安倍犯罪の核心はオウム疑惑!<本澤二郎の「日本の風景」(4205)

<新聞・テレビ・国会議員も知らなかった恐ろしい事実が島津レポートに!>

 オウムの麻原彰晃とは何者だったのか、何を目的に日本の史上最大の無差別テロを強行したのか。現在も謎だ!捜査の手ぬるさは、警察の内実を知ると納得するしかないが、問題の一つが村山富市・社会党内閣向けだったことから、極右の暴走であることが分かる。隣国に対する村山談話も絡んでいよう。


 テロ集団は、武器の調達や武器生産にも狂奔する。改めて検討せざるを得ないが、その秘密がオウムのソ連崩壊後のモスクワなどでの、大掛かりな布教活動に見ることが出来る。その資金力を誰が?


 単なるカルト殺人教団という理解で渋々理解をしてきただけだったが、島津洋一レポートが凡人の脳天をたたき割ってくれた。いまの若者にとって夢物語かもしれないが、背後の黒幕に極右の人物が存在したと指摘されると、合点するしかない。日本のカルト教団は他にも存在する。現在、オウムの別派も存在している。カルト組織に黒幕が潜んで操ると、第二のオウム事件が起きるのだろうか。日本の公安調査庁の改革も不可欠なのか。


<秘密を隠すことが出来ない日本にすべきである>

 世界恐慌のさ中の新型コロナで、各国の経済は止まってしまい、企業倒産と労働者の首切りが襲い掛かっている2021年である。そんな中での4兆円五輪賭博を計画し、強行した狂気の安倍と菅の自公連立内閣の、想定も出来ない異様な政治決断で、とどのつまりはコロナ感染急拡大で、多くの市民の命が奪われている。


 健康保険も使用できない自宅療養をしている善良な市民の命が亡くなっても、安倍や菅の口から、当たり前の反省と謝罪の声さえ聞こえていない。どうしたことか。安倍と菅の棄民政策も極まっていよう。


 そこに地下鉄サリン事件の真相が発覚した。島津レポートは、オウムの仕掛け人を安倍晋三だと決めつける、度肝を抜かれるような真相暴露にたじろぐばかりである。黒幕スポンサーは安倍一人なのかどうか。安倍内閣が7人のオウム死刑囚を一斉に処刑した謎も見えるが、それで全ての証拠を消滅させたことになるのかどうか。


 オウム被害者はまだ沢山いる。オウム関係者も沢山生きている。これからが本格的な捜査が求められる。公安調査庁は真正面から対処しているのかどうか。現時点で、安倍サイドからの反論はない。掲示板「阿修羅」のコメント欄には、オウムの黒幕存在と安倍一族の関与を、さも当たり前のように理解している者もいることに、新たな恐怖を覚えるのだが。


 1993年の1か月訪米の際、ガイド兼通訳のW・バレットは「わが国には秘密は存在しない。秘密は必ず暴かれる」と豪語したことを記憶している。彼は細川護熙を同じく1か月米国内を案内したという。帰国後に本人に正すと、彼は「あの人はCIA職員のはず」と答えたものである。CIAにもいい人もいるようだ。


 「日本に秘密はない」と思い込んできた凡人ジャーナリストは、したがってオウム真理教という殺人教団を操ってきた黒幕の存在には、恐怖と驚きで震え上がってしまっている。日本の警察力の低さに対する驚愕でもある。


<日本の法務検察・最大の恥部=地下鉄サリン事件を見逃したこと>

 司法・議会の関係者は、地下鉄サリン事件の「主犯は安倍晋三」と断罪している島津洋一氏と連絡を取って、真相解明に取り組む必要がある。

 彼の取材チームとの接触も可能であろう。その前に、たとえば朝日新聞などが総力を挙げて、真相解明に向けた大掛かりな取材網でもって、真相を国民に伝えるべきだろう。


 当時のサリン担当記者を総動員すれば、安倍黒幕を暴くことが出来るはずだ。サリン処刑者確定で、当時首相の安倍が上川陽子法相を招いて乾杯した事情も理解できる。材料はそろっている。本来は公共放送であるNHKの取材力で対応する事案である。 


<無数のサリン被害者に対して、晋三はどう謝罪するのか>

 もはや麻原彰晃の口から真相を確かめる方法はない。しかし、黒幕は首相を辞めたとはいえ、御用記者や評論家を泳がせて、素人向けに元気な様子を演じている。むろん、権力のない犯罪首相にぶら下がる政治屋は極めて少ない。清和会の会長就任は夢のまた夢である。


