電通の深謀遠慮<本澤二郎の「日本の風景」(3843)

<護憲リベラル・宏池会つぶしが第一ラウンド>

 どうやら新聞テレビは、誤報の垂れ流しをしている可能性が高い。遠い先の謀を分析することは容易ではないが、昨年7月の広島での1・5億円事件を注視すれば、それが岸田文雄の宏池会つぶしであることを、多少の永田町を知る者であれば、決して困難なことではない。


 電通による大掛かりな深謀遠慮だった、と断じたい。自民党内から護憲リベラルを一掃する最終作戦だった。ほぼ断定できるだろう。9月14日の自民党総裁選の投開票が証明することになろう。


 それは宏池会を創設した池田勇人と、清和会の元祖・A級戦犯の岸信介の最終戦争を意味する。


 今から30年ほど前に遡る。宏池会二代目の会長・前尾繁三郎の秘書から、続く大平正芳、鈴木善幸の首相ブレーンだった安田正治が、しみじみと打ち明けてくれたことだが、彼は「護憲派の宏池会と中曽根・福田派の改憲派との最終戦争は、平和憲法をめぐる攻防戦となる」と予言したものだが、結果はその通りの展開を見せている。


 このことは、筆者が現役の政治記者をしていたころの自民党は、護憲リベラルの宏池会、準じる田中派経世会、三木派の、国民に目を向けた派閥が健在だった証拠でもある。


 隣国との歴史認識による対立は起きなかったし、たとえ起きても事前に火を消すことが出来た。中国・北朝鮮・韓国との軋みは、岸人脈のなせる業である。総裁選で、岸田が分断から協調を叫ぶ理由なのだ。


 参考までに池田内閣は、寛容と忍耐である。時の官房長官・大平正芳がぶち上げた。首相になった池田に対して、官房長官は「以後、ゴルフと料亭政治はご法度」とくぎを刺した。


 池田秘書から、前尾・大平・鈴木・宮澤に仕えた木村貢は、安倍内閣が誕生すると、徳間書店から「品格のある宰相」を出して、安倍に警告をすることを最後の仕事にした。


 河井夫妻に1・5億円を投入、案里候補に公明党創価学会票までつけて、岸田・宏池会の現職・溝手顕正を叩き落とした、まさに異様な宏池会つぶしに、改めて度肝を抜かれる。この1・5億円事件の主犯が安倍晋三、共犯者が菅と幹事長の二階俊博だった。この大掛かりな宏池会つぶしの作戦本部は、あえて大魔神の電通であると断罪しようと思う。


 うかつにも、党三役である岸田は気づかなかった。安倍禅譲に浮かれていたことになる。


<小渕恵三後継の密室談合を超えた超のつく密室談合>

 2日ほど前に、生長の家の谷口信者の村上正邦が亡くなった。小沢一郎と激しくやりあった、その夜に小渕は倒れて入院した。後継作りが、官房長官の青木幹雄と幹事長・森喜朗、幹事長代理・野中広務、政調会長・亀井静香、参院議員会長・村上の5人による密室談合で、森が自民党総裁・首相に就任した。


 これほどの露骨な密室談合を語れる人物は、いまでは青木・亀井・森の3人だけとなった。当時は家庭の事情で取材できなかったのだが、総務会長だった宏池会の池田勇人の娘婿の行彦がいない。意図的に外されたのだ。


 亀井の証言を聞いてみたい。サメの脳みそが首班に担がれたことで、永田町は清和会一色といえる政治環境が生まれた。「神の国」を唱える神道政治連盟・日本会議の森を、後継した小泉純一郎が、靖国神社を繰り返し参拝して、隣国の不信を買った。この森と小泉の右翼政治が、安倍の下で、さらに拡大して改憲軍拡論のラッパが鳴り続けた。


 つまるところ電通五輪は、安倍・森のコンビで、2020年に開催する予定だったが、コロナの襲来で沈没してしまった。安倍も力尽きた。そうして第二ラウンドが数か月前から始動した。


