警察官僚支配官邸と現場の弛緩<本澤二郎の「日本の風景」(4201)

<安倍の地元でヒラ警官いじめに裁判所が80万円の賠償判決>

 組織の上部が腐ると、全ての組織、末端まで腐る。安倍晋三の地元・山口県では地域の治安を担当している警察署で、ヒラの警官に対するいじめが発覚、勇気ある法廷闘争の結果、珍しく裁判所が訴えを認めた。ヒラメ判事の時代は終わりを告げようとしているのかもしれない。


 もっとも、インターネットの世界での、何者かが横やりを入れてくる。それももすごい。自由に文字を打たせないのだ。やたらと「ウイルスに侵されている」との警報広告が、繰り返しパソコンの画面に飛び出して、邪魔をしてくる。パソコンを打つのもなかなか大変なのだ。監視・警察国家を印象付けている。犯人を捉まえる正義のネット勇者はいないものか。


 首相官邸を警察官僚で完璧に防御した結果の、悪しき日本社会の現在の正体なのだ。かくして、末端での警察官の不祥事が絶えることはない。市民は税金泥棒のような警察組織から、身を守らねばならない!自公の3分の2体制を始末しないと、目下のコロナ禍大感染時代では、人々が無事に生き延びることなど大変なことなのだ。

 特に独り身の女性は、狼の強姦魔から身を守ることに、ゆめゆめ油断してはならない。


(山口県警光署内で起きた業務上横領事件に関連し、上司から辞職強要などの嫌がらせを受けたとして、県警の男性警察官が県に500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、山口地裁は8日、80万円の賠償を命じた。)


<「木更津レイプ殺人事件」捜査を回避する千葉県警と木更津署>

 2014年4月28日にやくざ強姦魔に殺害された「木更津レイプ殺人事件」を徹底取材した結果、犯人の浜名がJR岩根駅近くで、妻と一緒に介護施設を営業していることが判明した。このことは既にネットや月刊誌で100回前後記事にしてきた。被害者の美人栄養士に同情する人々も増えてきている。


 市民に姿を変えた悪質極まりないヤクザなので、地元の警察署に捜査を引き継いだ。ところが、なかなか動きが鈍いので、元法務大臣秘書官に支援を要請したところ、木更津署の副所長が引き受けてくれ、刑事二課長が捜査を開始した。数年たった昨年春の時点で、新たに交代した刑事二課長と係長が、なんと告発状を返してきて、捜査から逃げだした。


 おかしいと以来、関係方面に事情を取材している最中に、TBS山口強姦魔救済事件が国際報道された。官邸のさじ加減で強姦魔を救済した警視庁に仰天したものだが、そうしてみると、木更津の強姦魔殺人事件にも、某政党教団が官邸を使って抑え込んだ可能性が強いという疑惑も浮上、それにしても殺人鬼を見逃してしまうような千葉県警を許せるのか。


 どうやら、警察の弛緩は見当もつかないレベルに達していることになろう。


 すると今度は、千葉県の対岸・神奈川県警で、元やくざ担当の警部補が、捜査情報をやくざ暴力団に流していたことが発覚した。こうなると、日本も米ハリウッド映画のレベルにはまり込んでいるではないか。自公連立内閣下、警察は落ちるところまで落ちてしまっている?


 千葉県警と木更津署のやくざ担当が、やくざから金品飲食の世話を受けてしまっていて、首が回らなくなっている?あるいは憶測をたくましくすれば、犯人が性奴隷の被害者を、やくざ担当に提供していたかもしれない。金品飲食から性の提供によって、完璧にやくざ担当を封じ込めていた可能性さえ否定できない。どうだろうか。千葉県警と木更津署は、暴力団・工藤会捜査の福岡県警を学ぶしかないだろう。


 殺人事件に時効はない。犯人は警察官という驚くべき事実を明らかにする必要も出てきたものか。何でもありの警察の不祥事ゆえか、いたたまれず国家公安委員長がポストを放り投げて、先の横浜市長選に飛び出した?疑惑は尽きない。ことほど日本の警察は、腐敗の泥沼にはまってしまっている。


