武漢大学の桜<本澤二郎の「日本の風景」(3644)

<日本軍負傷者の癒し、今は日中友好の象徴>

 好天に恵まれた4月3日午後、散歩がてら木更津市役所出張所を経由して、武田川の川べりに咲く桜並木を歩いた。いまだに安倍桜が列島を押し包んでいて、川面に散る桜を眺めても、心が晴れることはない。

 それよりも先日、米CNNが映し出した、武漢大学の見事な桜並木の映像の方を思い出してしまった。日中戦争最大の、正規軍による激しい戦闘場所が武漢だったことを、6年前に客員教授として招聘されるまで知らなかった。

 熊教授が大学構内の桜並木を案内しながら、その由来を教えてくれた。無知な日本人ジャーナリストは、他愛もなく腰を抜かしてしまった。人生は驚きの連続だが、武漢大学の桜もその一つだった。


<武漢大会戦=日本軍30万VS蒋介石軍110万の死闘4か月>

 「中原に鹿を追う」と言って自民党総裁選に臨んだ宮澤喜一は、戦後の日本政治家の中で語学の達人として、他を寄せ付けなかったが、彼は漢籍にも通じていた。その中原の要衝の地が武漢である。


 日中戦争最大の激戦地を知る人は少なくなった。CNNは、武漢大学の桜を美しい映像で映し出したものの、その由来を明かそうとしなかった。知らなかったのだろう。

 日本の桜は、ワシントンでも有名だが、中国では武漢桜が群を抜いている。まずは大学の構内の広さが、広大過ぎる北京大学や清華大学をはるかに上回る。


 河川や湖水の広がる一帯に大きな山一つが、大学のキャンパスなのだ。中国の大学で勉強する学生は、自転車がないと、教室に辿り着くことはできないが、武漢は校内に自動車道路が走り、バスやタクシーが走っている。とてつもない広さに、まず圧倒される。


 この武漢大学のある中原の地で、日本軍30万、蒋介石軍110万が激突、死闘を繰り広げた。首都・南京を攻略された蒋介石軍は、武漢で背水の陣を敷いた。対抗する日本侵略軍は、武器で勝る畑俊六が率いた。1938年のことである。両軍の死闘は4か月も続いた。

 兵の数では、劣っていた日本軍は、戦闘機ではるかに勝っていた。


<野戦病院の傷病兵向けの桜並木>

 日本政府の記録によると、日本兵の死者は実に8万人。大本営の発表かもしれない。実際はそれを優に上回っていたかも。中国軍死者は20万人という。

 日本兵の負傷者が2万6千人、病死900人という。日本軍の野戦病院が、なんと占領した武漢大学だった。ここで多くの日本兵が命を落として逝った。

 彼らの癒しを目的に、日本軍は祖国の桜を植えた。それが1938年なのか、翌年なのか。この時の桜が今も残っている。いわば戦争桜といえるだろう。

 天皇絶対性下の国家神道と教育勅語で洗脳された若者たちを、戦場に狩り出した戦前の軍国主義の恐ろしさを、日本国民はこれからも忘れてはなるまい。母親の名前を叫びながら死地に逝った日本兵の無念は、いかばかりであったろう。反対に、獰猛な侵略軍と戦い、命を落とした中国軍兵士の親兄弟の悲しみを忘却すべきではない。

 国粋主義者・安倍晋三の理解が、遠く及ばない歴史の真実である。


<1972年9月の国交正常化で平和桜>

 石橋湛山が果たそうとして果たせなかった、中国との国交回復を実現した立役者は、大平正芳である。彼は池田内閣の官房長官・外務大臣として、舵を右翼から左に切ったが、A級戦犯容疑者の岸信介の実弟・佐藤栄作に蓋をかけられるや、田中角栄と連携して政権を奪うと、真っ先に外相に就任、一気に舵を元に戻して、決着をつけた。