<菅義偉擁立独走が第二ラウンド>

 菅の後継は、にわかに浮上したことになっているが、コロナ襲来による五輪沈没に比例する。すでに総務会長・鈴木俊一は「五輪が政局になる」と半年前に予告していた通りの展開である。数日後に想定されなかった菅内閣・自公・日本会議政権が誕生する。第二ラウンドも完結したようなものだ。


 「芝居の幕が上がる前に、幕が下りていた」という今回の超密室談合の自民党総裁選挙の目的は、菅の下で、沈没した電通五輪の巨額損失処理が、最大の仕事となる。電通お抱えの菅に対しては、警察とやくざを従えての「ゴロツキ内閣」との評価が定着し始めているが、攻める野党議員は「清廉の士」という条件に合格する必要があるのである。

http://www.asyura2.com/19/senkyo267/msg/657.html

 もう一つの大事な菅任務が、安倍犯罪に蓋をかけるという、これまた不浄なものだ。法治・法の下の平等の日本で、公然の秘密となってしまった悪事を、無事に蓋することが出来るのか?電通から離脱しつつある?という朝日新聞が、安倍犯罪の真相解明に威力を発揮できるかどうか。この一点に絞られる。


 野党は、選挙屋「ムサシ」動員の早期解散に備えが必要である。それが可能だろうか。


 安倍後継の総裁選は、つまるところ「党員100万による予備選排除」「各派の菅支援一本化」で、石破と岸田を撃破・沈没させる。これが超密室談合の総裁選という名の安倍後継レースなのだ。


 自由と民主主義を喧伝する自民党総裁選挙も、実質は独裁政権のやり口を踏襲している。国民に対する背信行為であろう。

 


<電通操作の安倍院政で暴政責任回避>

 過去に、平和憲法に反し、反立憲主義に徹して、次々と憲法違反の悪法を強行した内閣を知らない。史上最低・最悪の安倍内閣だった。連帯責任者は、公明党閣僚と自民党と公明党である。公明党創価学会だ。


 菅を操るのは、退陣する安倍であり、さらには安倍を自在に操ってきた電通ということになる。安倍暴政は、戦前の国策会社で、政権の宣伝のみならず宣撫工作、利権独占企業の電通と繰り返し指摘したい。財閥の防護服なのだ。


<宏池会と信濃町の覚醒と再生>

 絶望の日本に希望をもたらすであろう潮流は、護憲リベラルの宏池会の再生である。このまま清和会化してしまうのか?池田勇人・大平正芳・鈴木善幸・宮澤喜一の、リベラルな政治資質と伝統を再生復活することが出来るのかどうか。


 もう一つは、戦争党に変質した信濃町が、再び池田大作の平和主義の理念に立ち返ることが出来るのかどうか。つまりは両勢力の電通離れである。米国との関係で問われている自立を、財閥との関係でも自立できるのか。ここに日本のわずかな希望と夢が存在する!

2020年9月13日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ

会員)

安倍内閣7年8か月<本澤二郎の「日本の風景」(3842)

<負の遺産の連鎖・改憲軍拡に終始した国粋主義的長期政権>

 2020年9月11日、退陣目前の安倍晋三首相は、改憲軍拡の最後っ屁よろしく、専守防衛を放棄する敵基地攻撃をにじませた談話を出して、16日に発足する、7年8か月もの間、自身の黒子に徹してきた官房長官・菅義偉に指示した。

 佐藤栄作7年8か月を、運よく内閣記者会の一員として見送った駆け出し記者の印象は、決していいものではなかったが、A級戦犯の孫と比較すると、負の遺産だけが突出した安倍・自公・日本会議の政府に勝っていた。


 それこそ改憲軍拡に始まり、改憲軍拡で幕を閉じた7年8か月に、評価する何物もなく、失望と怒りだけが残った。ワシントンに身を投げ出した国粋主義者・岸信介をなぞるような、悲劇的成果だけを国民に残した。


 売国奴内閣が、それでも長期化した最大の理由は、大魔神と言われる電通による新聞テレビ報道にあった。制度としての民主主義も、言論が正常に機能しないと、絵に描いた餅に過ぎないということを、とことん日本国民に印象付けた。