(文春)1992年に暴力団対策法が施行されて以降、厳罰化の方向で改正が重ねられてきた。2011年には全都道府県で暴力団排除条例が定められ、暴力団と頻繁に交際を行う密接交際者も取り締まりの対象となっている。

(共同)強制性交や強制わいせつ罪といった刑法の性犯罪規定について、上川陽子法相は10日の閣議後会見で、16日の法制審議会(法相の諮問機関)総会に諮問すると明らかにした。性犯罪規定は2017年の法改正後も無罪判決が続き、被害者団体は「加害者が野放しになっている」と批判。法務省の検討会で議論されてきたが、結論はまとまらなかった。諮問でさらなる法改正に向けた作業は一歩進むが、議論の行方は見通せない。


(共同)暴力団関係者に捜査情報を漏えいしたとして、神奈川県警が40代の男性警部補を懲戒免職とする方針を固めたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。同日午後、処分を公表する。地方公務員法(守秘義務)違反の疑いでも調べている。


<長崎県警では元警官の内部告発に対して徹底監視で不当投獄騒ぎ>

 友人の紹介で警察正常化協議会の、東は群馬の大河原宗平・西の長崎の入江憲彦という勇者の存在を知った。

 後者は筆者の取材に対して「警察の知られざる事実」を公然と明かしてくれた。想像していた以上どころの話ではない。本ブログの「日本の警察」上中下の3回連載を見てほしい。二人とも警察の内部の裏金を「おかしい」と口にしたところ、事件を捏造されて失脚させられたことも分かった。


 二人の行動は、全体の奉仕者として内部告発したものであって、非は警察の組織にある。


 入江の内部告発した本ブログ記事に長崎県警が、過剰な違法監視を強めたらしい。不当にも逮捕拘留したようだ。結果は火に油を注いだ格好になってしまった。


<内部告発者・入江元警部補が警察と法廷闘争!>

 自由の身となった入江元警部補は、彼を不当監視・拘束した人権侵害の警察幹部と逮捕状を承認した地元判事ら、その元締めである長崎県などを、主権者として刑事告訴したという。目下、このことが長崎県の話題の一つとなっているようである。


 市民は納税者・主権者として、悪しき公務員を罷免する権利を、憲法が保障している。弛緩する警察に対して、市民が立ち上がって好例だろう。ナガサキはキリスト者の多い国際都市である。


 目下の入江は、敬虔なキリスト者として、市民に奉仕する警察へと導こうと必死なのだろう。「声を上げろ」「声を上げよう」の時代の反映であるかもしれない。


 主権者を監視するためのデジタル庁発足、戦争するための憲法改悪のための国民投票法の強行と原発再稼働の悪徳政府に対して、納税者市民が勇躍決起する2021年を象徴しているようである!

 昨日午後、自宅に来訪したAさんも「警察の横暴を止めないと日本社会は壊れる」と真剣に訴えられた。

2021年9月11日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)


猛毒トリチウム放出断固NO!<本澤二郎の「日本の風景」(4200)

IAEAは国際原子力ロビーにコントロールされている物騒な組織?>

(国際原子力機関(こくさいげんしりょくきかん、英: International Atomic Energy Agency、略称:IAEA)は、国連の保護下にある自治機関である (国際連合の専門機関ではない )。本部はオーストリアのウィーンにあり、トロントと東京に地域事務所、ニューヨークとジュネーヴに連絡室がある。

 凡人ジャーナリストは、国際原子力機関について最近まで全くの無知だった。無知は犯罪である。なんと東京に地域事務所があるという。ということは、IAEA

にとって日本は、原発大国の一つであることと、年中原発事故が想定される危険国と、核武装に野望を抱く危ない国ということなのだ。


 日本の核武装化にも目を光らせているはずだ。無論ワシントンのCIAもである。CIAと日本の諜報機関の攻防戦も注目を集めている。311の東電フクシマ重大事故について、特段の配慮をしている国連保護下の自治機関という触れ込みだが、果たして真っ当な組織なのか、というと、実はそうではない。