 1972年9月の国交回復は、日本戦後外交史の偉大なる自立外交の成果となった。筆者が日中友好に覚醒した時期でもある。1979年12月の大平訪中で、日本政府として政府開発援助(ODA)を約束、これが中国近代化・高度成長の中国を実現させた原動力である。このことに日本人は、唯一誇りとすべきだろう。


 72年以降、武漢大学校内には、友好の桜が次々と植えられていく。そのための道路も誕生、地元の市民は言うに及ばず、全国から観光客が訪れる桜の名所となった。


 来年は、日本人観光客が沢山訪問して、平和友好の実を誇らしげに謳い上げるといい。


<一冊の本=盧溝橋抗日記念館贈呈=シンポジウム通訳の熊さん>

 それにしても、武漢への道は遠かった。因果に相違ないのだが、スタートは大平さんや平和軍縮派・戦闘的リベラリストの宇都宮徳馬さんだった。

 「中国の大警告」(データハウス)という一冊の本が契機となった。これの英文名は、東芝病院で医療事故死した次男・正文による。出版されると、北京から電話がかかってきた。現在、清華大学教授の劉さん。社会科学出版社から翻訳本が完成した。彼は時折、ブログ「日本の風景」を読んで、連絡してくれる唯一の中国人学者だ。


 国家主席になった胡錦濤さんが、翻訳本を真っ先に手を取ってくれたらしい。彼は首相になる前の小渕恵三さんに、人民大会堂でそれを手にもって紹介したほどである。

 宇都宮さんの秘書の山谷さんが喜んでくれた。彼は「中国の党政府の要人は、みな読んでくれている」と。中国外交部で活躍した肖向前さんは、自宅に何度も電話してきた。彼は大平さんの偉大さを証明してくれたが、彼も「中国の大警告」に感動、北京訪問時には、いつも自宅に呼んでくれた。


 もう一人は、義母の玄愛華さんだ。彼女は興奮して、ベッドで寝ないで、読んでくれた。北京滞在中、彼女の介護に専念させてもらっている理由の一つである。


 この本は、100冊盧溝橋の抗日戦争記念館に贈呈した。中国青年報の蘇海河君が報じた。夏に大掛かりなシンポジウムが開催されると、そこに招待された。この時、通訳してくれたのが、当時、周恩来総理も学んだ天津の南開大学で、日本問題を研究・講義していた熊さん。彼はその後、武漢大学で教鞭をとっていた。一冊の本による奇縁が、武漢へと導いてくれたものだ。


<日中友好=ライフワーク=北京―天津―武漢>

  新聞記者になってよかったことといえば、先輩の山口朝男さんが、政治部に引き抜いてくれ、大平派・宏池会を担当させてくれたことである。清和会でなかった幸運に感謝している。


 宇都宮さんとの交流が、決定的にジャーナリスト人生を、正義と友好へと走らせてくれた。振り返ってみると、国民の多くが期待する、平和・友好が基軸となって、ペンを鋭くさせてくれている。

 人間は、貧すれば鈍す、という、このことわざを跳ね返す馬力となって、権力・右翼に屈しない人生を、何とか道を踏み外さずに歩んでこれたと自負している。


 そういえば、妻の仏壇には桜の写真が飾って、陰気さを吹き飛ばしてくれている。

2020年4月4日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・武漢大学元客員教授)

吸血・安倍城<本澤二郎の「日本の風景」(3643)

<忠誠心丸出しの公明党創価学会>

 春秋の筆法をもって、死に体政権を分析すると、当面はコロナ禍が幸いして、安倍城、長州は大室寅之助を明治天皇に担いだ、田布施の吸血鬼が健闘している。「もうだめだ。辞めるべきだ」とする薩摩の田布施・小泉純一郎の苦言を、安倍は昨日も蹴飛ばした。


 本来、安倍・永田町を詳細に分析して、国民に伝えなければならない新聞テレビが、その役割を放棄してしまっている。したがって、政治に無知な国民は、理解できないでいる。10人に4人が、いまだに内閣を支持する日本なのだ。


