安倍―200点外交<本澤二郎の「日本の風景」(4001)

<トランプのポチ=膨大な武器弾薬を買わされマイナス200点>

 「NHKが支えた安倍晋三内閣」の成果というと、幸福度だけでなく、内外政で日本を沈没させてしまったことであろう。日本会議という右翼・宗教カルトが災いをもたらしたものであろうが、亀井静香などは「アメリカのポチ」と分析した。「日本はアメリカの属国」と指摘する向きも少なくない。


 ポチは、ひたすら武器弾薬を買いこんで、ワシントンの死の商人に誉められた。国が疲弊した時は、真っ先に武器弾薬を放棄するしかないのだが、安倍・自公の宗教カルト政治は、その逆を貫いて、日本を地獄へ真っ逆さまに突き落とした。


 採点すると、マイナス200点が相当であろう。


<100歩後退したプーチンとのロシア外交もマイナス200点>

 安倍とプーチンとの会談は、27回にも及んだが、其の結果、一歩も前進しなかった。猫がじゃれついた姿を見せつけられた、北海道の元島民も泣くに泣けないだろう。それどころか200歩も後退してしまった。

 「さすがは安倍の小僧だ。プーチンに手玉に取られただけだった」となる。


 北方領土返還されるはずの島に、ロシア軍は軍事基地を建設した。日米軍を監視する任務を始めたし、ロシア憲法で領土の割譲禁止を明文化した。プーチン体制が続く限り、その後継者が政権を担当する限り、平和条約交渉は実現しない。共犯者は鈴木宗男や佐藤優か。


 これまたマイナス200点であろう。


<中国包囲網構築に60兆円の血税ばらまき=マイナス200点>

 安倍は、台湾の元総統・李登輝の弟子である。日本会議とも一体だ。安倍の実弟・岸信夫は、今の蔡英文と親しい。


 それかあらぬか、安倍の対中封じ込め外交は、中国の周辺国に金をバラまくという金銭外交を、かなり徹底的に敢行した。その額は総額60兆円である。社民党の福島瑞穂が、国会追及で明らかにさせた。


 いうなれば、それまでの自民党リベラルの、日中友好外交を封じ込めたことになる。ワシントンの反共勢力に、恭しく塩を贈ったものである。過去の冷戦構造下の手段を、大胆に貫徹したものだ。

 憲法の国際協調主義に反するもので、これまたマイナス200点だろう。お話にならない。追随した公明党創価学会も、北京の信頼を裏切ってしまった。


 安倍・国家主義のなれの果てか。ルーツはA級戦犯の岸信介である。戦前の価値観を、21世紀日本の政治に悪用したもので、到底納得することができない。これまた採点すると、マイナス200点であろう。 


<拉致・北朝鮮外交は改憲目当ての緊張づくりでマイナス200点>

 もういい加減にしてもらいたい。拉致被害者の会の無能無策ぶりについてだ。


 安倍・自公外交の拉致問題対策は、拉致被害者を日本に連れ戻すためと装いながら、実際はその反対だった。北朝鮮脅威論を内外に発信することで、東アジアに緊張をまき散らすことによる、無知な国民をナショナリズムの渦に巻き込むことだった。


 国内に改憲軍拡派を生み出すことだった。外交というよりも、謀略陰謀の類である。それに唯々諾々と従った家族会にも、責任が課されるだろう。マイナス200点である。


<歴史認識で寝た子を起こした日韓外交はマイナス200点>

 日韓関係は、村山・河野談話で決着を見ていたのだが、それを破壊して寝た子を起こした安倍・ナショナリスト外交だった。右翼の新聞やテレビ・雑誌を 

動員して、いまも攻勢をかけている。


 半島の人たちを傷つかせた深い傷口に塩を強く摺りこませてもので、戦後最悪の状態に追い込んでしまった。A級戦犯の孫の真骨頂であろう。半島におけるルーツの怨念闘争なのか。


 このことで匙を投げてしまったワシントンである。東アジアの同盟関係崩壊に怯えているが、元凶は安倍・日本会議の悪しき成果である。朝鮮半島に打ち込んだ深い毒矢を引き抜けるか?ほぼ絶望的である。

 本格的な護憲リベラル政権が誕生するまで、隣国との関係は正常化することはない。安倍は万死に値しよう。マイナス200点外交の極め付きだろう。

 


