自民党総入れ替え論浮上<本澤二郎の「日本の風景」(3608)

<稲田検事総長が安倍や河井ら犯罪者を逮捕しなければ国滅ぶ>

 筆者は、検事総長の稲田に期待をした一人であるが、いまだに動きがみられない。安倍と森雅子の不当・不正人事に屈したのだろう。そうだとすると、もはやこの国の再生は考えられない。「自民党の総入れ替えするほかない。自民党議員であれば、一人残さず落選させる国民運動を展開する。これしか日本が生き延びる道はない」という突き上げが、今朝ほど届いた。



<今時小泉進次郎支持6%は民主主義崩壊の証>

 考えてみるがいい。指摘されるように、この期に及んで「小泉の小僧を支持する人々が6%もいる。もはや日本の民主主義は死んでしまっている」のであろう。うなずくほかない。

 「きちがいざたとしか思えない」とは、かつて自民党に人生をかけて生きてきた人間の、怒りの心情である。


 右翼暴力団事情には通じている。霞が関にも籍を置いてきた人間であるが、官邸が犯罪の巣になってしまい、国会で追及されると「すべてシロだった」と開き直る現在の首相の資質に衝撃を受けている。


 民主主義は、首相官邸から腐りきっている。それを支える自民党と公明党である。この土台をそっくり替えないと、日本は滅亡するしかない。


 どなたか異論はあるか。


<それでも安倍打倒しない自公体制をつぶすしかない>

 昔の自民党には、それなりの自浄作用が存在した。首相の犯罪に対して、党内から内閣打倒の動きが表面化、政権は交代した。自民党が生き延びてきた知恵でもあった。


 それが現在はない。自民党から言論の自由が消えてしまった。独裁政治は8年目に突入、そこで10%消費税と新型肺炎対策が重なり、世界はパンデミック大不況に突入しているが、政府にその認識がない。


 相変わらず安倍晋三は、自費ではなく血税で美食三昧の日々を送っている。不健康な皮膚を注意する妻はいないに等しい。

 コロナ対策に姿を見せない安倍を、ジャパンハンドラーのコロンビア大学教授までが「安倍はどこにいる」という不思議な怒り発言をしている。

 天皇交代劇に血税660億円を使いはたした安倍晋三は、コロナ対策に153億円である。これで、どうして対応できるというのか。


<日本経済も世界経済も底が抜けている>

 アメリカは、3日連続で株が急落している。3日連続で総計3000ドル落下は、米国市場初めてだ。「完全に経済の底が抜け落ちてしまった」といえる。


 3000ドルというと、日本円にしてざっと300万円である。日本は年金と日銀が必死で買い支えているが、日銀の資金は枯渇してしまった。


 日本経済は、10%消費税による消費大不況で「底が抜けている。そこに欧米と欧州からの不況の嵐に耐えられない」ありさまである。


 心臓は、時に役人が用意したメモを元気よく口走って、その部分だけNHKが、戦前の大本営発表をまねて報道して、国民の3割前後を騙してきたが、それも時間の問題だ。



<敗戦時に相当する深刻な事態>

 世界大不況は、日本大不況+αである。


 世界一の贅沢三昧の安倍晋三と、世界一の高額報酬に満足している自民党議員と公明党議員、そして得体のしれない維新議員が、跋扈する永田町に、民意を体したまとも議員は一人もいない。


 第一歴史を学んでいない輩には、敗戦時の国民の苦闘をしらない。知ろうともしていない。心臓をシンゾウたらしめている自民党議員は、人間失格である。まずは、自民党議員を一人残らず落選させる国民運動に総決起するしかない。


<自民党総入れ替え運動の展開しか残された道はない>

 自民党政治のすべてを体験、知悉する人物の提言である。

 解散に追い込んで、自民党議員や公明党議員をすべて落選させる総入れ替え運動を、本日2020年2月28日に呼びかけたい。

 28日は、くしくも太田ショウコウ裏切りを断罪した「木更津レイプ殺人事件」の被害者・戦争遺児の月命日である。

2020年2月28日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

日本153億、天皇660億、韓国740億ウォン+補正<本澤二郎の「日本の風景」(3607)