 わかりやすく説明すると、日本を食いつぶす国粋主義者の安倍・吸血鬼の背後を、二匹の小吸血鬼が支えている。そのせいである。


 その一匹が、公明党創価学会・信濃町である。安倍・3分の2議席を提供する公明党創価学会の忠誠によって、安倍城は陥落しない。日本の世界に冠たる憲法は、政教分離を約束しているため、憲法違反政党なのだが、不思議とだれも批判しない。資金力か、不気味な怖さを漂わせているのだろうか。しかし、そう長くは続かない。


 昨日の衆院本会議で、公明党女性議員は、東京五輪の1年延期を「安倍の外交的勝利」という、信じがたい分析を披露して、聞いている善良な国民をあっけにさせた。権力の蜜に酔いしれる信濃町か。池田大作の思想・信念を放棄しても、権力を重視する信濃町も、おごる平家のように哀れをさそう。


 改めて忠誠心は、間違いなく男性よりも女性の方が強い。男尊女卑の日本社会での、構造的ともいえる負の体質であろう。自立しない、日本女性の最大の弱点であるという悲しい現実に、この機会に目を向けるべきであろう。女性の覚醒なくして、日本の民主主義は実現しない。


 ちなみに閣僚に女性を起用することも、その典型といえるもので、地位をつかんだ本人が、その気になって浮かれてしまうものだから、やや飛躍分析すると、それはレイプ文化を継続する日本なのだ。この辺の事情を理解した最初の女性は、TBS山口強姦魔に挑戦する伊藤詩織さん。全女性が、彼女の味方になった時、女性は自立する。このことさえも、理解できない国民が少なくないのが、やはり悲しい。


NHK大本営発表の安倍擁護報道>

 二匹目のドジョウならぬ吸血鬼は、公共放送であるべきNHKが、国営放送化してしまったことである。放送法違反に野党でさえも、声を上げようとしない。声を上げると、叩かれるという恐怖感を抱いているのであろうか。


 情けなくも悲しい現実である。


 NHKは莫大な取材費と人員を抱えている。ことの真相に迫れる力を与えられているが、こと安倍城に対しては、飼い猫のようにおとなしい。


 こんなNHKは、過去になかった。まともなジャーナリストは、皆排除されてしまった。あたかも児玉誉士夫の暴力的な威力を活用して、読売の天下を取ったとされるナベツネのように、人事権の乱用行使でまともな記者を排除した手口をまねたものだろう。

 この手段を、安倍は霞が関人事にも悪用、善良な役人を重い地位から外してしまった。

 モリカケ事件やTBS山口強姦魔事件も、そうして起きたものである。


 この二匹の小吸血鬼が、正気を取り戻せば、城は1日で崩壊することになる。ここがわかれば、日本政治の心臓を理解することが出来るだろう。


<日本を食いつぶす廉恥無縁の1%吸血鬼>

 昨日は、何とも滑稽な安倍城からの、国民向けの贈り物が披露された。それは日本人の5000余世帯に、たった2枚のマスクを郵送するというものだ。外国人は排除するらしい。1%内閣のすごいところだ。



 国家主義のいいところ?なのか。あきれて声も出ない。


 内閣総理大臣を1972年から見聞してきたが、その職責は厳しくも過酷で、2年もやれば疲れ切って倒れてしまうものだ。廉恥の首相であればあるほど、長くは続かない。安倍はもう10年もやったことになる。


 無知で無恥の人間だからである。毎夜、血税を使い放題の美食三昧が、政権延命の源なのか。ここは栄養学の大家に診断してもらうほかないが、美食無縁の政治評論家としては「化け物」「けだもの」と断じたい。

2020年4月3日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

天罰の猛威<本澤二郎の「日本の風景」(3642)

<コロナウイルス恐慌=企業活動止める+金融危機>

 昨年暮れから人類は、姿を見せない新型コロナウイルスによって、生きるか死ぬかの壮絶な戦争に突入している。人々の生きる経済活動である、生産活動を止めてしまっている。人とモノを拘束、身動きが出来ない。


