本澤二郎の「日本の風景」(5187)

<やくざ支配の房総半島>

2024年6月7日久しぶりに木更津市の中心部を駆け抜けた。初めて見聞した市議会本会議・木更津署生活安全課・地元有力者との対話。足で稼いだ成果は、改めて房総半島が「やくざ支配」の恥ずべき半島であることを確認できた。民主主義が消えている。本心からそう感じた。もう涙も出ない。


袖ヶ浦市の元自民党秘書(水田三喜男・池田淳・水野清)で、前同市選管委員長・千葉県森林組合幹部の御園豊(林・高谷地区の核汚染ごみ事件と水銀汚排水事件の対策委員長)との共闘取材で得たものは、ずしりと五体にのしかかってきた。この国の亡国の因を確認できたともいえる。「やくざ支配の房総半島」に希望の灯は見えてこない!


<やくざと自衛隊基地で沈んだ木更津市>

木更津市議会は、JR木更津駅前の元デパートの一角を間借りしていた。もう10年前に旧庁舎を解体しながら、新庁舎の目途が立っていないらしい。新庁舎建設は地方自治体の最大の利権である。

衰退した木更津市の象徴であろう。人間が少ない、活気のない街を

地元の有力者は「自衛隊とやくざの街」「企業もないみすぼらしい街」と表現した。

本会議は国会と異なり、住民の怒りを市長にぶつけるという丁々発止の追及の場とは無縁だった。行儀のよい質問に行儀のよい市の幹部が、用意した答弁でおしまい。失礼ながら生徒会の毛の生えた程度の質疑で、やくざ系市長の答弁を聞く機会もなかった。


<やくざ暴力団に優しい木更津署生活安全課突撃>

木更津市の大手産廃業者・ワコーエコテックによる311フクシマ東電の核汚染ごみ持ち込みと埋蔵と銅線洗浄の日高金属の水銀問題発覚の証拠資料を、大きな紙袋に詰めた御園と木更津署生活安全課に飛び込んだ。

同署の3階の部屋にノックしてはいり、丁重に「防犯カメラの設置」を要望したのだが、予想してた通り若い刑事から親切な対応は期待できなかった。改めて県民・市民の命を守るという姿勢を微塵も感じることができなかった。

御園はワコーエコテックと日高金属の信じられない不法行為の証拠資料を紙袋から取り出すと、窓口の刑事は「廊下で対応するので部屋から出て」という意外な指示。課長と係長の指示であろう。国民の命を守る警察ではなかった。御園が大声で「市民を守る対応をする責任がある」と食い下がったが、彼らは「県と市の方から告発がなければ動けない」と逃げる。「そんな態度で責任を果たせるのか」と抗議の応酬がしばらく続く。


「茅野村の仙人」も割り込んだ。ズバリ斬りこんだ。「事件の背後にやくざ暴力団が存在している。ここにメスを入れないと、行政も動けないだろう」と根っこに斬りこんでみたが応じなかった。古い名刺を取り出して、窓口の女性刑事に渡した。彼女はその名刺を信用しない。「免許証を見せて」と要求してきた。普通ならここで大げんかになるところだが、老いたジャーナリストはぐっと抑制をして免許証を見せると、彼女は急いでノートに免許データを記録し、名刺を返してきた。「名刺は受け取らない」というのだ。

なんということか。通常は名刺交換から対話が始まるはずだが、それを拒否する。しかも、御園の証拠資料に対しても「もう見た。いらない」と突っ返してきた。頭が混乱するような生活安全課刑事の驚愕すべき対応だ。衝撃を受けるばかりだ。かれこれ30分以上やり取りしていてもらちがあかない。名刺もくれない。異様な税金泥棒集団?なのかとふと感じてしまった。


駆け出しの社会部記者のころ、まじめに交番を守る巡査を記事にしたこと、まるで親子のように信頼した千葉中央署の課長や秘書の姿の片りんを探したが無駄なことだった。失望・衝撃が五体を走る。世の中のことや、市民生活を守ることに人生をかける警察官が一人もいないではないか!