 他方、多くのサリン被害者は、毒ガスで神経を病んで泣いている。多くの市民を犠牲にしたままである。


 この重罪に対して、どう始末をつけるのか。それとも安倍黒幕説は、偽りといって逃げようとするのか。安倍にまとわりついている「説明責任」を果たす必要があろう。事情を知る石原慎太郎が、最後のペンで虚実を交えて誤魔化そうとするのか、石原本人と倅も知っているだろう。


<森友加計・TBS山口強姦魔・桜事件・1・5億円事件のようにシラを切る>

 権力は、個人情報保護法や特定秘密保護法などで、防護服を着ることに専念している。言論を圧殺しようという魂胆であるが、近代国家で言論を封じることは、国家の基本法である憲法が禁じている。


 名誉棄損罪や侮辱罪の悪用でもって逃げ延びようとするが、真実の批判を封じ込めることは出来ない。それでも、彼らは防護服強化を止めようとしない。全体の奉仕者でないのだ。言論界は委縮してはならない。いまこそ真実の報道に立ち上がらなければ、国民に奉仕することが出来ない。


 安倍犯罪は、いくつもある。官邸内で犯罪の限りを尽くしてきたかのようである。まだある、日本の核武装化である。CIAの監視を盗んで強行しようとしているであろうことも、今は分かってきている。隣国との対立がそのための防護服なのである。


 安倍は、次々と嘘の連発で逃げ回ってきたが、いまや国会での証人喚問が可能となった。野党連合が勝てば、事態は一変するだろう。改めて、以下のレポートをじっくり目を通してもらいたい。目から鱗が落ちるはずである。

2021年9月15日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)

【 地下鉄サリン事件の主犯も安倍晋三! : 米論文『東京地下鉄ガス攻撃は安倍の最初の攻撃であった By Yoichi Shimatsu』日本語訳・・世界に知れ渡っています。 】 18-12-08更新

 タイトル
【 1995年東京地下鉄サリン事件の主犯も安倍晋三! : 米論文『東京地下鉄ガス攻撃は安倍の最初の攻撃であった By Yoichi Shimatsu(島津洋一)』日本語訳・・覚醒したアメリカ人に人気!世界に知れ渡っています。 】 2018-12-05 12-08更新 
「皆さん、こんにちは。
1995
年東京地下鉄サリン事件についての「島津論文」をご紹介させていただきたいと思います。・・自民党と公明党の強力な連合の新軍国主義派によるクーデターの試みの一部であった。・・首都での殺人と騒乱の責任を担う大犯罪者が、復権でき、首相に2回選ばれたことは、日本の検察官裁判所、そしてマスコミ憲法を守り、公共の安全を守ることができなかったことを証明するものである。・・

http://greatcentralsun.racms.jp/js23kkhr/


http://greatcentralsun.racms.jp/js23kkhr/

TRULY SHOCKING Yoichi Shimatsu Reports!

by Jiro Honzawa (Japan’s Landscape Series 4203)

仰天!島津レポート<本澤二郎の「日本の風景」(4203)

https://uglyjapanese.blogspot.com/2021/09/blog-post_15.html

https://uglyjapanese.blogspot.com/2021/09/blog-post_15.html

世も末!<本澤二郎の「日本の風景」(4204)

<安倍・菅の究極の男尊女卑人事が本日閣議決定!>

 報道によると、史上最悪の問題の警察官僚が、本日の閣議で警察庁長官に起用する人事が決まる。強姦魔を救済した捜査によって、警察の頂点に立つことが出来るという、いかにも腐りきった自民党と公明党の内閣とは言え、男尊女卑も極まっているだろう。


 いまの自民党総裁候補のコメントを知りたいと思う国民は多い。女の敵は、安倍と菅が主導してきた行政の中枢だったことになる。したがって、同候補の全てが安倍と菅に「ぶら下がり競争」を演じている理由も分かるだろう。


 これぞ世も末である。


<強姦魔救済の悪党が警察庁長官!菅義偉は、稀代の大悪党!>

 事実は小説よりも奇なりというが、神がかりの神道政治連盟のお芝居を見ていると、まさかまさかの連続である。

 昨2021年9月13日の本ブログで公開した「島津レポート」で目を覚ましてしまったのだが、史上最大のテロ魔とでもいえる麻原彰晃を手なずけていたのが、

安倍晋三・晋太郎父子だった!