 公共放送のはずだったNHKの安倍宣伝に、すべての新聞テレビが右にナラエしたことが、全く想定できなかった。いまNHKを抑え込んだ人物が、安倍後継者となる。日本は呪われている証であろう。


<突出した戦争三法に貢献した公明党創価学会>

 過去に国家主義の中曽根内閣が強行しようとしたスパイ防止法は、自民党内の護憲リベラル勢力が押しつぶしたのだが、戦争三法の一番手の、スパイ防止法に相当する特定秘密保護法を強行した実質的主役は、公明党創価学会の国交相・太田ショウコウだった。


 集団的自衛権の行使を閣議で決め、それを法制化、アメリカの戦争に自衛隊を参戦させる文句なしの戦争法も、同じだった。そして戦争反対派を容易に拘束することが出来る共謀罪も、太田ショウコウ(公明党前代表)が積極的に支援して、安倍内閣は難なく戦争三法を成立させた。


 むろん、立憲主義の憲法違反である。まともなジャーナリストは、以来、自公との接触さえ回避した。「自公許さず」「公明党創価学会許さず」の信念が、揺らぐことはない。


 要するに、公明党創価学会の支援なくして戦争三法は成立しなかった。安倍内閣7年8か月の悪しき金字塔であろう。

 木更津市の戦争遺児、ついで沖縄の野原善正ら池田大作門下生・池田親衛隊が決起したのも、当然の流れである。反公明党創価学会の潮流は、内外から押し寄せている。


<財閥1%傀儡政権の経済政策と民衆いじめ>

 戦争国家で暴利をつかむのは、財閥軍需産業である。平和憲法を食い潰す悪政が、改憲の潮を生み出すという負の循環を加速させる。衰退するワシントンの悪しき馬力を悪用しての、安倍の改憲軍拡路線なのだ。


 それは経済政策でも証明された。アベノミクスなる怪しげな用語を宣伝させながら、円安株高がお目当てだった。そのために中央銀行・資本金1億円の日銀を使って1万円札を刷りまくり、あまつさえ国民資産の年金基金を取り崩しての株投資だった。還流される消費税10%でもって、財閥は笑いが止まらない。内部留保は500兆円、それでいて1銭も還元しないおぞましい財閥である。


 他方で、若者の多くは、低賃金といつでも首を斬られる非正規労働者へと墜落させられた。この安倍内閣下、貧困という言葉が当たり前に通用する時代となってしまった。


 そして今、年金の崩壊や超インフレ予測に怯えさせられている日本人である。それでも内閣支持率が30%、40%?電通による世論調査会社への介入疑惑が浮上している。


<犯罪の連鎖と嘘と隠ぺいの3分の2議席の暴政>

 国家主義は独裁・改憲志向である。そのための選挙制度は、民意が反映しにくい小選挙区比例代表。小粒な政治屋が跋扈するため、民を慈しむという為政者の志は皆無。利権屋議員ばかりで、それも世襲化していて信念がない。そこでは、首相官邸や自民党本部などが利権の巣と化す。


 7年8か月の政府は、腐敗の連鎖そのものだった。モリカケ事件からTBS強姦魔事件で終わらなかった。桜事件に次いで、カジノ汚職、そして極め付きが1・5億円河井事件と続く。


 一連の安倍犯罪は起こるべくして起きたものである。これの泥被り・火消し役が菅義偉だった。それゆえに、黒子が檜舞台で踊らされることになる。ここ数年の安倍は、外遊で逃げまくり、最近は国会を開かせようとしなかった。嘘と隠ぺいを可能にした土台は、公明党創価学会による3分の2議席だった。権力批判をしなかった新聞テレビのお陰でもあった。


<告発の連鎖で責任を取らせる2020年の秋と正念場の林検察>

 日本人には、有能な正義の法律家や学者・文化人が少なくない。いざという場面では立ち上がって、声を上げてくれる。桜事件でも600人、900人のそうした人々が立ち上がって、安倍事件を告発している。