日本は変わってしまった。森友事件や桜事件で逃げまくった安倍晋三レベルの刑事ばかりなのである。彼らの価値観は一般人と違う。


目の前の水源地の谷底から積み上げられた、30メートルほどの高さの盛り土から、想定もできない放射能が噴き上がっていることがどういうことかを想像できるだろうか。「深く掘ればもっと高い数値が出る」と環境省や福島県の担当者の進言に従ってきた地元住民の悲願が、警察の高い壁で止められる!ありえない事態に当事者の健康被害も心配だろう。周辺の家からはガン患者が、ここ数年の間に多発している。しかし、千葉県も袖ヶ浦市も動かない。切羽詰まって木更津署生活安全課に回答を求めたのだが、NOというのである。絶望を強いるような血税生活の群れに反吐が出る。善人がいない。権力もない・捜査権もない「茅野村の仙人」に力などない。それどころか脅しまくられている始末だ。


<「木更津市はない。(やくざ暴力団の牙城)浜田市になった」>

御園は帰途、同市の元水田派後援会のHの家で長話を始めた。そこで、初めて商人の活動範囲の広いことに驚かされた。一部を紹介すると「木更津警察署警察官友の会」「同交通安全協会本部幹事」「同税務署間税会理事」「明治神宮崇敬会支部理事」のほか、自衛隊を支援する会などにも首を突っ込んで、そこからの人脈を利用して商域を広げて利益を上げる二代目。見せてくれた資料には、君津郡市の首長が勢ぞろいしているではないか。改憲軍拡の面々だ。


御存知、浜田幸一の倅・靖一のやくざ人脈が、週刊文春の写真スクープで暴露された。岸田は防衛相を首にしたが、木更津市の自衛隊航空基地には、最も危険な軍用機・オスプレイをよび寄せた。Hはもう数回試乗した。「人間は20人、航空燃料は沖縄まで5000ℓ」という想像を絶するような燃料をがぶ飲みする危険な軍用機。騒音がひどい。安倍の実績でもある。木更津市民は天からの贈り物に要注意だ。


彼は「今の市議会は浜田派に占拠されてしまった。小選挙区制の実績」と眉をひそめた。彼に「台湾有事論は43兆円の戦争準備のための幻想論」「アメリカの戦争に自衛隊も狩り出される法制を自公が強行した。知っているか」と問いかけると、目を丸くした。「もういい歳。商売から足を洗った」といって笑った。しかし、「木更津市は消えた」という真実の指摘には、頷くほかなかった。

「警察にもいい人もいるが、すぐに異動させられる。署長の事件もみ消しはいっぱい」とも。やくざに殺害された「木更津レイプ殺人事件」のことを聞くと、驚くというよりもさも当たり前のように頷いた。殺人事件もみ消しの対価が気になるではないか。そうはさせない!

警察内部は腐りきっている。正義はひとかけらもないかもしれない。恐ろしい日本に先は見えない!自宅で友人のTさんを囲んで深夜まで語り続けた。悪党が笑う世界はNOである。

2024年6月7日記(政治評論家・日本記者クラブ会員・やくざ暴力団追放国民会議)


コロナワクチン死者数はもっともっと!

(読売)新型コロナウイルス感染症による死者数が累計で10万人を超えたことが、厚生労働省が発表した人口動態統計で分かった。2023年の死者数(概数)は3万8080人で、20~22年の死者数(確定数)と合わせると、計10万5950人となった。

(朝鮮日報)新型コロナウイルス感染症の予防のために世界的に広く使われていたファイザー社とモデルナ社の新型コロナ「メッセンジャーリボ核酸(mRNA)ワクチン」が認知症や軽度認知機能障害の発生リスクを高める可能性があるという韓国人対象の研究結果が発表された。

地球が壊れる!

