安倍国葬に追い打ち<本澤二郎の「日本の風景」(4567)

森友・加計の安倍事件の法廷闘争が本格化=国賊の国葬NOに弾み

 昨日は猫の額の畑地を鍬で深掘りし、そこに大根の種を少しまいた。休眠していた筋力が目覚めた。老いてますます盛んだが、今朝ほどは寝坊してしまった。ただうれしいことに、政府系の時事通信世論調査でさえも、内閣支持率が危険ラインに突入。日本国民の覚醒は穏やかすぎるが、確実に弾みがついてきた。安倍国葬と岸・笹川・文鮮明の統一教会による日本乗っ取り計画が、半世紀を経て、公然と姿を見せたことへの、主権者の怒りの反撃だ!愕然とする主権者が、左右を問わず与野党を問わず認識した、そのせいであろう。

これは戦後史に特筆される事態だと、本日も後世に書き残しておきたい。


 幸いなことに、この時を待ち構えていたかのように、安倍・石原・森のフクシマ隠しを目的とした五輪疑惑捜査が動き始めた。森に続いて菅への捜査が具体化するのかどうか。安倍晋三の森友・国有地払い下げ事件発覚に引きずり込まれて自殺した赤木俊夫さんの妻・雅子さんも、断固として刑事告発に踏み切ったことに敬意を表したい。


 そこで忘れかけていた安倍事件そのものの、加計孝太郎事件が今月26日に松山地裁で午後3時から開廷する。安倍の罠にはまった愛媛県今治市民の怒りが、法廷に響くことになる。同市の財政を破綻させた加計学園への高額な補助金強奪事件が、改めて明らかにされていく。関与した安倍側近官僚たちも法廷に呼びだされるだろう。その都度、安倍売国奴グループが、県民・市民どころか全国民の怒りを買うことになる。 


岸・安倍らの核兵器開発疑惑のもんじゅ西村謀殺事件高裁判決が21日

 安倍官房副長官時代から20年、特別な関係を持ったNHK御用記者が、あろうことか田中角栄叩きで実績のある「文藝春秋」誌面で、安倍礼賛記事を載せ始めたようだが、同じくちょうどその間、夫を旧動燃・科技庁などの陰謀に巻き込まれ、謀殺された妻の西村トシ子さんの怒りの20年を総括する高裁判決が、9月21日に出る。「夫の遺品を返せ」「なぜ返さないのか」という、哀れ過ぎる民事訴訟に対して、無念すぎるヒラメ判決に屈せず老いの人生を生きるトシ子さんに高裁判事が、どのような判決を下すのか?


 これまた歴史的な判決となろう。赤木雅子さん同様に殺人事件として刑事告訴も想定されるだろう。この事件の真相は、岸・福田・安倍の清和会による核兵器開発と事情通は見ている。その疑惑も浮上しつつある。「原子力ムラの闇」そのものといえるだろう。内外の専門家や国連機関も注目している。

 先の311フクシマ東電原発4号機の謎とも関連している。日系アメリカ人ジャーナリストの島津洋一レポートによると、安倍はA級戦犯だと断罪している。

  ともあれ同じ女性でも、安倍に食らいついた御用記者と、夫を憲法が禁じる核兵器開発の狭間で命を奪われた可能性が強いトシ子さんの20年の怒りの叫びを高裁がどう裁くのか。国民は固唾をのんで今月21日午後1時から開廷する高裁判決を見守ることになる。

 検察は覚醒しつつあるが、最高裁監視の高裁判事はどうなるのか。


 我が家の黄色い美しいヘチマの花に、一匹のミツバチが毎日働いている。時には崇高でさえある。農薬で殺されても、生き残るミツバチと今の雅子さんやトシ子さんの怒りの戦いとがダブってしまう。老いる凡人ジャーナリストも「負けるな一茶これにあり」と大地から叫び続けていく。日本人の正義と勇気が、安倍国葬反対と統一教会を退治する原動力である。

2022年9月17日記(政治評論家)