<台湾防衛でトランプと密約したインド太平洋戦略はマイナス500点>

 トランプを敗北させた元凶は、コロナである。バイデンはかろうじて勝利した。ワシントンの右翼とリベラルの戦いの熾烈化は、あたかも日本の戦前右翼と護憲リベラルの闘争に似ている。ただし、ワシントンの救いは、言論界にリベラルの風土が存在している。日本よりはましであろう。


 選挙敗北で、トランプは安倍との恐ろしい密約を暴露した。彼は武器弾薬を購入する安倍の、言いなりのアジア外交にのめり込んでいたのだ。安倍・トランプ密約は、軍事的に台湾防衛をするという、途方もない恐ろしい危険極まりない密約だった。


 安倍が、ことほど台湾にのめり込んでいたか、衝撃を受けるばかりだが、この危険極まりない密約について、議会も司法も沈黙している。トランプ失脚で救われたようなものだが、改めて安倍の国粋主義外交の、想定もできない危険度を証明したものである。国家主義政権は百害あって一利なしだ。


 なぜか野党まで及び腰だ。安倍の国会喚問は不可欠である。主権者である国民がまったく知らない、外交上の密約がいとも簡単に実現する!これほど恐ろしい外交が、21世紀の平和憲法下で行われたことに、日本の新聞テレビは全く報道していない。


 マイナス500点だ。安倍を島流しにすべきだ、との声もささやかれてきている。


<国家主義・日本会議の外交は世界の物笑い>

 ざっと安倍・日本会議・自公の外交を俯瞰すると、零点どころかマイナスである。成果は一つもない。


 日本に外交といえるものは、何一つないことが分かる。恐ろしい日本を露呈していることに、主権者は身構えなければなるまい。世界の物笑いで済ませる話ではない。


 安倍・日本会議を徹底分析する必要があろう。二度と繰り返さないために。日本の外務省を清和会OBなどは「御殿女中」と揶揄している。友人が秋葉事務次官をどやしつけた話も入ってきたが、彼は抗議に沈黙するだけだった。外務省に外交はない。高給で、酒浸りの日々を送っているだけなのだろうか。

2021年2月21日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

内務官僚の終焉<本澤二郎の「日本の風景」(4000)

<渡辺一太郎氏に人生をかけた石井正子さん逝く!>

 最近になって、ようやく携帯電話のSMSで連絡を取ることが出来るようになった。つながった相手の一人から「石井さんが亡くなった」という意外な知らせに愕然。彼女はまだ若い。場所が千葉県船橋市だ。コロナか?と不安が頭をよぎる。彼女は、戦前の内務官僚・渡辺一太郎さんの秘書になって、結婚もしないで、人生のすべてをかけた。灘尾広吉を筆頭に中曽根康弘や町村金吾・後藤田正晴・秦野章・奥野誠亮・古井喜美らがよく知られている内務官僚出身政治家だ。戦後政治においても、保守党内で特異な戦前派の世界を死守していた。


 国民の人権に対して、猛然と襲い掛かった治安の内務省ゆえに、敗戦後に廃止されたが、それでも戦前のエリート官僚たちは、不死鳥のごとく戦後も官界の元王者として結束、その多くが政界入りした。石井さんを通しての会話から、内務官僚が与党を中心に集結、戦後も結束を図り、定期的に会合をもって、水面下で大きな政治力を行使していたことを知った。国民は全く知りようがなかったが、彼らが靖国の国家護持(国家神道)や教育勅語、はたまた元号や日の丸・国旗や改憲軍拡に主導的な役割を果たしてきた。

 彼らの政治後輩たちが、森喜朗・小泉純一郎・安倍晋三らだ。

 右翼の牙城といってもいい。


 灘尾を中心に台湾との関係も深く、政権与党の右翼勢力をまとめ上げてもいた。奥野もその方面のリーダー格だった。いわゆる戦前の国家主義下、その実行部隊として国民生活にも関与、特に自由主義者や共産主義者の監視や拘束に異常な力を発揮、人々に恐れられていた。


<ハマコー逮捕に情熱を傾けた気骨のある内務官僚>

 渡辺さんとの交流は、彼が参院議員時代に、問題の元号法の制定について、特別委員会の委員長をしていたことからである。そこで秘書の石井さんとも。


 彼の千葉県警本部長時代は、やくざ県議のハマコー逮捕に情熱を傾けた、と本人から聞かされて、俄然親しくなった。「田中さんに近づいてきた時は、危ないから接触するな、と本人に注意した」というやくざ追放の正義心に感心させられたものだ。昨今、やくざとつるんでいる政治屋が多いと聞く。第一、ハマコーの倅でさえも、公明党創価学会の支援を受けてバッジをつけている。清和会OBは「ハマコーの運転手も今、千葉県選出の参院議員だ」と指摘、ことほど千葉県はやくざ跋扈の風土なのだ。


