行彦がいた。彼は「宮さん、なかなかいいことを言うなあ」と感激、ふと耳元でささやいた。池田行彦や加藤紘一は岸信介の60年安保反対の国会デモに参加していた。


 保守本流の宏池会リーダーの、適切な発言に脱帽するほかなかった。この場面を岸田文雄に見せたかった。宮澤の政権獲得レースの背後で、中曽根の盟友・ナベツネが「改憲論を主張すれば、読売日テレは宮澤を応援する」との誘惑ボールが宏池会に投げられていた、とのちに聞いた。


 改憲新聞の手口に驚いたものだが、宮澤は動じなかった。自民党の総裁に就任したその日の単独インタビューの筆者に、彼は「宏池会はリベラル派です」と率直にコメントした。拙著「総理大臣・宮澤喜一」(ぴいぷる社)に記録してある。


 宮澤は色紙に「大樹深根」と書いてくれた。ナベツネの要求を蹴飛ばした宮澤、花も嵐も踏み越えて勝ち取った宏池会の伝統を堅持して、右翼新聞の誘惑に乗らなかった。左翼から極右に転向したナベツネとは、格が全然違った。


 今回の自民党総裁選で、宮澤の親類でもある宏池会の岸田文雄は、信念と名誉ある伝統を放り投げて、政権を手にした。到底評価に値しない。宏池会ファンの衝撃は、安倍1・5億円の追及を、岸田に直訴した広島県連の執念に拍手した。


<宏池会本来のリベラルで過半数維持も可能なのに!>

 改憲もやるわ、敵基地攻撃もやるわと、事実上の核武装論まで披歴したようにして勝ち取った自民党総裁と首相の座に対して、右翼は歓迎しているが、憲法・歴史・平和を重視する多数国民は、冷ややかだ。


 内閣支持率にはお祝儀相場がつきものだが、岸田内閣にはそれがなかった。変節・岸田に対して「安倍傀儡」の言葉が遠慮なく使われている。


 1・5億円事件についても、立場が変わると、安倍擁護の姿勢もチラつかせる。信念のない優柔不断さが気になる。早くもご意見番の古賀誠が懸念を口にした。彼は、父親を戦争で奪われた体験者である。


 「安倍・麻生のことを聞く耳では駄目だ」とたしなめたようだ。極右の安倍・菅から、リベラルへの振り子の期待は沈んでしまっている。


<国民は安倍の戦争体制政治に恐怖感を覚えたのだが>

 素晴らしい日本国憲法を敵視する右翼勢力が、清和会政権の下で急浮上した。そのため隣国を敵視することで、脅威論をまき散らして、改憲軍拡の流れを助長してきた。


 その過程で、言論の自由を封殺する特定秘密保護法を制定した。米国の戦争に加担する戦争法制も、ついで国民の戦争反対を封じ込める共謀罪も、といわゆる戦争三法を、公明党創価学会を巻き込んで強行した安倍内閣に対して、野党でさえも抵抗力を喪失させている。


 危ない日本は、宏池会の好ましい伝統をドブに捨てた岸田のもとでも、進行するのであろうか。

 昨夜は千葉県で大地震が起きた。その前には北と南でも発生している。原子力発電所は地震に耐えることが出来ない。311の東電フクシマ原発崩壊は、次々と起きるかもしれない。戦争になれば、原発をミサイルで攻撃されると、日本列島は海の藻屑となろう。


 風見鶏は、護憲リベラルが台頭する時を告げているのだが。

2021年10月8日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)


https://news.yahoo.co.jp/articles/f36392845cf130d7e1df94f162697929f1985918

古賀誠が岸田文雄を叱る!

TBS岸田総理が率いる自民党の派閥「宏池会」の前のオーナーだった古賀自民党幹事長がJNNのインタビューに応じました。岸田氏の総理就任を喜ぶ一方で、安倍元総理・麻生副総裁を念頭に、「いつまでも言い分を聞いていかなきゃいけないなら、本末転倒」などとクギを刺しました。


岸田内閣にはネトウヨ極右閣僚もいっぱい!「少女時代」をデマ攻撃した金子総務相、末松文科相、古川法相、女性閣僚の堀内大臣も
https://lite-ra.com/2021/10/post-6040.html
2021.10.05
 岸田内閣に少女時代をデマ攻撃した金子総務相はじめネトウヨ極右閣僚が リテラ

追い詰められる安倍晋三!

(共同)「桜を見る会」前日の夕食会費補填問題で、ホテル側の宴会代金の値引きは寄付に当たるなどとして政治資金規正法違反容疑で告発され、不起訴となった安倍晋三元首相らについて、東京第5検察審査会6日までに、配川博之元公設第1秘書(62)ら2人の不起訴の一部を不当と議決した。安倍氏は「不起訴相当」とした。915日付

(読売) 安倍氏を巡っては、東京第1検察審査会が7月30日、公職選挙法違反容疑などで告発された事件の一部について「不起訴不当」と議決したと発表し、特捜部が改めて捜査している。

原発派右翼の連合に警戒!

(共同)連合芳野友子会長は7日の記者会見で、立憲民主党衆院選で政権交代を実現した場合に共産党が「限定的な閣外からの協力」をするとの両党合意に異論を唱えた。「閣外協力もあり得ない」と述べた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/762fbe24800fea655977b0f4d29d9dfcae72272b

↑このページのトップヘ