本澤二郎の「日本の風景」(5216)

<恐ろしや「沈黙の共謀」=米国借金そして日本も>

米国CNNが世界各国の借金について「沈黙の共謀」という見出しで警鐘を鳴らした。現在の地球に真っ当な政治指導者不在を指摘している。同じことを日本も、特にアベノミクスで天文学的な借金を積み重ねてきた。「みんなで渡れば怖くない」で済めばいいが、借金が消えることはない。

米国のドル暴落も予想される。IMF(国際通貨基金)もアメリカの慢性的な財政赤字に警告した。日本ではいまでも一部の専門家や安倍・清和会議員が「財政法4条」の縛りを外せ、という頓珍漢な追及をしている。YouTubeでは「どんどん国債を発行して軍備を強化せよ」と言わぬばかりの暴論が、議会で起きていることをYouTubeで確認して、愕然としたばかりである。


財政法4条の「借金は悪」は、戦争を食い止める非戦の憲法9条の財政版・カンヌキである。時代を読める政治家は日本にもいない。安倍的な極右の政治屋と好戦派言論に任せると、第二第三の黒田東彦や植田和夫の日本銀行によって、日本は滅びゆくしかない。


<安倍・清和会は戦争準備に財政法4条攻撃>

英国では14年ぶりに政権交代が起きた。仏では極右が跋扈してマクロン政権を揺さぶっている。戦争は犯罪である。バイデンもプーチン・ゼレンスキーも人類が生きるために退場させねばならない。戦争は許されない。財閥のカネもうけなどに協力していいのか。バイデンの米国ドルも危うい。もはやドル体制で世界を牛耳る時代ではなくなった。日本も米国債を投げ売りするほかない。


最近の米国の衰退は、大都市の惨状が無残すぎて励ます言葉もない。岸田文雄の43兆円戦争準備に国賓待遇で感謝されても、肝心の日本の国民生活が貧困であえいでいる。

厚労省の調査でさえも、6割の国民が「生活が苦しい」と答えている。岸田内閣支持率10%台に落ち込んでいて当然であろう。

戦争に突っ込もうとしているような悪魔政権を支持する国民は、1%の財閥・死の商人くらいであろう。

どこの国もワシントンを見習って自国通貨を乱発することで、経済を底上げしようとして、結局のところ、財政破綻にきりきり舞いして沈没寸前である。財政家はいないのか!


<鈴木俊一財務相に決起を促す>

歯止めのない国債乱発で財政を破綻させる清和会政治を継承する岸田も、岸田後を狙う「政治家失格の首相候補」にも期待など持てない。同じムジナばかりの自民党と公明党の連立内閣では、この国はつぶれる。

だいたい年金基金一つとっても危うい。政治屋はいうまでもなく、骨のある官僚は、安倍と菅の体制の下で、霞が関の官僚も自信を喪失して人材不在だ。健全な財政家は財務省にもいない。学者にもいない。このまま座して死を待つのみか?

幸い、Nという戦争屋の安倍側近の追及に対して、鈴木俊一財務相は「財政法4条」を死守する姿勢を見せていることに気付いた。「さすがゼンコウさんの息子だ」との小さな声が聞こえてきた。


大勢はしかし、安倍晋三と公明の太田・山口による悪魔の戦争体制構築に対して、真っ当な言論が存在しなかった日本に変化はない。いまは自衛隊の戦争が、米軍の指揮の下で具体化しかねない。日米同盟軍など論外である。「自衛隊死ね」でいいのか。

対して海上自衛隊幹部らは「靖国神社参拝」という国際的に許されない極端な行動で、国民に警鐘を鳴らしている?「戦争国家日本でいいのか」というメッセージかもしれない。43兆円に対する抵抗であるのであれば、評価したいのだが。


<財政法4条死守する内閣が時代の要請=野党は大丈夫か>

戦争の片方に肩入れする岸田は、日本の首相として失格である。だが好戦派の石破や高市だともっと危険である。ワシントンの犬である小泉進次郎しかりだ。

自公に政治家はいない。財政法4条を死守する政権が、今何よりも重要である。「沈黙の共謀」を排除して、平和を求める世論の喚起を切実に期待したい。目を覚ませ!