赤木雅子さん 佐川元局長ら3人を刑事告発 森友公文書改ざん 「文書確認できず」と虚偽記載

関西テレビ325公文書の改ざんを苦に近畿財務局の職員赤木俊夫さんが自殺した問題で、妻の雅子さんが財務省の佐川元理財局長などを東京地検特捜部に刑事告発しました。

お待たせ!加計孝太郎事件裁判が始まる!(以下市民の送信メール添付)

9月26日(月) 午後3時30分開廷

松山地方裁判所31号法廷(本館3F)

午後3時〜3時10分裁判所入口で傍聴受付。

----------------------

●そもそもの間違い

 今治市の1980年代半ばの「新都市開発計画」は、その後縮小する経済や人口の予兆を見逃し、将来推計を大きく誤った。この計画の誤りの延長線に「高等教育機関の誘致」(加計学園獣医学部新設)があった。「新都市計画」は失敗し、その空き地は塩漬けとなり行き場に困っていた。それは結局、「加計学園」を呼び寄せてしまう。筋の悪い行政施策は、どこまでいっても難題を抱えてしまう。

 ●加計学園への巨額の補助金の行方

 加計学園に対する「補助金」は、合計約93億円と土地(約36億円)の無償譲渡。これらは市税などの貴重な財源で賄われる。これが「経済波及効果」となり、今治市の財源として潤うならばいいのだが、税収の試算はわずか1年で3千万円。補助金の93億円の元を取るのには310年の歳月が必要だ。結局、市民の財布から出た血税(補助金)は戻らず、施設費用(148億円余)は加計学園グループ(理事長の妻が頭取役の岡山の企業など。建築費水増し疑惑と入札の詳細も不明。)に流れ、地元経済への波及効果さえも“絵に描いた餅”である。

 ●加計学園獣医学部は地域貢献しているか

 では、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、また、昨年の暮れから今年にかけて発生した、愛媛県西条市と今治市の鳥インフルエンザに関して、“世界に冠たる”獣医学部は、地域や日本社会に「貢献」してくれているのだろうか。愛媛新聞含めマスコミ報道を見ても、加計学園獣医学部の動きは全く見えてこない。新型肺炎を研究・調査するよう政府から指示を受けた国内の9つの大学にも岡山理科大は入っていない。獣医学部新設につぎ込まれた税金は国からの助成金も入れて約186億円、「モリカケ」疑惑といい、「桜を見る会」といい、いったい血税を何だと思っているのか。加計獣医学部の誘致は、「経済波及効果があり、地域貢献を担っている」という、今治市の主張に対して、データーを駆使して反論。

 ●合併振興基金を取り崩し、加計学園への補助金としたのは違法

 柳瀬首相秘書官から「(安倍晋三)首相案」といわれても金がない。市ぐるみで合併振興基金に手を出した。「補助金についても、これまで積み立ててきた基金を充てて対応するため将来の財政に大きな影響を与えるものではない。」と被告(今治市)は主張(第10準備書面9頁)。合併振興金はその目的である旧市町村単位の地域振興など市民の連帯の強化にために使うものであり、加計学園の補助金に使ってはいけない。加計裁判今治原告団

旧動燃もんじゅ西村謀殺事件にヒラメ判事判決はいらない!

件名: もんじゅ西村裁判-Ⅲ 高裁判決 傍聴のお願い.2022.9.21(水)13:15~ 場所:東京高裁 817号 法廷

 支援者の皆様へ 支援する会 沓澤

いつもご支援頂きありがとうございます.忌避を申し立てた後、9月7日の期日はとばしましたが、忌避を認めず、再度判決の言い渡し日を高裁は連絡してきました。

 9月21日(水)13:15〜 高裁 817号法廷(8F)です。

怒りを込めて傍聴支援し、真相究明までたたかいましょう。よろしくお願い致します

被 告:① 日本原子力研究開発機構(旧動燃)

    ②大畑宏之元理事(遺体第一発見者、通報者死亡)の遺族

原 告:西村トシ子

アクセス:東京メトロ「霞が関」A1出口1分

最新情報:ブログ:もんじゅ西村裁判 日本の黒い霧No2https://95381767.at.webry.info/

 もんじゅ・西村裁判の会

呪われた原資<本澤二郎の「日本の風景」(4566)