【ジュネーブ=森井雄一】欧州連合(EU)の気象機関「コペルニクス気候変動サービス」は5日、今年5月の世界の月間平均気温が過去最高だったと発表した。過去最高を更新したのは12か月連続で、地球温暖化が進んでいることを改めて示した。


本澤二郎の「日本の風景」(5186)

<防犯協会強化でやくざ暴力団追放本格化>

地域に根差す生活をすると、それまで全く見えなかった黒い影が見えてくる。しかし、それでも陰に隠れて見えにくいこともある。房総半島に限ったことではないだろうが、やくざ暴力団の違法行為・暴走は法治などお構いなく、とんでもない目的を達して市民を震え上がらせているではないか。直接関係した事件では、やくざ浜名が木更津市民に姿を変えて、カルト宗教政党を活用し、介護施設「かけはし」を開業し、アルバイトの栄養士を強姦。性奴隷にして水商売をさせる、逃げだそうとするや女性が耐えられない動画秘事を暴露すると脅迫し、その衝撃で被害女性は、突発性の大動脈りゅう破裂で即死させた「木更津レイプ殺人事件」(2014年4月)、さらに袖ヶ浦市林・高谷地区の水源地・陣場台に、311フクシマの核汚染ごみを埋めるという、信じられない想定外の違法行為が、やくざ暴力団と提携する木更津市の産廃業者によって強行されていた事件。


<信用されない警察は税金泥棒>

やくざ暴力団による重罪事件を取材し、追及する過程で、地方自治も壊れかけて、民主主義の崩壊を察知した。かくして任意の「やくざ暴力団追放国民会議」を立ち上げたところ、いやがらせの脅しが表面化した。同じく林地区の元自民党宏池会の池田淳第一秘書の御園豊前袖ヶ浦市選管委員長にも、脅しのメールが携帯電話に毎日のように送られてきている。


知り合いのやくざ暴力団事件に詳しい参院秘書に対応を聞くと、彼は急いで被害届を出すこと、第二に地元の防犯協会と連携して、周辺の要路に防犯カメラを設置することが不可欠だ、とアドバイスしてきた。さっそく本日の木更津市議会で防犯協会の実情について聞くようにA市議に要請すると「事前に質問通告していないと出来ない」という情けない木更津市議会の掟を知らせてきた。「9月議会でやる」との確約を得たのだが。要するに、住民の多くは警察を信用していない。「木更津レイプ殺人事件」被害者のK子さんも110番通報をしなかった。林地区に限らないが、警察は「税金泥棒」と言われているようだ。


<袖ヶ浦市防犯協会は見つかったが、木更津市にはない?>

それにしても、防犯協会を知らない。スマホとパソコンで調べたが、木更津市防犯協会が見つからない。袖ヶ浦市防犯協会はある。念のため、千葉県防犯協会に電話すると「木更津市にも存在する」といって、なんと木更津署の代表電話を教えてくれた。電話は同署刑事二課につながった。妙だが、一応「防犯カメラ設置は可能か」、ついでに「被害届は受け付けるか」など尋ねても反応が鈍い。親切ではないのだ。


確かに、袖ヶ浦市の元市長や木更津市のやくざ事情に詳しい人物の話では、木更津署を信用していないことも分かった。「やくざ捜査は鈍い」とコメントを寄せた。無法地帯のような君津郡市なのか。「木更津レイプ殺人事件」の告発状を受け付けなかった刑事二課だ。「やくざ暴力団から市民を守るという姿勢がすこぶる薄い」という住民の説明に納得させられてしまった。結局のところ「被害届を受け付けるかどうか、最寄りの駐在所に行って」と突き放されてしまった。刑事二課の刑事は、親切ではない。