2024年7月6日記(茅野村の憲法仙人・日本記者クラブ会員・政治評論家)


沈黙の共謀を排除せよ!米CNN報道

ロンドン(CNN) 各国政府は前例のない91兆ドル(約1京4700兆円)の負債を抱えている。これは世界経済にほぼ匹敵する規模で、最終的には国民に甚大な負担を強いることになる。債務負担は新型コロナのパンデミック(世界的大流行)のコストもあって膨れ上がり、米国を含む裕このkな経済圏でさえ生活水準に対する脅威は増している。

一方で、世界中で選挙が行われている今年、政治家たちはこの問題をおおむね無視し、巨額の借り入れに対処するための増税や歳出削減について有権者に率直に話そうとはしていない。場合によっては、少なくともインフレを再燃させ、新たな金融危機を引き起こす可能性のある浪費を公約してさえいる。国際通貨基金(IMF)は先週、米国の「慢性的な財政赤字」は「早急に対処」しなければならないと改めて警鐘を鳴らした。投資家は、長期にわたる米政府の財政状況について長らく不安を抱いてきた。


本澤二郎の「日本の風景」(5215)

<本末転倒=亡国の東京都知事選>

2024年7月7日は、首都・東京の代表を選ぶ投開票日である。現職の3選を目指す小池百合子が逃げ切ると見られている。「経歴詐称」「カイロ大学首席」と公然と嘘をついてのし上がった小池を、「緑の狸」と不名誉な評価を得ても、自公や連合など組織票が全面協力しているからだ。


最近まで凡人は「女性は優しく平和的で争いを好まない」と思い込んできたのだが、さにあらず政治権力に手を出す女性の多くが、持てる武器を駆使して獰猛な男たちを利用して、栄冠を手にする亡国の輩という考え方に変わった。特に小池がその先頭を走っている。

その点で、安倍側近の高市早苗などは後塵を排して問題にならない。彼女らのほとんどが極右の看板と支持を手にしている。歴史認識が零点だから、健全な支持者は少ない。


多数国民は、右翼も左翼もあまり好きではない。中道リベラル派が多数で、概して無党派層を形成している。バランス感覚に優れている。極端を嫌う憲法人間が少なくない。ただし、一番の課題は学校教育で近代史を教えない、憲法を教えないため、民主主義の基本知識が不足している。過去に香川県の労働組合が、憲法についての勉強会を開いていたが、これを全国的に普及することが望ましい。

ともあれ、経歴詐称知事を支援する政党や団体は、嘘や騙すことを当たり前に受け入れている。悲劇の証拠を提供している。本末転倒選挙だと断じたい。


<「政治にうそ」を誇示する神道・自民+創価・公明の前途>

政治家や政党は、国民に対して「約束事」を訴えて、支持を獲得するのだが、今回の都知事選では「嘘は当たり前」という風潮をはびこらせる最悪の公人選びだ。

そこに我も我もと56人の候補者が手を上げて、混乱に輪をかけて、結局のところは、現職の経歴詐称候補を3選させようとしている、と筆者の目に映る。

「官邸と信濃町の狐がタヌキを総力を挙げて応援している」と巷では揶揄されている。日本の選挙は、失礼ながら憲法を知らない人たちによって政教一致の闘いが繰り広げられている。自公体制の本質は、神道・統一教会の自民党と、創価学会の公明党が連合を組んで、権力をほしいままにしてきた。

これからどうなるか?との見通しを提供する大事な選挙のはずだが、実態は裸体ポスターや姿さえ見せない候補者の乱立で、経歴詐称知事の3選に新聞テレビも走っている。


<信濃町の知られざる秘事がネットにガンガン浮上>

パソコン素人人間は、油断していると、特定のネット情報の嵐に吹きとばされそうになる。マイクロソフトといった情報提供ネット企業による情報操作に呑み込まれる危険性が、ツネに付きまとっているようなのだ。