<統一教会の米バイデン打倒工作のトランプ資金報道が消されてる!>

 統一教会と国際勝共連合は、創価学会と公明党と同じで、政教分離の体裁をとっているが一体だ。昔から分かっていたことだが、半世紀を経て岸信介・笹川良一・文鮮明の野望が、福田清和会そして安倍清和会として、見事に日本乗っ取りに成功したことになる。ただし、文鮮明の呪いにかかった弱い日本人の私産を奪いつくした資金が、日韓どころかワシントンの共和党にも大量に流れていた!これは今でも衝撃的である。


 A級戦犯の岸の二刀流は、笹川反共ギャンブル資金と文鮮明の呪いの集金力でもって、日米政府を手玉にとっていたのだ。東京帝国大学の国粋主義者の上杉慎吉が、岸を懐に入れていれば、こうした歴史はなかったのだが。岸の野望は、孫によってほぼ100%達成したいたことになる。敵ながらあっぱれ、というべきか。


 その結果、安倍とトランプの関係は、オバマと安倍の関係と全然異なっていた。両者の日米関係を喧伝した日本の怪しげな報道も理解できる。米国でのバイデンとトランプの争いでも、東京ではトランプ報道が勝っていたことも納得だ。世界日報とワシントン・タイムズという統一教会新聞になびいてしまっていた日本のメディアの無様さも分かるではないか。


 目下のトランプのバイデン打倒工作資金に、日本からの「呪われた原資」が流れ込んでいることになる。この統一教会工作資金で踊るトランプ?何とも呆れてしまうが、ワシントンの政治もこの程度のレベルということに、今更ながら驚くのは筆者一人だろうか。

 この世は何事も金だ。金で動く政治に大義など不要なのだろうか。


<岸田が安倍国葬に突っ込む陰で笹川ギャンブル資金と統一教会資金?>

 岸田内閣は統一教会を斬れない。宗教法人法で解散を命じさせる手続きをすれば、すぐにケリをつけられるのだが。裁判所でも議会でもやればできるが、意気地のない日本の三権の長は決断できない。これも恐ろしいことだ。国民の期待に沿える為政者不在なのだ。

 安倍銃撃事件で国民は、ようやく統一教会国際勝共連合のカルト勢力のことを知った。被害者はこぞって裁判所に統一教会排除を申し立てればいいのだが、それさえもしていない。信教の自由は、その通りだが、統一教会は宗教ではない。誰もが知っている。「笹川が怖い」との声を聞くが、ならば日本には警察力がないのか。あっても統一教会に懐柔されてしまっていることになるのだろうか?恥ずかしいし、悲しい。


 米誌は相次いで「安倍国葬NO」の正論を繰り返している。筆者も中止すれば、岸田内閣が持ち応えることが出来ると判断している。思うに安倍政治で喜んだのは、トランプ一人だったのではないか。統一教会が二人を仲立ちしてくれたお陰であった。繰り返すと、日本の恥部は笹川ギャンブル反共財団のみであろう。


<目下710億円トランプ資金集金にも呪いをかけられた日本人信者の原資>

 この8月に米連邦捜査局(FBI)は、トランプの本拠地・フロリダ州バームビーチの御殿を家宅捜索した。ホワイトハウスの機密文書が大量に見つかって押収された。トランプ政権末期には、米議会襲撃事件も起こした。もうこれでおしまいのはずだが、ワシントンの政治は日本と違う。トランプ陣営は、その都度、支持者から金が集まる。

 その金を見せびらかすと、トランプの再選出馬の可能性が強まるという、不思議な選挙制度だ。このトランプ陣営に統一教会の「呪われた金」が投入されていると見たい。

 アメリカには非営利団体が政治資金を追いかけて、それを武器に団体の存在と影響力を見せつけて、飯を食っているグループが存在する。そこの調査でトランプ陣営の選挙資金は、いま日本円で710億円。