 第一、膨大な量の猛毒トリチウム汚染水を海洋投棄するよう指示してきた、悪魔の機関だったという事実を知ったばかりである。許されざる行為をフクシマに適用しようとしている。国際原発ロビーの手先が、この機関の正体なのである。


 日本の原子力ムラから、常に人が派遣されている。


 人命軽視の世界的原発ロビーの「サロン」でしかないことに、気付かされて新たな衝撃を受けてしまった。311の東芝製3号機の核爆発を、当初から政府・東電・東芝の日本の原子力ムラの関係者は、全て知っていたが、当然IAEAも。知らぬは日本国民ばかりだった。


 311の正確な実情を国民は知らない。埼玉・千葉・東京・神奈川など首都圏民も被ばくしていた事実を、原子力ムラは現在も隠ぺいしている。菅直人も枝野幸男らも知っている。健康被害は既に多発している。いわんや200万福島県民の被害は、言及するまでもない。正しくは人体実験のフクシマなのである。子供や若者の健康被害は、確実に起きている!


 フクシマに蓋するための4兆円五輪賭博だった。其の結果、日本はコロナ感染大国の汚名を着てしまっている。安倍・菅の自公内閣の罪は万死に値する。

昨夜2021年9月9日の菅義偉の緊急会見は、相変わらずお粗末で、内閣報道官と電通に操作された無意味な内容だった。

 日刊ゲンダイ・東京新聞・朝日新聞・中国新聞・道新・西日本など、やや真っ当な記者の質問を封じ込んだ会見だった。コロナ五輪によるコロナ感染大国という当たり前の因果関係に触れなかった。質問も出なかった。それどころか国民の人権を危うくするデジタル庁設置、憲法改悪のための国民投票法強行とともに、フクシマのトリチウム猛毒汚染水の海洋投棄を自画自賛した。狂気だ。

 これまた公明党創価学会の見事な戦果となった。


 いまIAEAが、フクシマ放射能汚染水の海洋投棄のために職員を派遣しているという手際よさに、安倍犯罪隠しの元官房長官・菅の悪辣さに、会見を聞いていた国民は、怒り狂ったはずである。


IAEAは超財閥=巨大金融資本=国連を支配する悪魔勢力の下請け?>

 国際原子力機構という名称に筆者だけでなく、多くの言論人も騙されていると見たい。原発・放射能から、人類と地球を守る国際機関?うそである。


 原発ロビーの下請け業者なのだ。フクシマに人が住もうが、低線量内部被ばくで多くの健康被害者が出ようが、彼らにはどうでもよいことなのだ。 


 「地震大国の日本での原発崩壊で500万人死のうが、それは日本人の問題。日本人が総力を挙げて廃炉するしかない」というようなIAEA職員の本音を聞いた日本人がいる。
https://savekidsjapan.blogspot.com/2013/05/open-questions-to-iaea-director-general.html

http://savekidsjapan.blogspot.com/2013/05/open-questions-to-iaea-director-general.html

 IAEAは、世界を動かす超財閥・超金融資本・死の商人が雇っている国連機関と思えば、より分かりやすいだろう。人類はヒロシマ・ナガサキからフクシマへと継承され、今後、100%の確立で第二、第三のフクシマが起きる。その過程で異常気象・気候変動で地球は滅びている。それさえも気付かない国民が沢山いるのだから。