 民主主義・法治を喧伝する政治屋が、裏で非合法の殺人部隊を率いていたことになろう。恐ろしや恐ろしや、である。右翼暴力団の力で、マスコミに君臨した人物を知っているが、猛毒ガスで無差別テロを敢行して、社会を大混乱させる人物が、他にいたであろうか。


 地下鉄サリン事件を徹底して取材した人物は、島津洋一以外にもいたはずだ。現に阿修羅コメントをみると、さも当たり前といった者が少なくない。これにも驚かされた。

 オウム真理教の黒幕は、安倍晋太郎父子や石原慎太郎父子と児玉誉士夫に代わった笹川良一父子ということになろうか。


 岸・福田の清和会の正体みたりである。そうしてみると、安倍が公明党創価学会の太田ショウコウを手なずけることなどが、幼児の手をひねるようなものだったろう。宗教の仮面をかぶった殺人教団による地下鉄サリン事件は、新たな研究テーマを後世に残している。


 安倍の意向を受けた法相・上川陽子が、オウム死刑囚7人を、再審請求を拒絶して一斉処刑した、超極秘事件の証拠隠滅作戦の物凄さも頷けるだろう。知らぬは国民ばかりだ。サリン被害者の無念は如何ばかりであろう。

 この世紀の無差別テロを見逃した公安調査庁と神奈川県警の罪は、いうまでもなく万死に値する。しかし、一人も責任を取っていない。オウムの正体をさらけ出していることが、素人目にも伝わってくる。


 

  悪党連中による究極の警察人事は、中村格で頂点に達したことになろう。言論人と議会に奮起を求めている。安倍も菅も稀代の大悪党である。彼らに政権を委ねた自民党と公明党、さらには日本国民なのだった。猛省・猛省するほかないだろう。


TBS山口強姦魔にレイプされた伊藤詩織さんの人権は!>

 日本の女性は自立していない。そうした中で伊藤詩織さんは、TBSの卑怯極まりない強姦魔にレイプされた。人間としての人格を否定された重罪に対して、彼女は声を上げた。沈黙しなかった日本人女性として、国際社会で注目を集めた。


 ところが、いまだに新聞テレビは、真正面から報道をしていない。安倍と菅の政府に屈したままである。言論の自由を自ら放棄して、恥を知らない。日本の言論界もまた、男尊女卑の仲間といっていい。

 伊藤さんの人権を擁護する言論人出でよ、と怒りの声を振るわせながら、繰り返し叫ぼうと思う。強姦魔の生きる場所はない。


<治安担当の警察を信用できない日本の不幸はいつまで続く>

 犯罪者を助けることで出世する警察組織に対して、納税者は声を上げる責任と義務を有している。

 いまはネット社会である。新聞テレビが駄目でも、ネットで怒りを爆発させることが出来る。数十万、数百万の国民が声を上げる場面である。無理だと判断すれば、もはや世も末、お陀仏するしかない。


 日本国民に覚悟を求めている9月14日なのである。


<女性は沈黙?それとも自公を叩き落すのか>

 日本人の政治・社会文化の低級さを、伊藤詩織事件から感じさせられる。戦後の民主主義と日本国憲法に身を委ねてきた日本人だったが、そこでも現実は、戦前の服従する文化がしみ込んでいるのである。

 天皇制国家主義・軍国主義・赤紙・隣組という服従・監視する、される社会が、いまも生きている!


 日本在住の外国人のストレスも表現できないくらい大きい。五輪のためのコロナ感染拡大にも、じっと耐え続ける日本人に驚愕している。馬鹿を通り越しているのだから。為政者はただひたすら、自己のために汗をかいて、国民の生命を守ろうとしていない。その代表が安倍であり、菅だった。

 それでも、新聞テレビは怒ろうとしない。政府にモノ申すことはしない。したがって、大衆もそれに従っている。

 つまりは、日本ではNHKさえ手に入れさえすれば、人々をいかようにも調理できる社会ということになろう。戦前の価値観が生きている日本人は、いうなれば羊か蟻の群れなのだ。そこまで落ち込んでいることが分かっても、目を覚まそうとしない議会と言論界といえよう。