 やくざ強姦魔に殺害された美人栄養士は、木更津市の住人である。千葉県警・木更津署は、この殺人事件に対して捜査をする気配を見せない。「公明党創価学会の圧力」との疑惑も浮上している。さらには「菅義偉の子分のような創価学会副会長が60歳定年を理由に更迭されたが、この殺人事件でも、背後で彼が糸を引いていた可能性を否定できない」とする見方も浮上している。


<日中友好の古井・護憲リベラルの後藤田>

 内務官僚もそれぞれ個性がある。中国嫌いの台湾派が大方の相場だが、古井喜美は違った。日中国交正常化の立て役者・大平正芳の手足となって汗をかいた人物は、鳥取県の古井喜美だ。


 中国外交部きっての日本通の肖向前さんは、古井から大平の知られざる苦闘の歴史を知った。以来、彼は「大平さんが日本を代表する国際政治家」と筆者に何度も語った。大平の活躍を、中国外交部の日本通から学んだというのも情けない。


 後藤田正晴は、田中の指示を受けて中曽根内閣の官房長官に就任したが、筆者もメンバーだった在京政治部長会が、中曽根後藤田の二人を向島の料亭に招いたとき、後者に「首相を目指してはどうか」と水を向けてみた。「もう年齢が許さんよ」といって手を左右に振った。彼の真骨頂は「わしの目が黒い間、決して中曽根改憲は許さない」と内務省先輩として中曽根にドスを突き付けて、けん制したものだ。彼は平和軍縮派・宇都宮徳馬さんの旧制水戸高の後輩である。


<中曽根の金庫番について教えてくれた渡辺秘書>

 金庫番というと、決まって女性である。理由は「裏切らない」ためであるという。永田町の有名人は佐藤昭さんだ。田中角栄の金庫番で知られた。


 中曽根にも金庫番がいた。むろん、女性である。普通の中曽根取材をしていると、彼女に出くわすことはない。普段は男性の上和田が秘書連の総大将だったが、一枚めくらないと、彼女の存在は見えなかった。


 だが、石井さんは内務官僚政治家の関係で、彼女の友達だった。国会議員が元内務官僚同士だったからだ。「私も昭さんのようになって見せる」と豪語していたという。石井伝聞である。政治家と金庫番は、体も心も一体なのである。


 佐藤昭さんとは、高鳥修代議士の紹介で一度会ったことがある。確かにやり手の金庫番だ。残念ながら中曽根の金庫番に会う機会はなかった。今どうしているだろうか。元気なら石井正子葬儀に顔を出したはずである。一昨年亡くなった中曽根は、金庫番に何を相続したものか。多少は興味がある。


<渡辺氏の一大成果「天皇は朝鮮族」の遺言!>

 日本敗戦の大混乱の時期、渡辺さんは天皇が参詣する伊勢神宮のある、三重県の警察本部長に就任した。そこで、彼は重大な事実を見つけた。彼の人生最大の成果であろう。しかし、それを誰にも言い出すことが出来なかった。


 彼は歴史の証言者として、親しいジャーナリストの筆者に託した。いわば遺言である。

 「天皇は朝鮮族である」と当時は驚愕するような証言した。さすがの新聞記者も度肝を抜かれてしまった。


 いまでこそ岸信介や安倍晋太郎、晋三や小泉純一郎など清和会には、朝鮮半島をルーツにする政界関係者は、少なくないことが分かってきている。彼らは、密かに政界への階段を用意している?そうだとしても「天皇家も」となると、心穏やかではない右翼は少なくない。が記者が記事にしようとしても、会社が許すはずもない。戦前の雰囲気が今も継承されているような天皇報道である。


 渡辺の説明では、毎日のように伊勢神宮の内部に分け入って、多くの資料その他を調べつくした結論である、といって胸を張った。当分の間は、伊勢神宮の秘密をつかんだ最初で最後の人物なのだ。

 歴史家が証明する時が、必ず来るだろうが、それがいつなのか? 