正直なところ、公明党創価学会の「戦争加担」「自民右翼化」の事実から、自民党による戦争体制化爆走について、憲法人間として座視することができないため、信濃町批判を時々してきた。すると不思議なことにYouTubeに、やたらと信濃町関連の怪情報から宣伝動画まで山のように出てくる。

自民党派閥記者20年の凡人ジャーナリストにも、驚愕させられる秘事まで飛び出してくるではないか。池田死去のさいの創価学会と池田家の確執から、信濃町の内側の攻防戦を当事者が明かしている動画まで。統一教会の内部は今も秘匿されているが、池田亡き後の信濃町の混乱のすごさに驚く。


悲しいかな、憲法が命じる「政教分離」論について、それがないのが不思議である。宗教の恐ろしさを改めて印象付けていることだけは、確かなことである。これが自発的なものか、それとも信濃町解体を狙う第三者の野望なのか。いえることは、戦争勢力となった宗教政党は、この日本においては不要である。


<嘘は泥棒の始まり=笹川ギャンブル財団との深い仲>

YouTubeから得た貴重な情報の一つが、公明党創価学会と笹川ギャンブル財団の不可解な闇のことだ。なぜ公明党議員が、自民党内閣の下で国交相に就任するのか?その謎が少し見えてきた。

安倍の下で国交相を歴任し、安倍の戦争体制を創り上げることに専念した太田昭宏と山口那津男と創価学会の原田や谷川。御存知、国交省の巨大利権の競艇を、なぜ笹川に独占させているのか!

背後の暴力組織が、創価学会とやくざ暴力団の闇と関係があるのかないのか?まだ誰も指摘していないすごい闇だ!


<二階側近の林幹雄とやくざ利権も話題>

余談だが、林大幹の倅の幹雄は、二階俊博の側近で有名だ。よろつく二階のボディガードもしてきたのだが、彼は最近非公開の金集めの集会を開いて、自民党千葉県連を驚かせた。

その関連で「林は成田空港関連の道路利権にやくざと一緒に関係していた。後継者にしたい息子の県議は、やくざの女を二号にして水商売している」という話が、元自民党秘書会ルートから飛び込んできた。

一見して真面目そうな林大幹を知っているが、息子も孫もやくざと一緒に利権あさり?これには木更津市で活躍した浜田幸一も驚いているに違いない。


<嘘つき経歴詐称知事に賭ける1000万都民のすごさ>

話を戻す。創価学会と神道と統一教会の集票に興味が集まっている。神道・神社本庁の内紛もすごいらしい。統一教会も教団解散目前である。都知事選の投票率の行方も注目される?

1000万都民の4年間の変化は、アベノミクス円激安で誰も予想できないほど大きい。三井財閥と手を組む小池の動向も気になる。千葉県の東京湾埋め立て利権を一手に握り、その勢いで新宿副都心を創り上げた三井に都政を委ねる?

大阪府民も駄目だったが、東京都民も期待できないのか?

2024年7月5日記(茅野村の仙人・日本記者クラブ会員)


https://is.gd/cyRPcX

https://youtu.be/YYLSN_kJDH4

https://www.youtube.com/watch?v=6JM6tFgdHVY&t=206s

https://youtu.be/j-n__LaULpY

https://youtu.be/jCL9Q64kL3Q?si=QSqI7-hxYoLYA3hr


本澤二郎の「日本の風景」(5214)

<陣場台(袖ヶ浦市)の大悲劇=市も千葉県もそっぽ!>

木更津市の産廃業者・ワコーエコテックが、袖ヶ浦市の風光明媚な水源地・陣場台の谷に、白い粉や東電フクシマ核汚染ごみなどを不法投棄を始めたのは2013年(平成25年)のころから。住民の調査で分かっている。その周辺の13戸の住人から2017年以降3人が死亡するなど、がん患者が多発している。林・高谷地区の対策委員会の調査で判明したので、本ブログで改めて記述する。

健康問題を秘匿するのは、政治家だけではない。一般の家庭でも同様である。医療事故で泣かされ続けた我が家も同じだった。第三者が土足で入り込んで、調査しようとしても無理である。