 女性の沈黙は、これからも続いていくのであろうか。それとも第二、第三の伊藤詩織さんが、大声を上げるのであろうか。異論はあろうが、辻元清美・蓮舫・福島瑞穂・森ゆうこなど清潔な人材は、自公に比べると野党内にいくらでも揃っているではないか。彼女らを野党共闘全開の先頭に立てて、自公退治をさせる!すなわち、沈黙する無数の女性有権者を、コロナ危機下に決起させるのである。男女平等の布陣で、総選挙を戦うのである。男尊女卑の自公退治には、効果的ではないのか。

 汚染した議員や古臭い党名ばかりでは、世論が動かないことにも、野党は支持率から気付くべきではないか。


<女性国会議員は男尊女卑の中村格に屈して恥ずかしくないのか>

 野党は直ちに内閣委員会を開かせて、中村格を呼びつけて、とことん審査をして、さらなる正体を暴く必要があろう。


 彼に対する疑惑は、TBS山口強姦魔だけではない。「木更津レイプ殺人事件」捜査を止めている疑惑や、徳洲会病院の医療事故捜査中断事件などなど、疑惑は沢山ある。犯罪もみ消し人の警察庁長官就任を止める使命が、議会と言論に課せられている!

2021年9月14日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f50a4c1bac188d034d4a30d0db2a4af545bd0ffa

(朝日)自宅などにいた人が亡くなり、警察が事件性の有無の確認などをした事案のうち、8月中に新型コロナウイルスへの感染が確認された死者が、全国で計250人に上ることが警察庁への取材でわかった。

仰天!島津レポート<本澤二郎の「日本の風景」(4203)

<地下鉄サリン事件と安倍晋三に因果・重大疑惑が存在していた!?>

 またまた凡人ジャーナリストをさらけ出してしまったらしい?地下鉄サリン・松本サリン事件と安倍晋三黒幕説の重大疑惑のことである。アメリカ在住の元ジャパン・タイムズ記者の島津洋一氏のレポートを、ネットで見つけることが出来た。海外から発信、国際的に知られている!最初は唐突過ぎて理解できなかったが、サリン事件の概要を重ねると、かなりまともな内容である。今までの疑念が氷解してくるではないか。


 読者諸兄も島津URLを、じっくりと見つめ直していくと、オウム・麻原彰晃を操る黒幕の存在に気が付く。日本の公安警察最大の失態となった、オウムによる殺人毒ガス兵器テロ事件捜査の生ぬるさも、見えてくるではないか。


 ソ連崩壊後のモスクワを舞台にしたオウムの進出の狙いと、安倍父子のテコ入れと、不可解な日ソ外交の正体が分かる。領土問題よりも核兵器技術の導入工作だったのか。そのための311を封じ込めた原発再稼働の強行に因果関係を見て取れよう。CIAは排除していたのか?


 安倍父子とは盟友・石原慎太郎の倅が、オウム・麻原彰晃の、背後の壁にぶら下がっていた仏画を書いてたこと、その事実発覚で、石原が衆院議員を突然辞任したことは、永田町で有名な秘話として流布していたが、彼らは二つのサリン事件に「闇の関与をしていた!」となると、まさかの仰天レポートに声も出ない。


 戦前の日本帝国復活を夢見てきた戦争犯罪首相・岸信介の孫の野望は、父親の安倍晋太郎からだったのか。靖国の国家神道を踏み台に、統一教会・創価学会をからめとった安倍父子の、日本国憲法をないがしろにした破壊戦略に、盲目の教祖のオウム真理教も関与していた、という島津レポートに脱帽である。


<オウムスポンサー・黒幕が安倍晋太郎・石原慎太郎は本当か>

 海外事情に詳しいライターは、オウムがソ連崩壊後のモスクワなどで何をしていたのか、そのための手ずるをしたものが誰だったのか。そこからオウム重大事件を分析、その正体を暴いたのだろうか。


 安倍の父親が外相としてモスクワ入りしていた事実は、承知していた。息子の晋三も、成果ゼロのロシアのプーチン大統領と繰り返し、差しの会談を行ってきたことは、周知の事実である。ということは、プーチンも知っているのであろうか。


 

 「オウムがモスクワに日本大学を設立していた」ことなど知る由はなかったが、これが本当であれば、日本の外交力を使わなければ、容易なことではない。目的が、流出する旧ソ連製の武器だったのか。


 猛毒神経ガスのサリンかVXガスなのか、その先の核兵器技術だったのか。戦前の国家神道・靖国参拝派の核武装論者からすると、ソ連崩壊は確かに好機到来だったろう。


 領土問題を離れた「死の商人」外交だと、武器製造の技術者や武器設計図に関心が移るのだろうか。核武装論者は中曽根康弘だけではない。岸信介・福田赳夫の清和会も。いま若手の自民党議員の中に、核武装論者が増えてきているという最新情報も届いたばかりの、危ない日本である。


