皇室の民主化を急げ!<本澤二郎の「日本の風景」(3302)

<元外交官・雅子皇后と秋篠宮に期待が集まる>

 4月30日に平成天皇が引退、5月1日に皇太子が新天皇になり、同時に令和が始まったが、ともに2019年で、あとはすべて同じ流れで、何も変わっていない。

 憲法の象徴天皇が、平和的に交代した、ただそれだけのことである。それに166億円の予算を投入した、このことに貧困社会の民衆が反発を強めて当然であろう。

 戦後最悪の極右政権の、皇室政治利用は極まっている。すでに令和と決めた過程で、憲法違反を指摘する専門家もいる。訴訟事になるかも。重大深刻なことは、主権者が油断すると、2019年危機が表面化、日本は戦争国家へと突き進む。その勝敗が、数か月後の衆参同時選挙で決まる。

 それはまず棚上げにして、皇室の新体制にまずは、国民を代表して、皇室の民主化を急げと、強く要望したい。幸い、元外交官として国際情勢にも明るい雅子皇后、憲法の政教分離原則を重視する秋篠宮に、皇室改革の期待が集まっている。宮内庁役人の時代認識・意識改革も不可欠である。

<宇都宮徳馬さんとの思い出の会話>

 昭和天皇の終わりごろか、平成の初めごろか、平和軍縮派で、反岸の急先鋒で知られた宇都宮徳馬さんと、天皇問題の在り方について、よく意見交換したものである。

 彼の実父、佐賀藩の陸軍大将・宇都宮太郎は、岸信介らが服従傾倒した長州の山形有朋に対抗した人物で知られる。有名な朝鮮半島の3・1独立運動では、現地の軍司令官として、東京からの「発砲命令」を封じ込めた、今でいう民主派・開明派のリーダー格でもあった。

 

 この場面で、参謀本部の指令に従っていたら、想像もできない悲惨な歴史が永遠に続くことになったろう。彼が軍事行動を阻止した最大の理由は、朝鮮民族の優秀さと文化の高さであって、それは明治以降の財閥政治をリードした福沢諭吉と正反対だったためだ。

 宇都宮さんは「うちの親父から、お前は大人になったら、朝鮮人の女性と結婚しなさいといわれてきた。ずっとそう思ってきたよ」と語っていた。

 宇都宮大将は、若いころの昭和天皇の養育係もしていた。父親から皇室の閉鎖性を教えられてきたものだから、戦前の天皇制を引きずる、戦後の皇室の民主化の必要性を強調するのが常だった。

<英王室レベルに開放的な皇室へ>

 大将はイギリス勤務の経験者だ。このころ、ロシアの革命派を支援していた明石大佐と連携していたことが、彼の遺産文書から明らかとなっている。また、中国革命のリーダーである孫文との交流も参謀時代の仕事だった。

 清朝にテコ入れする軍閥・山形とは、この面でも対立していた。世にいう開明派のリーダーでもあった。新天皇もイギリス留学経験者と記憶している。

 

 「せめてイギリスの王室レベルにならなければ話にならない。今のような檻に閉じ込められているような生活はかわそう過ぎる。精神がおかしくなる」と強く指摘していた。

 皇室の民主化は急務である。その点で、皇室の新体制は、これを実現するための布陣が確立した、と思いたい。

 閉じ込められた皇室から開かれた皇室に代わるべき好機でなければならない。議会の覚醒も必要である。極右・日本会議に振り回されてはならないだろう。

<憲法の国事行為に徹して、非公的な私的市民生活享受を>

 息苦しい生活などだれも欲しない。皇室も普通の人間である。普通の人間のような生活をする皇室を、主権者である国民も理解している。

 

 象徴天皇の役割は、非政治的なものである。その限りで、憲法は国事行為を具体的に列挙、それ以外は不要である。ここは厳格に守ることを、憲法は厳しく要求している。

 宮内庁の任務でもある。同庁の役人は、その点で、国民が厳しく監視をしていることを忘れてはならない。

<宗教行為は私的なもの、国家神道排除に徹せよ>

 166億円の使い道は、主に皇位継承に伴う宗教的行事のことであろう。憲法は20条で、これを厳しく戒めている。安倍の小僧をまねての神社参拝は、私的に行われねばならない。

 国民は、戦前の天皇家が莫大な蓄財をしていたことを知っている。宗教のための私的な行為は、血税使用は憲法に違反する。この点について、天皇皇后と秋篠宮三者の思いは、同じであろうから、戦前の国家神道を引きずることは禁じられている。宮内庁の意識改革を求めたい。

 

 今回の行事の中に、亀の甲羅を焼いたという占い行事に驚愕した国民は多い。そもそも「お祓い」という原始宗教そのものに、国際社会は違和感を抱いている。

 もちろん、当人がそれを私的に行うことを、憲法は禁じてはいない。

 ただし、戦前の侵略戦争は、国家神道と教育勅語による国民統制が、根本にあったという事実を考慮すると、ここは誤解を与えるような宗教行事は控えたほうがいい。この点で、開明派の雅子皇后の役割は大きい。彼女はもう、昔のひ弱な女性ではないはずだ。