 統一教会というカルト教団の呪いをかけられた日本人信者の財産が、この中に入っている。米産軍体制は日本に高額の武器弾薬を売りつけて暴利をむさぼっている。他方で、右翼の共和党は日本の貧者の資金を巻き上げて、選挙戦を戦っている。どういうことか?日本人は血税どころか、呪いをかけられた弱者の金もむしり取られている!このようなことが許されていいのだろうか。しかも、誰も文句を言わない。日本はアメリカの奴隷なのか。


<「米連邦捜査局(FBI)が統一教会系新聞(W・タイムズ)捜査」は本当か>

 共和党のトランプ・スキャンダルは、現在の民主党のバイデン政権にとって好都合といえる。米国の駐日本大使館は、統一教会の膨大な資料を国務省に送信している。

 過去に米政府は、脱税で文鮮明を逮捕した。この時、岸はワシントンに釈放を要請したが、効果はなかった。また繰り返すのか?関係者は注目しているらしい。FBIの出方次第では、統一教会のワシントンの拠点であるワシントン・タイムズにも捜査のメスが入るかもしれない、というのだが。


<歴代米共和党大統領選挙にも大金投入=ロビー活動NO1?>

 確かTBSだったと思うが、今回の事件追及のさい、アメリカの統一教会元信者スタッフを取材していた。彼は「統一教会は宗教ではない。政治団体だ」と決めつけた。しかも、トランプ以前の共和党の大統領になったブッシュ親子やレーガンの選挙にも大金を運んでいた、などとも証言していた。残念ながら金額についての質問はなかった。


 ワシントンのロビー活動というと、一番手がイスラエルで、二番手が台湾だ。共和党に限ると、統一教会は一番手ではないだろうか。繰り返すが、統一教会の原資は、呪いにかかってしまった日本人信者の財産だ。それによって信者は不幸のどん底に落とされている。こんなことが許されるであろうか。そんなカルト教団を支える笹川財団も、もうメスを入れる時ではないだろうか。

 現在の日本の恥部は、ずばり統一教会と笹川ギャンブル反共財団であろう。

 先に荒舩清十郎や田中角栄の笹川利権退治の話を紹介したが、改めて警察・検察と議会の勇気と正義に国民の期待が集まっていることを指摘したい。

2022年9月16日記(政治評論家)

(追記)昨日、速達便が届いた。開くと志學館高等部の吉田義克校長からだ。同窓会担当の村田健一教頭のサインがあった。次男・正文の同窓名簿記載の件だった。息子たちのことを思うと、公立高校受験において内申書がモノをいうという点について、全く配慮しなかった駄目な父親を猛省するばかりだ。PTA活動で父兄は沈黙せよ、である。

その点、目下の我が家のヘチマは遠慮しない。柚子の木に這い上がり、大きなヘチマをぶら下げている。ベランダに這い上がって黄色い花を咲かせているのも。正文はおとなしすぎた。人間はまっすぐ突き進む存在でありたい。

岸田内閣喫緊の課題<本澤二郎の「日本の風景」(4565)

<過ちては改むるに憚ること勿れ=安倍国葬中止が正義

 人間は不完全である。過ちの繰り返しだ。だからといって、カルトの宗教に呪いをかけられて、その気になるともっと悲惨な現実が襲い掛かる。

 昨夜はYoutubeで牛乳のがぶ飲みはよくないことを知った。子供には母乳が最善だ。牛の乳は最悪である。指摘されると納得だ。岸田首相が行く必要もない大英帝国から、現在の英国になったイギリスの国葬に不参加を決めた。いいことだ。その分、超円安のアベノミクスとの決別を急げである。三流国や五流国の最貧国がいやなら、健全な中央銀行に引きずり戻さなければならない。


 同じく安倍・神道日本会議と文鮮明統一教会に政権を委ねてきた過ちを改めるため、直ちに国賊の安倍国葬を中止して、不気味・化け物国家体制を改革しなければならない。喫緊の課題である。中止すれば、21世紀の化け物国家から決別できる。真の近代国家の幕開けとなろう。

 今時の「神国」「サタン国」に酔いしれる日本人はいない。二本足で立てる自立国・独立国が、日本国民と国際社会に貢献できる唯一の道である。国民はこぞって神道と統一教会の呪いにかかったマインドコントロール人間を救う使命があるのである。善は急げだ。京都の自治会の戦いはどうなったか?