 IAEA頼みの海洋投棄の恐怖で、日本も世界もすごいことになる。


<魚介類による内部被ばくの恐怖と海鮮料理を食べられなくなる恐怖>

 トリチウムは猛毒である。物理学者にとって常識である。

 薄めれば毒が薄まるわけではない。魚介類は食べられない。食べると内部被ばくで、健康的な細胞が破壊されていく。既に人類はチェルノブイリやそれ以前から知っている。

 問題の日本学術会議の委員も知っている。彼らは知っていて、沈黙している犯罪の共犯者なのだ。無知も犯罪だが、学者の共犯の罪は重い。


 おいしい海鮮料理も食べられなくなる、猛毒トリチウム汚染水なのである。菅と安倍は、これを飲んでみるといい。


<死海により水産業破滅・漁業廃業必至>

 地球の海は、トリチウム汚染水に呑み込まれると即死の海になる。

 海で生きる人々は生活を破壊される。水産業・漁業も廃業に追い込まれるだろう。恐ろしい事態が起きる。断じてトリチウム汚染水を海洋投棄してはならない。東電によって地球の海は、死海となってしまうだろう。



 フクシマ東電原発は、首都圏の人々の健康を害しつつ、人々が生きるための海をも壊滅にするというのである。こんなことが許されていいのだろうか。原発ロビーの「サロン」に任せていいものではない。

 東電関係者・電力関係者が、こぞってバケツに入れて自宅で保管するしかないだろう。善良な小出裕章さんに教えてもらいたい。茨城の東海村の数千の選挙マシーンの家庭で保管するのもいいかもしれない。


<原発の温排水とトリチウム海中投棄で、生き物は全て生きられない!>

 中曽根康弘らの自民党関係者、ナベツネの自宅や読売・日テレ関係者も保管するといい。冗談で言っているのではない。
http://yoshipyuta.livedoor.blog/archives/1108584.html


 トリチウム汚染水で生き物は、全て生きられないのである。希釈など無意味なのだ。濃度だけでなく、総量が問題なのだ。生き物によっては、何万倍にも生体濃縮される。IAEAも知っている。東電も政府・原子力ムラも知っている。魚介類が食べられなくなることを知っている。知っていてそれを強行すると菅は、昨夜自慢げに語っていた。


 原発ロビー・梶山静六の弟子らしい言い分だが、これは悪魔の言葉である。日本国民が決起して、原発を止め、トリチウム汚染水の海洋投棄を阻止しなければ、日本人は生きていくことが出来ない。


 悪魔に魅入られたIAEAを信用して、海洋投棄させてはならない。

2021年9月10日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)


(日経)経済産業省は9月6日、国際原子力機関(IAEA)の幹部が来日したと発表した。東京電力福島第1原子力発電所の敷地内にたまる処理水の海洋放出を巡り、安全性を検証するための準備作業を進める。9月8日には現地調査も実施し、経産省は第三者による安全確認を得て、風評被害の抑制につなげる考えだ。

IAEAは国際原発ロビーの元締めか!

福島第一原発の処理水の海洋放出が決まったことを受け、IAEA(国際原子力機関)は歓迎する意向を示しましたIAEAのグロッシ事務局長は13日、日本政府が福島第一原発の処理水の海洋放出の方針を決めたことを受け、廃炉に向けて大きな節目になると歓迎しました。 大量の水が放出されるため「特別で複雑な例」としつつも、海洋放出自体は厳格な管理のもと世界の原発で日常的に行われていると述べました。


核爆発した東芝3号機と同じプルトニウム燃料がフランスから!

99AFP】日本向けの使用済み核燃料から取り出したプルトニウムで作る「MOX燃料」が7日夜、フランス北部シェルブール(Cherbourg)港に運ばれた。環境監視団体グリーンピース(Greenpeace)が明らかにした。

グリーンピースによると、英国の船舶2隻が8日にシェルブール港で燃料を積み込み、福井県高浜町へ向かう予定だ。燃料は高浜発電所の原子炉2基で使用されるという。


本澤先生、

フェイスブックに韓国の創価学会記事です。 八千代、青柳

https://www.facebook.com/100025536964656/posts/929551984572692/?sfnsn=mo 


本澤先生、FB繋がりの朴貞花様からのデジタル情報です。 八千代、青柳

https://www.facebook.com/100044543643011/posts/389556372539148/?sfnsn=mo 



自民党に人材無し<本澤二郎の「日本の風景」(4199)