現に、ここの刑事二課出身刑事が、その後、やくざ代議士の一の子分となり、君津市議会議長から、そして現在は、房総半島の産廃利権の黒幕を演じている、と地元専門家は指摘する。「木更津市には入れ墨やくざが出入りできる温泉風呂もある」というから驚く。「君津郡市の首長は大半がやくざ系」(袖ヶ浦市住民)という。一般市民よりもやくざ暴力団の方が認知度が高く、格が上なのか?最新のニュースでは「ハマコーラーメンも登場した」とは、木更津市有力者の話しだ。


沼田武知事が立ち上げた千葉県暴力団追放県民会議参与だった筆者も驚くしかない。いまこの組織はどうしているか。名存実亡なのか。警察官僚ポストの千葉県警本部長はお飾りなのか。

「木更津レイプ殺人事件」と袖ヶ浦市陣場台のフクシマ核汚染ごみ事件から見える千葉県警は、弱者・民衆の味方といえるのかどうか、疑問符が付く。


<東京では防犯カメラ設置で威力=袖ヶ浦市では安全パトロール>

御園は。昨日、袖ヶ浦市の初代の防犯協会の責任者から、実情を聞いてきた。それによると、駐在所の「安全パトロール」の軽ワゴン車に乗って市内を巡回する。搭乗者はPTA役員と区長。むろん、毎日ではない。


参院秘書の日高省吾は「東京都北区の180の町内会には防犯カメラを4個から10個設置して、犯罪監視に当たって成果を出している。この防犯カメラは、すべて防犯協会が資金提供して実現した。やくざ暴力団のメッカのような房総半島では、防犯協会を強化して犯罪監視に当たらなければならない。そのためにも市民や議会・市の積極的な対応が不可欠」と語っている。

<防弾チョッキ候補の樋高剛は安心安全な房総半島を公約>

衆院千葉12区から出馬する樋高剛に対しては「防弾チョッキを着て怯むな」と発破をかけてきている。既に代議士経験もある環境派である。ワシントンのロバート・ケネディJrも環境派で知られる。自然を破壊するやくざ暴力団に屈しない正義派でもある。当選すれば政治家として、内閣(警察監視)と環境の常任委員会に所属して活動することが期待されている。

千葉県警本部長には、特にやくざ暴力団に屈しない人物を警察庁に要望するだろう。住民と真っ当な警察が連携すれば、やくざ暴力団の違法行為を激減させることが可能であろう。

本日は生まれて初めて木更津市議会を傍聴し、ついでに木更津署に出向こうと思う。御園元秘書の勇気ある配慮に感謝したい。元千葉県警本部長の渡辺一太郎・元警視総監の秦野章・元内閣官房副長官の先輩・川島広守の顔が浮かんできた。昔は気骨のある警察官僚がいたのだが。

2024年6月6日記(政治評論家・日本記者クラブ会員・やくざ暴力団追放国民会議・茅野村の憲法仙人)


岸田文雄に不都合なこんな報道も!

5月26日に投開票された広島県府中町長選はさらに悲惨だった。引退表明した町長が後継指名し、自公両党や連合広島が推薦した川上翔一郎元町議(37)は3385票しか得られず、6242票を獲得した無所属新人の寺尾光司元町議(65)にボロ負けした。


本澤二郎の「日本の風景」(5185) 

<すたれ切った米国の民主主義>

何事も武器弾薬でケリをつける米国やロシアの覇権主義も限界か。ことし2024年11月の米国大統領選挙は、おぞましい4年前の再現となる怨念の対決。この選挙戦にかける金持ちの献金がすごい。有罪の評決を受けた共和党の前大統領・トランプ候補に対して「5月に日本円にして220億円が集まった」とブルームバーグが伝えた。途方もないカネだ。この資金にメディアも踊る!それにしても落馬するはずの有罪大統領候補に大金が集まるワシントンの民主主義は、すたれ切った日本の民主主義の目線から判断しても異様である。しかも、事件は不倫という常人が受け入れがたい。倫理不在人間として最低の屑であろう。