<宗教法人・統一教会を裁判所に解散申し立てを急げ!>

 もはや統一教会を真っ当な宗教法人と信じている日本人はいない。

 国家神道の神主勢力のお祓いとキリスト教の教義をいじっただけの統一教会の、恐ろしい呪いにかかった今の日本国政府を、岸信介・笹川良一・児玉誉士夫・文鮮明が地獄で笑っている!ここには民主主義は微塵もない。

 証拠もある。安倍晋三が筆者に語った一言とは「うちの祖父さんは民主主義が分からない」。児玉を先生と呼んだ中曽根康弘は首相になって「民主主義にもいいところがあると初めて知った」。戦前の国家主義者や国粋主義者は、戦後の日本でも民主主義を理解できなかった。憲法も理解できなかった。


 小学校・中学校・高等学校の教師にお願いしたい。しっかりと憲法を教えることで、宗教の呪いにかからない人間を誕生させる重大な責任を忘れてはならない、ということを。繰り返しお願いしたい。

 この半世紀に渡って統一教会が何をしてきたか、今回、民放テレビの取材で国民は分かった。宗教法人ではない、公序良俗に反する、反社会的なカルト教団であることが証明された。そこへ自民党のエリート議員たちが連なって金と票を懐に入れて、国権の最高機関の地位を獲得していた。

 これが日本国の不気味さを証明しているのだが、それでも国葬反対も統一教会の解散申し立てもしない。これがまた恐ろしい日本を裏付けている。

 宗教法人法は、裁判所がカルト教団の解散を命じることが出来る。だが、いまだにまともな裁判官が現れていない。極右暴力団の流れをくむ笹川財団が怖いのか。荒舩清十郎レベルの国会議員も、いまだ一人も現れない。極右の暴力に怯える日本の法治制度なのだ。

 裁判所に解散を申し立てる義務が岸田内閣にある。しかし、岸田もソッポを向いている。これでいいのか!日本に愛国者はいないのか。議会も申し立てできるが、まだ与野党とも手を上げていない。笹川と韓鶴子にひれ伏している日本の姿かたちで、日本の未来はあるのか。


 ならば三権の長がこぞって統一教会の解散を申し立てたらいい。ナベツネの読売は、安倍国葬の仕事をとって大満足している、との報道は本当か。しからば朝日新聞はどうか。東京新聞は?だめなら日刊ゲンダイの出番なのか。 

 情けない、本当に情けない日本をいつまで続けるのであろうか。


<政教一致打倒から逃げられない司法・立法・行政の三権の重責>

 今の日本人は恥を知らない。この手の腐敗エリートといえないエリートが支配する日本国だ。混乱混迷の原因となっている。もう一つが責任である。責任論が希薄になっている。全くない。この点で岸田文雄は人後に落ちない。少しでも宏池会の先輩の血と汗が付着していればよかったのだが、安倍と大差なかった。

 一番の見本がヒロヒトだから話にならない。生きてるときに指摘してみたかったものだ。気付くのが遅かった。もう遅すぎる。皇族は、極右勢力の政治利用の対象でしかない。

 日本の不気味な正体は、ずばり政教一致体制にある。議会・行政・司法の改革の、これが正真正銘の本体である。政治の上にカルト宗教が存在している!


<憲法は人類の永遠の宝である!

 法律家は憲法を読んだ。彼らの多くは生活費のために仮面をかぶって、本心を隠して生きている価値のない人間だ。だから違法行為にも反発しない。せめて政教分離の日本にしたい、と声を上げてほしい。正論を吐く勇気を持ってほしい。

 自由で開かれたいい日本は、目の前にぶら下がっているのだから。日本国憲法は、300万人の日本人の血とアジアの数千万人の血の結晶である。人類の永遠の宝である。

2022年9月15日記(政治評論家)

↑このページのトップヘ