したがって、陣場台のガン多発の実情は、地元地区による時間をかけた調査であって、役所の調査を上回る正確なものであろう。


だが、袖ヶ浦市も千葉県も具体的な調査をしない。新聞テレビも行政任せ。重大な犯罪事件(木更津レイプ殺人事件など)でも、警察が捜査を始めないと、新聞テレビは報道しない。日本の言論の自由の劣化は、凡人ジャーナリストの目からも著しくひどい。毎日ブログ発信する理由だ。「赤信号、みんなで渡れば怖くない」ということか。コロナワクチン死も同様である。

「民主主義が根底から壊れている日本を象徴している」と断罪したい。


<核汚染ごみと白い粉無法投棄現場から100メートルの距離>

人間の命を無視する恐ろしい産廃業者は、いったんは地元の対策委員会と30メートルほど積み上げられた盛り土の内部調査を約束したが、コロナを口実に逃げて調査しない。結果からすると、白い粉(住民はアスベストと決めつけている)や放射能ごみの不法投棄を容認したことになるだろう。


それでも憲法が明文化している「住民自治」を、地元民が口にしている「やくざ系の市と県の首長」はまともに対応しない。しかも、なぜか全ての政党・市議も逃げまどって、住民の大悲劇に目を向けない。そもそも房総半島の地方議会には、当たり前の議会運営さえ存在しない。いうなれば「血税泥棒」ばかりなのだ。

袖ヶ浦市と木更津市の議会を傍聴して確認したが、君津市もほぼ同様で「市長もろくろく答弁できないお飾り」との指摘を受けた。

永田町では丁々発止の委員会審議が普通だが、地方議会は昔から死んでいるのである。首長・議員・公務員は「税金泥棒」と言われても仕方ないのだろう。脅威である。


いい歳をして、こんな記事を書かされる方も悲しくて泣けてくる。無知は犯罪である。13戸の住宅は、ほぼ100メートルの東側の周囲に点在している。すぐそばの大規模な養鶏場は大丈夫だろうか。最近気になっている身障者施設「柊の里」や首都圏行楽地で知られる東京ドイツ村は?  

真っ当な行政であれば、これほど恐ろしい不法投棄事件は起きなかった。仮に発生しても直ちに原状回復措置をとれば、大気や水汚染や水道水危機など起きなかったことだけは確かである。

「やくざが支配する房総半島」は事実なのだ。役人も議員も首長も彼らに屈服している可能性が高い。市民運動どころではない土地柄なのだ。警察も死んで、やくざの配下というのだから?これは漫画や幻想の世界に相違ない。


<13戸から3人肺がん死亡・10人手術・1人入院中=林・高谷地区調べ>

以下の調査は、2017年から2023年までのものだ。2020年に酪農家の夫妻(高谷)が肺がんで死んだ。現場近くで牧草地を管理し、牛に食べさせていた。チェルノブイリやフクシマを想起できるだろう。牛の乳や肉は?

残り12戸(林)のうちyさんは、2017年に大腸ポリープ摘出手術2回、Mさんは2022年に同じ原因で手術、3人のYさんのうち一人は2021年に大腸ポリープ手術、二人目のYさんの妻67歳は胃がん死、夫は2023年10月脳卒中、別のYさんは2023年に脳卒中で現在も入院中。

Kさんは胃がんと喉頭がんで2回手術、Tさんは2023年腸と前立腺がん手術、Yさんは2020年から4回も大腸ポリープ手術、今年も手術を予約している。Kさんは2020年から2回大腸ポリープ手術をした。

このほか検査嫌いのMさん、SさんとKさんの様子が不明。このほか数か月前に一人住まいの大工は、原因不明のため、病院をたらい回しされた挙句、亡くなった。素人判断だが、汚染野菜も犯人なのか。養鶏場の作業員の様子は不明である。


<それでも逃げる、逃げる袖ヶ浦市と千葉県の不条理!悪魔に征服れた議員・住民無関心の房総半島>

疲れてきた。書く気力も薄れてきたのでペンを置くことにする。日本の幹が腐りきっている。地方もまた腐っている。「腐臭列島・房総半島の闇」(データハウス)を思い出した。

2024年7月4日記(茅野村の仙人・日本記者クラブ会員)


↑このページのトップヘ