 2020年秋は安倍事件追及の場面である。菅は解散で応戦する可能性も出てきている。対抗する野党の一部が合流、これに日本共産党が連携すれば、相応の力を発揮するだろう。


 問題は、正義の法務検察の出方である。法務大臣の人事が、菅内閣の本丸の一つとなる。第二の河井なのかどうか。森雅子の継続か。それよりは、政治と距離をとっている林真琴検察の出方である。


 万一、第二の黒川弘務になろうとすると、それこそ学者文化人に加えて国民が決起するだろう。是非とも、そうした潮を生み出す必要があろう。コロナ禍でも、人々はネット活用で暴れまくれる時代である。


 一方、コロナワクチン騒動も起きてくるだろうが、これまた大変である。副作用のない効果のあるワクチン開発は難事だ。ワクチンを打たれる前に以下の

YOUTUBEを見るといい。甘くはない。

https://www.youtube.com/watch?v=jF_R-cq1rKI

 正義を貫こうとしない、検事を追放する国民運動を開始する準備も始まっている!安倍晋三にしっかりと責任を取らせる市民の輪は、どんどん拡がるであろう。改憲軍拡の国粋主義者は、ドイツ政府や市民がヒトラーを排除することと似ているだろう。


 昨年の今頃は、台風15号で恐怖の一夜を過ごした。地球温暖化を阻止しない限り、今年もやってくるだろう。昨夜、弟が新米を少し持参してくれた。楽しみだ。また落下したポポの実を、10数年ぶりに1個食べた。秋は収穫の季節だ。日本人にとって、悪の政治屋を退治する季節でもある。

2020年9月12日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

安倍院政の行く方<本澤二郎の「日本の風景」(3841)

<二階幹事長を首にしろ、いやだ、で激しく激突>

 「芝居が始まる前に幕が下りてしまった自民党猿軍団のボス選び」と揶揄されている国会最大政党の総裁選!しかし、電通の指令を受けた新聞テレビは、笛や太鼓で桟敷を賑わせるのに懸命である。


 流れは党と内閣の人事に移行、中でも200億円とポストを握る幹事長をめぐって、安倍が「二階を首にしろ」、対して菅が「いやだ」で激しく激突している。幹事長留任を目的に、菅を次期総裁に担いだ二階も、安倍の院政意欲にたじろぎながら反発している。

 

<米中対立も追い打ちをかけてワシントンの日本工作派も必死>

 輪をかける事態発生も、幹事長人事を複雑にさせている。米ソ冷戦を再現したような米中対立は、経済戦争から領土紛争へ、油断すると、自衛隊を戦争に巻き込みかねないような軍事衝突さえも想定されている。


 そうした中で、ワシントンの対日工作員・ジャパンハンドラーズが乗り出してきて、二階幹事長外しに手を回してきた。ワシントンの犬たちも吠えまくって、菅人事に横やりを入れてきた。


<細田・麻生・竹下の三派で二階はずしに懸命>

 ワシントンの犬たちと評されている自民党最大派閥の細田派が、麻生派と竹下派を巻き込んで、二階はずしに懸命なのだ。


 こんなことも珍しい。安倍に服従してきた三派そろっての二階はずし運動は、菅に反発していることになる。

 「最大派閥の細田派が幹事長を出すことは当たり前」という突き上げが、会長の細田に集中しているようだが、肝心の細田には、ドスを利かせる菅と対決する馬力はないらしい。


<「河井1・5億事件を党として処理する」菅公約で安倍に反撃>

 朝日新聞が報じたようだが、菅は自民党本部での記者会見で、記者に聞かれると、安倍の1・5億円事件について「しかと処理する」と答えた。


 この菅の言い分がいまいち不明だが、それでも安倍に対する脅しとして十分な威力がある。安倍周辺は反対に「菅を勝たせ過ぎないように」と反発しているようだ。まさに、やくざが跋扈するような自民党そのものの権力闘争といえよう。


 憶測も舞う。「そもそも河井夫妻への破格の1・5億円投入は、安倍と菅と二階しか知らない秘密工作。これをマスコミに流した人物は、菅ではないのか。菅が安倍を脅すための格好の材料だ。菅は1・5億円事件で、安倍の院政をはねつけることが出来る」というのだが。