<河野太郎は脱原発を貫徹できるか?原子力ムラとの攻防戦に敗北!>

 ドイツのように脱原発・54基の全てを廃炉にしないと、日本列島に人間は健康的に生きていくことは不可能である。誰でも知っている。たとえ老人は覚悟できても、子供や孫も、となると、今を生きる大人たちは、脱原発・反原発・原発ゼロに政治の舵を切る重大な責任を負っている。


 注目の人物が河野太郎だった、と知った。2002年に反原発派の3人の市民運動家が河野と会見、反原発運動を自民党内で始めてほしいと直訴した。これに本人は「分かった。分かりやすい資料を作成して届けてほしい」と即答した。3人は急いで資料を作成して、河野に届けたが?その後はなしのつぶて!まんまと騙されたことを知った。

 案の定、河野は昨日(9月8日)の会見で変節したことを自ら明かして、福島県民のみならず、全国民の脱原発派を失望させた。


 電力会社の電力料金を上乗せした、闇の莫大なカネと経産官僚らの原子力ムラの圧力に屈したのだ。父親の洋平や、彼が師事した宇都宮徳馬のような信念の政治家では全くなかったことを、息子は自ら暴露してみせた。


<経産省・電力会社らの原子力ムラに蹴落とされた哀れ洋平の倅>

 9月5日に投開票された茨城県知事選挙で再選した原子力ムラの候補者の得票は、およそ8割。しかし、投票率は35%足らず。大半の有権者が棄権した。東海村の核施設では原発再稼働が争点のはずだったが、攻め手もNHK企画取材も、東海村問題をはぐらかして有権者を狂わせていた。


 地元紙も新聞テレビも、東海村原発廃炉問題を取り上げなかった。原子力ムラの威力が、言論界で圧倒してることが分かる。有権者を目くらませることで、原子力ムラの候補は、再選したものの、全有権者の3割程度でしかなかった。原子力ムラの政治力の低下もまた、否めなかった。


 惜しむらくは、野党が候補者を一本化することに失敗した点である。有権者を狂わせている元凶の一つが、野党の無様すぎる選挙戦術といえる。東海村の核施設の選挙でさえも、この体たらくにはやはり衝撃を受ける。


 河野太郎もまた、原子力ムラに服従した、信念を貫けない、カネに翻弄される自民党の政治屋を象徴している。

 紹介した「311の衝撃」で、菅直人側近・松田光世の生々しい証言でも理解させられたが、菅直人を辞任させた勢力は経産省だった。まさに原子力ムラが首相の座を牛耳っているのである。つまるところ、財閥の金ということになるのだが、原資は大衆から収奪した電力料金や血税のカネである。


 改めて21世紀になっても、産業革命時代の労使関係が生きていることに驚きを隠せない。官民格差も、民民格差から来ている。持てる者と貧者の大衆との、不公正きわまりない格差社会のもとで、原子力ムラが猛威を振るっていることが、よくよく理解できるだろう。


<岸田文雄は「安倍晋三犯罪隠し」に屈した平凡な総裁候補に堕落>

 話を岸田文雄に触れると、こちらも信念を放り投げてしまった哀れな政治屋であることを、天下にさらしてしまった。


 岸田は、被爆地ヒロシマの出身である。護憲リベラルの宏池会の伝統を継承してきたはずの政治家だと考えてきたが、判断が間違っていた。池田勇人・大平正芳・宮澤喜一らの政治信念を、そっくり放棄してしまっていた。


 原発再稼働の自公政府にNOを突き付けるという機会を、岸田は生かそうとしなかった。安倍・原発推進外交を唯々諾々と容認する外務大臣に徹して、ヒロシマの期待に応えようとしなかった。


 宏池会を評価したその理由は「民意を重視する政治」にあったのだが、岸田はそれを理解せず、安倍外交に服従した平凡すぎた政治屋に甘んじてしまった。今回は「安倍犯罪隠しに徹する」と国民に公約して、自滅へと突っ走った。たとえ政権を担っても、いい政治を期待できない。