もうこのことだけで政治家失格、国民の代表になる資格はないのだが、ワシントンでは許されるという。現職の民主党のバイデンが「米国史上初めて有罪になった重罪人」と非難しても、トランプは「収監や自宅軟禁はOK。しかし、大衆(トランプ支持者)が受け入れることは厳しいだろう」と反撃する始末。CNNが報じた。


倫理道徳が通用しない。それどころか、トランプ支持者はそのことに興奮し、カネも集まる、票も集まる?実に不思議なアメリカの民主主義である。したがって、このようなアメリカの政治屋のポチとなっている日本国首相や外務省高官もまた、同じレベルに違いない。「おい、カネがない。少しよこせ」「武器弾薬を買え」といったレベルの日米首脳会談の中身を想像したくなる。およそ品格などないのだろう。国際社会が乱れに乱れる土壌なのか。


<品格のない戦争国家の成れの果てか>

「あなた方は世界のリーダーだ。一人ではない。わたし日本も支えていく」といった岸田のジョーク演説に、立ち上がって大拍手するアメリカの代表ら。漫画チックであろう。吉田茂の孫のマンガ好きのあんちゃん政治屋・麻生太郎レベルの世界なのかもしれないという評も。

戦争国家・覇権国家で生き抜いてきた産軍複合体国家・アメリカに道義を求めることは無理だろう。それでも「アメリカよい国」と不法移民の群れは、止まらない。奴隷のようにして働く人たちが、戦争国家をささえている?アメリカという不思議な超大国の衰退は止まらないだろう。そこに一本のローソクが、ロバートケネディJr。期待したい。


<それでもぶら下がる腐りきった岸田内閣と自公体制>

ワシントンは、それでもウクライナ・ロシア戦争とイスラエル・パレスチナ戦争に手を出して、武器弾薬利権確保に狂奔する殺人国家を演じて恥じない。それに追随する岸田内閣と自公政権が腹立たしい限りだ。


「人を殺すな」の合唱が地球のいたるところから聞こえてきている。それでも無辜のパレスチナ人に手を貸そうとはしない日本。ナチス・ヒトラーに600万人殺害されたというユダヤ人が、その怨念を中東の無辜の民に襲い掛かっている。恐ろしいほどの殺戮が、人間という動物の正体を暴露しているのだが、国連は阻止できない。悲劇は、パレスチナ人救済に外交の基軸を移せない非戦の憲法国家・日本は、43兆円かけて戦争国家づくりに狂奔している。

今こそ歴史の教訓を生かす外交力を発揮する好機であろうが、ニューヨークから何も聞こえてこない。


<日米安保破棄と自立する平和外交日本に舵を切れ>

日本国民はいま好機をつかんでいる。人類に平和の灯を点火する使命を果たす時である。二本足で立てばいい。何をするか。日米安保を破棄する、分かりやすく言うと、砲艦外交の夢を放棄して帆船・日本丸に舵を切ればいいだけのことである。国際社会は評価する。


実現の第一歩は、国民の声を吸い上げる選挙制度にすればいい。民意重視の政治は、自公維のスポンサーである財閥のための政治返上を意味する。企業団体の献金を厳禁すればいい。即東アジアは平和の楽園となろう。夢ではない。幻想でもない。台湾有事による戦争国家体制を構築している財閥・氏の商人の野望を封じることもできるだろう。まさに危機はチャンスなのだ。


<人殺しを許さない品格のある日本>

人殺しを許さない国家体制・品格のある日本構築に舵を切る好機である。憲法を定着させれば実現する。43兆円を貧困対策に向ける日本丸である。武器弾薬を放棄する国家へと国際社会を引っ張ってゆくのである。差別しない国家体制だ。これぞ品格のある帆船・日本丸の航海となろう。夢ではない。誰も戦争はNOである。戦争党は不要である。この人類の理想を実現できるのは日本だけである。

書生論だとあざ笑うこと勿れ、守銭奴である財閥の死の商人から解放することでもある。

2024年6月5日記(政治評論家・日本記者クラブ会員・やくざ暴力団追放国民会議)


↑このページのトップヘ