<菅登板に元自民党議員秘書は「日本の恥だ」と嘆き節>

 自民党総裁が告示される前から菅総裁確定という報道の狙いは、五輪の行方次第で2021年経済が、より深刻な事態が到来することから、新聞テレビ報道を左右する電通が、早々に菅内閣誕生報道に奔走した理由が判明するのだが、正直なところ永田町の住人は「えっ!菅WHO?」だった。


 安倍犯罪の黒子が檜舞台に飛び出して主役を演じる?知り合いの元自民党本部職員は「ありえない」と最近まで信じようとしなかった。


 昨日のブログで、福沢諭吉と三菱の岩崎弥太郎、明治天皇の維新政府の、信じがたい性奴隷貿易の真実を知って、電話してきた元自民党国会議員秘書は「菅は日本の恥だ」と切って捨てたほどである。


 追い詰められた電通が、ここへきて電通離れが朝日新聞で見えてきた、と語る友人が、今朝ほど電話してきた。東北復興と東電福島原発の、極め付きの不条理の一角を1面で報じた、と伝えてきた。


 電通に操られた、我が家の法治を排除した、東芝・医療事故殺人事件を蓋された立場からすると、朝日の「電通離れ」が真実であって欲しいものである。

故人にとっての最大の苦痛は、第三者に理解されないことが無念の極みである。殺され損の社会からの脱却が実現できる日本になるのか?


<週刊誌は菅の「やくざ人脈」、「嘘だらけの過去」を暴く>

 今週の週刊誌は、電通支配の新聞テレビをあざけるかのように、菅のやくざ人脈の一部を暴露した。「苦労人」という電通の仕掛けを、見事に暴露した週刊誌も出た。


 「菅の裏の顔」が一部報じられたことは、今後の永田町を観察するうえで、とても参考になることである。悔しい点は、安倍の裏の顔は、今も隠されて、どこも報じようとしていないことだ。


 今からでも遅くない。間違いなく、安倍の正体を暴く責任の一端を、林真琴検察が担っている。国民は林検察に対して正義の行動を、厳しく見つめている。第二の黒川弘務を排除できるのかどうか、に重大な関心を抱いている。


 さらに言うと、五輪工作費5億円というIOC役員買収資金について、フランス検察と連携すれば、電通の驚愕すべき買収工作事件を暴くことが出来る。これも林真琴検察の重大な任務である。国民は、片時も正義を求めてやまない。


<10月臨時国会冒頭の解散総選挙で安倍そっくりの正体隠し>

 安倍もそうだったが、菅も役人の原稿が手元にないと、口を開くことが出来ない。議会での討論をこなすことが出来ない、と官邸周辺は認識している。


 今回の総裁選でも、討論を回避することに専念、自民党員さえも呆れさせている。9月16日招集の臨時国会は、たった3日で閉じて逃げる。現在の緊急事態では、国会は1日も遊んでいる時間などない。普通であれば、来年の通常国会まで臨時国会を開いて、国民の不安と生活に寄り添う責任と義務がある。だが、どうやら10月に臨時国会、その冒頭解散を狙って、野党を駆逐する作戦を練っているらしい。彼の身内が、ワシントンのジャパンハンドラーに対して、映像で明かしたほどである。メッキが剥げないうちに解散で勝利が、狸の皮算用か。


 国会審議を逃げるというと、誰もが安倍晋三を思い出させてくれる。国会を開かないのだ。よく各国の例を引き合いに出すほど、国会審議が怖い安倍と菅である。周囲を警察官僚に保護してもらっていて、それでも逃げまくる?


 自民党の総裁選で、圧勝することが確定しているというのに、そそくさと秋の解散で正体隠しというのも、これまた「日本の恥」であるが、森喜朗が密室談合で実現した清和会極右内閣を、それでも継承するという新体制を、大魔神の電通がどう装いをこらすのか、ここもしかと見届けたい。

2020年9月11日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

↑このページのトップヘ