 国民は彼女を強く支持するだろう。

<悪しき官邸の政治利用には声を上げよ>

 安倍晋三の声を、御用新聞が取り上げたらしい。反吐が出る思いをする国民は、これまた少なくない。田布施・極右の安倍にむかつく国民は、ぐんと増えている。

 嘘の名人に辟易している国民は多い。しかも、彼は皇室利用に長けた首相として、歴史に刻まれ、断罪されるだろう。「令和」元号を決めるという暴走に腹が立つ。

 

 役所に行っても「令和」と書けない、書かない国民が増えるかもしれない。国書からとったという大嘘、大宰府での大友旅人の悲壮な思いを無視していることも、本物の万葉学者が暴いている。

 皇室は、田布施の大陰謀に屈してはならない!平和憲法に違反する破憲内閣に屈してはならない。平和憲法は世界の宝物である!

2019年5月2日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

皇室

風景」(3301)

テーマ:

大樹深根<本澤二郎の「日本の風景」(3301)

<平成最後の戦い=2019年4月30日を忖度すると>

 平成最後の日となった2019年4月30日の退位儀式を、官邸が大好きな忖度をして解説してみると、平成天皇と安倍晋三首相が、真正面から対峙した結果、国民にしっかりと根を張った前者に軍配が上がった。これを大樹深根という。

 我が家の居間に二枚の色紙が飾ってある。その一枚が宮澤喜一元首相の「大樹深根」である。偶然、ネットでの民放テレビの生放送で、宮中での儀式を目撃したものだ。緊張するシンゾウに対して、天皇はやや憮然とした表情を見せていたように感じ取った。清和会OBに言わせると「もうこれっきり小僧の顔を見ることもなくなった。やれやれ」という。「安倍長期政権でなければもっと長く務めたかもしれない」とも解説した。

<憲法順守の象徴天皇と憲法破壊の極右首相>

 この6年間の天皇は、平常心で国務を遂行したとは言えない。ハラハラドキドキの日々を過ごしてきたといっていい。

 第一次安倍内閣では、民主的な教育基本法を改悪した。第二次に入って、公明党創価学会を「下駄の歯」にして、戦争法制にのめりこんだ時点で、強い衝撃を受けた。それは2013年12月の「特定秘密保護法」の強行と、靖国神社参拝だった。

 憲法を尊重し、擁護する義務を果たしてきた「象徴天皇」に対して、これを真っ向から否定、国民を欺いて憲法破壊に突っ走る安倍・自公・日本会議の強権政治にがくぜんとしたろう。

 平成天皇と安倍晋三は、文字通りの水と油の関係にあった。「安倍からの内外政の説明を聞く時が、一番つらかったはずだ。退位は安倍小僧が押し付けたものだ」と清和会OBは断罪した。

<国民感謝に力点、内閣総理大臣感謝は官邸が押し付けた言葉>

 最後の天皇発言を、国民は国民の代表である国会議事堂において、あるいは憲政記念館で思いのたけをぶちまけてほしいと願ったが、天皇の国事行為は「内閣の助言」に従わねばならない。

 その文言も内閣の決めた文言を発しなければならない。官邸は、天皇の口から「内閣総理大臣感謝」を言わせて大満足であろうが、この場の様子を目にした国民は、天皇が心の底から愛した国民、主権者への感謝の言葉だった。

 憲法破壊の安倍の政治利用を突出させた一連の儀式にしても、古代の記録映画を見ているようで、ピンとこなかったが、これまた官邸の押し付けの成果だから、皇室も動きが取れなかったろう。

 この場面で「宗教儀式に公費を使うのは適当でない」との秋篠宮の正論、これまた憲法順守の立場で、天皇の思いでもあった。

 ことほど天皇家は、国民の身近な存在だった。象徴天皇を立派に成し遂げたものである。この立場は、今日からの新天皇も貫くだろう。とりわけ、神社神道を軽視する新皇后に拍手を送ってゆきたい。彼女は、国際常識を身に着けた国際人でもある。

 右翼のバッシングを跳ね返すだろう。国民が支援するだろう。国民は決して右翼ではない。

<皇室の政治利用極まれり>

 それにしても、安倍の、皇室政治利用は、度がひどすぎる。令和なる文字は、安倍の小僧が押し付けたもの、という見方は、世論になってきている。そして、これが国書ではなく、出典は漢籍であることも判明した。

 米トランプ大統領は有力紙のワシントン・ポストによると、もう1万回以上の嘘を発してきたと報じた。安倍はもっとかもしれない。日米トップの嘘競争というのも前代未聞であろう。

 166億円を乱費しての衆参同時選挙圧勝狙いには、世界的不人気のトランプを東京に呼び込むのも、その一つというのだが?