<「ツウサンを帰化させて」に前田勲男法相に直訴=彼女への返礼>

 内務官僚政治家秘書から、一度重い陳情を引き受けさせられてしまった。彼女の知り合いの中国人留学生・ツウサンを「帰化させてほしい」という途方もない用件である。だいたい帰化などということも理解できない政治記者だったのだから。


 しかし、渡辺さんの秘書からである。幸運なことに、当時の法相はよく知る前田勲男さんだ。ともあれ直訴してみた。まるで奇跡が起こったかのように、スイスイと帰化できた。


<「日中平和交流21」の南京盧溝橋平和行脚実現に貢献>

 もう20年以上前のことである。そのころ日中友好活動を活発化させていた。日中平和友好21なる形だけの組織を立ち上げ、ここを基盤に中国への友好訪問を始めようとしていた。

 ツウサンの中国大使館や旅行社の人脈を、存分に利用させてもらった。1995年の戦後50年、南京と盧溝橋へと50人を引率、平和行脚を敢行した。ツウサン夫妻が事務局を引き受けてくれた。


 朝日新聞千葉版の記者が取材、大きく記事にしてくれた。おかげで大学教授・高校歴史教師らのほか、宇都宮徳馬秘書(現在太田区長)・亀田病院事務長・農協職員・JR職員・家庭の主婦なども。

 実は、この時にやくざ強姦魔に殺害された戦争遺児もいた。彼女は次女とその恋人も同行させた。戦後50年記念の南京・盧溝橋の旅は見事成功した。


<新疆ウイグル自治区への観光実現=千葉県警幹部夫人同行>

 ツウサンには、もう人肌脱いでもらった。石井秘書が、旅先としては安全とは言えなかった中国西方のシルクロード方面の新疆ウイグル地区の旅を計画したのだ。


 この度には、渡辺さんの配下のような千葉県警幹部の夫人連が多く参加した。水口・唐鎌両氏夫人が、石井さんに従った。旅先でバスを止めて、山のようなおいしいハミグワを食べたことが忘れられない。


 その後、何度も北京で新疆のウリを食べたが、旅行先の熟れた味を見つけることはない。

 その後、ほぼ20年ほど石井さんとは、音信不通が続いた。 「石井死去」を知らせてくれたのは、いくつか千葉県警の署長を歴任して、第二の人生を歩んでいる唐鎌さんだった。


 書き終わってみると、途中から夢を見ているような、内務省のことと、渡辺さんの天皇朝鮮族証言、石井さんとの日中交流話になった。とはいえ人生は無情なり!

2021年2月20日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

創価学会の野原善正氏除名に驚愕!<本澤二郎の「日本の風景」(3999)

<建設的批判=団結を乱した?=除名=民主主義否定のカルト教団!?>

 先に公明党エリートの遠山事件発覚に際して、野原善正氏の寄稿文を掲載すると、列島からの反響の大きさに驚かされた。その寄稿文で、彼が既に創価学会を除名されていたことが判明し、新たな波紋を広げている。


 除名に正当性はあるのかどうか。大分怪しい。誰もが納得できる説明がなされていない。要するに、公明党創価学会は内部批判を禁じる反民主主義の政党と教団といえなくもない。


 現に彼が、師と仰ぐ池田氏の思いを爆発させた勇気に、学会員ではない国民から強く評価されている。また、木更津市学会員やくざに殺害された、泉下の戦争遺児も、野原活躍を喜んでいてくれている、と思いたい。それでいて大義のない「まさか」の除名処分について、野原氏に除名の経緯を説明するように、再度コメントを要請した。以下に彼のコメントが寄せられたので、そっくり掲載することにした。


<沖縄本部の除名ありきのお粗末審査会・野原氏二度目の寄稿掲載>

除名の顛末

最初、通知書が自宅に届いたのが令和2918日の日付の書類で翌日の19日でした。内容は、107日に審査会を催すので那覇市の創価学会沖縄本部まで出向くようにとのことでした。初めから除名有りきの結論は決まり切ったものだと思いました。彼らにとって、席を残したままだと内部告発ということになり、対応しにくいと考えたのでしょう。急ぎ除名しようとしたに相違ありません。たまたま、審査会が行われる前日に体調不良だったので、その旨を沖縄本部に連絡し、審査会の期日を伸ばしてもらうしかなかった。結果的に、4回目の審査会の期日を通知する書類が届くものと思っていたら、審査会は行わず、私の意見を述べた書面を提出する旨の通知が届きました。通知提出の締め切り期日の前日に、書面が出せない旨、本部に電話しました。その後、10日程経過して、一方的に除名決定通知書が郵送されてきました。初めから決めていたことだと思います。除名理由に、東京での参院選の際の、私の真実の叫びについては、一切触れていません。