 モスクワでオウムが立ち上げた「日本大学」を洗うと、島津レポートの核心に触れられるかもしれない。   


<安倍・笹川の別荘近くの上一色村のオウムのサリン工場!?>

 地下鉄サリン事件を遠い昔のことだと考えがちな日本人は、それでも山梨県の上一色村のオウムの本拠地が、安倍のスポンサーの笹川・日本財団の、広大過ぎる「領地」の中か、そばに存在した不思議である。


 同じく安倍晋太郎・晋三父子の別荘も。最近、加計孝太郎の別荘もあるとも聞いた。ここで笹川・安倍・森喜朗・小泉純一郎らが、ゴルフに興じた後、祝杯を挙げる映像が、不敵にもネットに流れていたことも、記憶に残っている。不気味な密会の場所である。


 あたかもオウムの拠点を守護してきたという地形に驚く。オウム事件捜査の生ぬるさの原因だったろう。


<死刑囚一斉執行(上川陽子法相疑惑)は証拠を消滅するためだった!>

 そうしてみると、安倍が何度も法務検察の頂点に、宏池会の上川陽子を起用した疑惑も判明しよう。

 用済み人間は抹殺しろ、といわぬばかりに、オウムの無謀すぎる要人テロ・無差別テロを、社会党内閣の村山富市首相のもとで、断端不敵に繰り広げられたことも、辻褄が合うのではないだろうか。その先の死刑判決を急いで、真実を隠ぺいさせるために7人を一斉に処刑して、重大な証拠の山を消してしまった!違うだろうか。


 死刑執行を決めた当日の夜、確か安倍と上川が祝杯を挙げる映像がネットに流れたが、なるほどと理解できる。


 安倍を無知蒙昧の徒とさげすんできた御仁は多い。しかし、度外れたクーデターまがいのことをやってのける度胸は、岸譲りであろう。NHKを手玉に取った手口など容易なことなのだ。


 坂本一家殺害事件など沢山の人々の命を奪ったオウム真理教という殺人教団を操った黒幕が、今も生きている!!許されていいわけがない。林検察の奮起を強く、強く求めたい。


<以下のURLをじっくり読んでいくと真実が見えてくる!>

http://greatcentralsun.racms.jp/js23kkhr/


東京地下鉄ガス攻撃は安倍の最初の攻撃であった By Yoichi Shimatsu 3-19-15

二万人の通勤客を倒した東京地下鉄のガス攻撃から3時間以内に、我々の報告チームは、オウム真理教カルト内に植え付けられたテロリスト細胞に対する国家スポンサーシップから国民の注目をそらすために、ニュースメディアを操作して検閲していたことに気付いた。 検閲と偽情報への公開的挑戦において、私たち調査ジャーナリストは、日本語雑誌・宝島30誌と協力して、その新仏教宗派内の秘密エージェントに資金を提供し指揮した重要な政治家を曝露した。 そのオウムのスポンサーの目的は、大量破壊兵器を日本に内密に貯蔵保有するために、ソ連崩壊後のロシアとウクライナから、神経ガス、核弾頭、弾道ミサイルを入手することだった。

語られざる話は、その地下鉄攻撃が、自民党と公明党の強力な連合の中の新軍国主義派によるクーデターの試みの一部であったことである。

その後退的なクーデターはいくつかの理由で失敗した。新軍国政治家、ヤクザ、防衛企業、そして原子力産業の暗い同盟

これらの逃亡者の中には、武器商人の早川喜久士とオウムの「科学大臣」村井秀夫の指導者を務めた安倍晋三という名の大量破壊兵器の専門家がいた。

首都での殺人と騒乱の責任を担う大犯罪者が、復権でき、首相に2回選ばれたことは、日本の
検察官、裁判所、そしてマスコミが憲法を守り、公共の安全を守ることができなかったことを
証明するものである。 悪は断じて消えていない; それは根絶されなければならない、さもなけ
れば我々はすべて破壊に直面するだろう。それは地下鉄ガス攻撃の教訓であり、福島のメルト
ダウンの教訓である。 一般に知られていないこの2つの出来事は表裏一体である。

<安倍晋三よ、以上の重大疑惑に反論せよ!しっかりと紹介したい>


2021年9月13日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)

↑このページのトップヘ