 

 不動産屋丸出しのトランプ人気は、アメリカでもそう高いものではない。国際的にみて評判は良くない。

 

 重大なことは、日本の新聞テレビの報道姿勢にある。NHKに問題がある。

<お茶の水女子大付属中学校の右翼騒動>

 ついでに、解説しておきたい事件がある。お茶の水女子大は聞いたことがあるが、付属の中学校もあるという。そこに皇室の子供が入学している。その机の上に凶器が置いてあった、という事件について、右翼問題に詳しい事情通が、その狙いを教えてくれた。

 「犯人の目的は、右翼として認知してもらうこと。そうなれば、いっぱしの右翼として飯を食っていける。そのためだ」と断定した。素人は、そこまでは理解できなかった。

 「犯人は足がつくように転々と証拠を残した。最後は、自ら警察に垂れ込んで御用。これで大成功」というのだそうな。

 

 我が家のことだが、昨年、自民党本部からもらった楠の大木(樹齢40年)とこれまた枯れてきた杉の大木二本を友人のI君とO君が伐採してくれた。数日前は、父親が将来の家の建築材として植えてくれたヒノキ二本を切り倒した。樹齢55年。大金かけての伐採となった。我が家の大樹深根は、悪政のために二束三文にもならなかった。

2019年5月1日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

玉木ー小沢連合<本澤二郎の「日本の風景」(3300)

<枝野+志位=政権交代>

 役所の書類以外は、元号は無縁の日本社会である。グローバルな国際社会では有害無益であろう。だれもがそう感じている。戦後最大の危機の2019年に、まずは国民民主党と自由党が一緒になって、政権交代への一歩を踏み出した。残るは立憲民主党と共産党の対応である。両党とも崖っぷちに追いやられている。どうするか、民意に沿うしか生き残ることはできない。野党が3本の矢でもって、自公に体当たりすれば、政権を手にすることができる。誰でも知っている。

 壊滅か政権交代か。3本の矢が一体化する。それには党利党略・個利個略を封じ込めればいい。それだけで、目標は達成できる。国民のための、日本国憲法が期待する政府が誕生する。

<無党派の山を動かせるか>

 なぜ、そうなるのか。相次ぐ政治不信で、社会の片隅に隠れてしまった半数以上の主権者が、選挙から逃げてしまっている。投票者は5割か4割前後に落ち込んでしまっている。このことに政党人は、深く反省して、国民から乖離してしまった政治に猛省する日々でなくてはならない。

 要するに、眠り込んでしまった無党派の山をだれが動かせるか。動かすにはどうすべきか。

 この点になると、各党とも党利党略・個利個略が前面に出てしまう。名誉や地位に拘泥する屑の集まりでしかない。政治家がいない。

 無党派層にとって、バラバラ野党に魅力を感じる有権者はいない。それは、ほとんどの世論調査の数字が証明している。

 今回の玉木と小沢の合同は、一歩前進である。

<課題は枝野の覚醒>

 問題は立憲民主党である。

 以前、筆者はこんな経験をした。政治評論家にデビューする時、当時の在京政治部長会の全員が発起人になって、日本記者クラブ10階の大広間で、書いたばかりの「自民党派閥」(ぴいぷり社)の出版会を開いた。

 一人でも多くの参加者が期待された。そんな矢先に清和会の中島源太郎秘書の鈴木君が「おもしろい労働指導者がいる」といって引き合わしてくれた人物が、JR東労組の松崎明さんだった。

 彼はその後に筆者の説得に応じて、日中友好へと足を向けてくれた。希望小学校建設数は日本でいちばんである。この松崎さんの集まりによく姿を見せていたのが枝野だった。枝野に好感を持った。ここには毎日新聞の岸井君や彼の先輩も参加していた。

 したがって、立憲民主党に多少の期待でもって眺めていたが、どうもパッとしない。本来、小沢の役割は、枝野の仕事である。近親憎悪は、いまや過去のもので、それにこだわるような人物は、民意に反する。

 枝野は覚醒していないのか。

<枝野の伊勢参拝の裏に何があるのか>

 2019年1月が明けた時点で、衝撃が走った。枝野が、極右の震源地とみられている、戦前の国家神道の本陣である伊勢神宮を参拝したのである。

 枝野は司法試験合格者のはずだ。憲法を読んでいる。公人による公的な宗教施設参拝は、憲法に違反する。

 

 枝野はそれを知っていて、憲法違反を強行したものだ。

 そうしなければならない事情があったのだ。日本会議に揺さぶられる何かがあったのか。この憶測が事実であれば、即刻代表を降りる必要がある。民意に従う資格がないのだから。

<立憲民主党は3本の矢を射よ!>

 立憲民主党は、民主党と共産党と一緒になって、政権交代を実現しなければならない。いやなら壊滅政党になるしかない。

 

 政党という枠に束縛されて、政権を見逃し、あまつさえ軍国主義の日本を招来させる愚を回避することが、国民の声である。ここにこそ大義がある。

<玉木・小沢+枝野+志位=政権奪取>

 立憲民主党は、枝野の本心を聞き出して、駄目なら一兵卒になってもらう。

 3本の矢で民意を実現することが、2019年危機を突破する基本である。

 そうなれば、無党派層の山を動かせる。確実に、政権の交代を実現することができるだろう。

 

 日本沈没の引き金を引く枝野かどうか、国民の監視は強まっている。

2019年4月30日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

↑このページのトップヘ