<内部批判を許さない強権教団を露呈した創価学会?>

 1月12日付けの野原除名決定通知書コピーを拝見すると、沖縄県本部の「創価学会沖縄県審査会」なる組織が存在するという、そこでの決定を審査委員長の池間俊彦名で郵送されてきた。


 除名理由は「創価学会批判」を繰り返した、それも「除名された者らが」主催した座談会(平成29年5月27日)での野原発言に非があると一方的に決めつける。そこでの発言の趣旨を、かなり詳しく紹介している所からすると、沖縄県本部は自由で開かれた集会に、まるで公安警察のようにスパイを送り込んで、録音までさせていたことが分かる。

 「日本共産党委員長盗聴事件を彷彿とさせる」との声も。ついで平成30年9月下旬の野原ツイッターでの批判なども問題だと切り込んでいる。野原ネットも完ぺきに掌握していた。言論・表現の自由に抵触しないのか。


 不思議なことは、2019年7月の参院選東京選挙区で、野原氏が21万票を得票したさいの、信濃町駅頭などでの公明党創価学会執行部批判は、無視して全く取り上げていない。これは不思議なことである。これを取り上げると、除名処分対象者が数万、数十万人に膨れ上がるためなのか?それとも会員の政治的自由を拘束する、違憲の政党教団とみなされるためか。


 解せないことは、野原氏は池田氏の教えをドブに捨てた、公明党創価学会執行部を裏切り集団だと批判、それは真の弟子の使命だとしている。そうではない、という証拠と理由を示すことが、信濃町にとって不可欠だ。そうではないための、最初から除名在りきの審査会だったことになろう。


 安倍・日本会議・国粋主義と池田主義の大きすぎる乖離が、学会員のみならず国民の批判である。これについての、主役の太田ショウコウ・ナツオ・原田らの反論が、いまだにゼロというのでは、お話にならない。


 もはや公明党創価学会執行部は、池田氏が公約した「大衆の味方」の原則的立場を放棄してしまった、そこを野原氏や戦争遺児らは、強く警鐘を鳴らしてきている。これは組織人間として、建設的な真っ当な主張であろう。

 

<池田大作氏の長男が婦人部の支援受けて執行部批判の声を上げた!>

https://www.facebook.com/100003846646238/posts/1877848322353371/?sfnsn=mo 


 筆者の耳にも届いているが、池田家の長男が以上の事柄などで、会長の原田ら執行部と激突しているという。どうやら本当なのだ。学会婦人部の怒りを、池田家が受け止めている証拠であろう。


 小沢一郎と近い政治評論家が、このことについての極秘情報を、初めて明かして話題になっている。


<信濃町が期待をかける菅義偉も不正腐敗が次々と>

 ご存知、公明党創価学会執行部と安倍・菅の深い関係は、知る人ぞ知る、である。最近、菅関連の不祥事が次々と露見して、国会審議を混乱させている。


 広島の1・5億円事件では、公明党創価学会執行部も無縁ではないはずだ。河井夫妻が口を開くと、事態は大きく展開する。信濃町は、このことを一番恐れている。「腐敗まみれは、信濃町にも確実に伝染している」と事情通は厳しく指摘している。「菅のパイプ役の佐藤の首を切ったことと関係があるのではないか」「木更津市のやくざ強姦魔捜査にブレーキをかけた関係者なのか」との憶測が浮上している。


 他方で、野に放たれた野原善正氏ら創価学会除名組による、池田裏切り集団と化した公明党創価学会執行部への批判追及は、今後とも目が離せないようだ。自公の暴政は、必ずや陽の目を見ることになろうか。

2021年2月19日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

<学会票を自由自在・やり手の佐藤更迭=菅・自公に打撃=日刊ゲンダイ>

http://www.asyura2.com/21/senkyo279/msg/226.html

<コロナだけではない・菅事件も次々と>

首相は「事務所に確認したところ、個人献金として(同社幹部の)植村伴次郎氏から20129月に100万円、同12月に50万円。(同社幹部の)植村徹氏から1412月に100万円、1710月に100万円、1810月に50万円。全額で500万円であります。121417年は衆院を解散する総選挙の時であり、選挙の見舞いということだと思う」と答弁した。 (朝日)

↑このページのトップヘ