<高市早苗は「安倍の背乗りで出馬します」と記者会見>

 報道によると、高市早苗の出馬会見は記者団の怒りと怒号のうちに終始したという。記者連は、皆知っていることである。安倍との特別な関係について。「安倍に忖度したのか」という記者の一撃が、そのことを象徴しているだろう。


 女性議員は品行方正でなければならない。むろん、男性議員も、である。ヤクザと結婚した野田聖子は、到底政権担当の資格はない。誰でもなれる地位ではない。幹事長の二階も、それぐらいのことはよく知っている。


 有権者を馬鹿にしたような安倍の、己の犯罪隠しの候補者擁立には、秋風と共に哀れを誘う。清和会で支持する者などいない。安倍に屈する清和会議員はいないに等しい。御用評論家が吹聴しても無駄なことである。


<自公よりましな脱原発の受け皿・野党連合に好機到来>

 目下一部市民の目が輝いている。4野党連合が、遂に実現したためだ。

 野合の野党が、一本化した点を高く評価したい。市民連合が全国各地で動き出している。その力が4野党を結束させたものである。


 自公政権を終わらせるために市民が各地で決起して、候補者一本化に首を突っ込んだのだ。ことほど安倍と菅と自公の神道政治に辟易した市民が、大声を上げ始めたのである。


 彼らに弁護士や学者らが加わって、大きなうねりを列島に醸し出している。「安倍を豚箱に入れろ」の合唱が、霞が関にこだましている。林検察を揺さぶり続けている。


 市民の怒りを、もはや誰も止められない。怒髪天を突く勢いなのだ。「自公を叩き潰せ」の合唱は悲壮でさえある。コロナ禍で、命がけの戦いをしているのだ。それはネット戦争で熾烈化しているらしい。年寄りの手の届かない世界での空中戦でもあるが、ただしそれは地についたものだ。


 怒りは、暴利をむさぼる地球変動の元凶・原子力ムラに向かっている。不都合な人間は、押しつぶす、時には殺害する悪魔の軍団であるが、大衆が気付けば悪魔など蹴散らせる力がある。大衆は愚にして賢である。


 安倍の神道政治の長い長いトンネルをくぐって、東方沖の日差しを目にした大衆は、原子力ムラ・財閥・電力会社・電力連合・原発・安倍犯罪を、もはや容認することはないだろう。

 放射能・地球変動から、人々を救済する市民・庶民のための政治に、一大変革する2021年となろう。身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ、と4野党にプレゼントしようと思う。

2021年9月9日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)


(道新)河野氏は1996年の初当選当時から脱原発を主張。ブログで日本の原発政策を「トイレのない家」と批判し、東京電力福島第1原発事故の直後には議員連盟を立ち上げた。


(時事)自民党総裁選に立候補する意向の河野太郎規制改革担当相は8日の記者会見で、原発政策に関し、「いずれなくなっていくだろうと思うが、あした、来年やめろというつもりではない」と述べた。当面の再稼働についても「カーボンニュートラルを目指す上で、ある程度必要なものはある」と容認する考えを示した。                                

(共同)森友問題を巡る財務省の決裁文書改ざん問題で自殺した近畿財務局の元職員赤木俊夫さん=当時(54)=の妻雅子さん(50)は8日、大阪市内で取材に応じ、自民党総裁選に関し「誰が総裁になろうと(改ざん問題の)再調査をしてほしい」と訴えた。立候補を表明している岸田文雄政調会長が再調査をしない考えを示したことに「期待を裏切られた」と憤った。

本澤先生、おはようございます。
フェイスブックからの元NHKアナウンサー膳場貴子さんから高市早苗にインタビューです。 八千代、青柳

https://www.facebook.com/groups/861331057334763/permalink/2327204027414118/?sfnsn=mo 
宏池会の伝統を放棄する岸田文雄
https://www.sankei.com/article/20210908-ATXFVFOTJZK6LH5UK45VJ5SL2A/

↑このページのトップヘ