 4月1日ロイター通信は、米国産業の土台を担ってきたシェールオイルの大手・ホワイテングの経営破綻を報じた。原油の大暴落が原因である。他の大手にも波及、米国が誇ってきた世界一の産油国の沈没で、新たな金融危機を発生させることになる。

 これに投資してきた日本の銀行・商社も、沈没を余儀なくさせられる。リーマンショックは、金融危機のみだったが、今回はそれにとどまらず経済活動の土台を止めてしまった。


 世界恐慌の先行きは見えない。


<欧米の工業化文明の破綻>

 今回の異常な疫病は、まさに地球時代をなぞるように瞬時に感染が拡大している。北朝鮮のように扉をすべて閉じる例は、他にみない。最近まで、人モノが移動、比例してコロナウイルスも爆発的に起きてしまっている。


 1分1秒早く発見して、早く治療することが不可欠だが、日本政府と政府お抱えの御用専門家などは、五輪開催しか能がなかった。これからが心配である。


 はっきりというべきだろう。18世紀後半、イギリスで始まった産業革命は、その後、欧米の文明として世界を席巻した。1945年には悪魔の兵器を、日本の広島と長崎に投下した。いうなれば、キリスト社会が神社神道の日本を核兵器で退治したものである。


 工業・科学技術文明は、原子力発電所を地球にまき散らし、原油エネルギーで、大気を汚染した。放射能で大気や海洋を汚染している。


 大地は、除草剤と農薬で毒まみれ、人々は毒水によって生命さえも汚染している。新型コロナウイルスは、欧米の文明に抵抗して人々の肺に付着して、生き続けている。天罰の猛威と理解すべきではないだろうか。



<地球温暖化=大洪水・巨大竜巻・巨大台風・巨大地震・森林火災>

 科学者はわかっている。16歳の高校生も分かっている。

 地球の温暖化は、人類共通の認識である。それでも、利権・金に現を抜かす政治屋と1%は、地球の悲鳴に耳をふさいで、さらなる地球資源の採掘、炭素を吐き出すエネルギー利権に突進して、地球破壊を止めようとしない。


 1%は、ロックフェラーだけではない。日本の財閥も同様である。人間の道も、モラルも蹴散らす、獰猛なケダモノ・悪魔である。


 彼らは北極の氷塊が溶けて、島々を水没させている事実に目を向けようとしない。温暖化は、地球で生きるすべての生き物を亡ぼしている。大洪水・巨大竜巻・巨大地震である。地震はついに福島の東電原発を破壊、日々放射能をまき散らし、海を汚染している。

 2019年には、関東にも巨大な台風が襲った。地震と台風に、首都圏は持ち応えられそうもない。気候変動は、森林火災を招き寄せている。


 天変地異は、映画や夢の世界から、地上に舞い降りて、愚かすぎる人間を直撃している。これこそが天罰であろう。



<日本の議会=あれくれ・これよこせの合唱>

 翻って、日本国民の代表者で構成されている議会は、人類が生きるか死ぬかという新型疫病との戦いに相応するような、命がけの議論を展開しているのであろうか?


 何度かラジオ報道で、聞き耳を立ててみたが、ほとんどが些末というと叱られるだろうが、泥棒猫のような犯罪首相に向かって「あれくれ・これよこせ」と叫んでいる。


 政府はというと、コロナ戦争には「三密運動」を呼びかける程度で、それもこれもモリカケ大事件に蓋をかけて、政局の主導権を握るための政権延命策でしかない。不思議と野党でさえも、女性の自立とかかわるTBS山口強姦魔事件の糾明はしない。


 時代が大きく変動した2020年、地球が怒り狂っている時代に、人類はどう生き延びるか。愚者は怒り、賢者は喜ぶ?

2020年4月2日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

↑このページのトップヘ