<新型コロナウイルス対策全くやる気なしの安倍晋三>

 今朝届いた永田町情報を聞いていると、まともに政治評論する意欲を失ってしまった。表記の数字は、日本の新型コロナウイルス対策費用という。韓国でさえも740億ウォン+補正予算で、コロナ退治に必死だ。大統領自ら腰を上げて、現場を確認している。悲壮でさえある。


 日本153億円で分かった。患者から逃げる保健所や病院が多いらしい。たかだか天皇交代劇に、660億円を投入した安倍である。「亡国の令和」を印象付けて余りあろう。


 「シンガポールでさえも5000億、安倍は全くやる気がない。軍事費を1兆円削るだけで済むのに。官邸での対策本部は、世論操作のための形だけのもの。役人の原稿を棒読みしているだけ。それをNHKが大々的に放送している。史上最低の首相だ」という国民の怒りの声が、永田町を揺さぶって当然であろう。


<連日宴会、稲田朋美誕生会にも>

 安倍の行動日程が証明されている。「夜な夜な宴会・美食三昧の日々。国会ではうそつき答弁で逃げている。まともな国であれば、クーデターが起きているだろう」と清和会OBの怒りは、電話の向こうで天を衝く勢いである。


 彼の言葉から「政界で最もいやらしい人物」という政治屋の名前が飛び出してきた。防衛大臣で失態続き、関電疑獄事件でも浮上している。

 安倍がとことん重用した稲田朋美のことだった。


 「この危機的な事態をあざけるように稲田の誕生会に馳せ参じている。政府のトップがこの体たらく。お話にならない。日本経済は底が抜けているというのに」という怒りも最もであろう。


<国民の命よりも五輪強行が一番大事>

 日本の感染者数は、検査をしないために少ないのだ。韓国のように大掛かりに対応すれば、数倍数十倍に跳ね上がる。


 「最大で人類の7割が感染するだろう」とハーバード大学教授は予測している。

 「検査をしないで、自宅に待機させていると、家族が全員感染する。しかも、感染者は知らないで外出、買い物やバス、電車に乗るわけだから、これは当初の武漢レベル。気が付くと大変な事態になっている、という懸念を否定でいない」


 なぜこれほどいい加減な対策なのか。

 五輪強硬策だ。もう五輪実施は不可能である。諦めて返上するしかない。しかし、安倍はこれにすべてをかけている。森喜朗も。


 人間の命よりも、五輪が大事という価値判断は、とうてい善良な市民に理解することはできない。政権末期なのだが、同時に理性がマイナスになるのかもしれない。



<鈴木俊一総務会長が「五輪がだめなら政治責任に発展」と安倍に釘>

 自民党総務会長の鈴木俊一が、都内の講演で「五輪が開催されない」という可能性を示唆する発言をしていた。

 そして、その時は「政治責任になる」、すなわち安倍はお陀仏と予言したようだ。鈴木は、麻生太郎側近のはずだが、事態を冷静に分析している。

 麻生は、母方の祖父・吉田茂とは、落差がありすぎて比較できない。その点、鈴木は父親の善幸の冷静沈着な性格を引き継いでいて、申し分ない。河野太郎などとは比べ物にならない。


 人物・品格なら、鈴木こそが安倍後継の第一人者とみても不思議ではない。二世議員では突出している。父親は、安倍の祖父が強行した60年安保を「日米同盟」と一般化することに、首相として断固として反対した。


 日米同盟論は、右翼の中曽根が訪米して、レーガンと会見してからのことである。軍事同盟の色彩が強くなった。


 善幸さんが総務会長時代、番記者が昼飯時に押しかけると、1階の大衆食堂(人民食堂)のラーメンを取り寄せてくれ、ラーメンをすすりながら懇談したものだ。中曽根もよく、この食堂を利用していた。秘書の岩松君が同行していた。懐かしい人民食堂の今は知らない。


 心臓には無縁の国会食堂である。一度でもいいから、ポケットマネーで食事をしろ、といいたい。

2020年2月27日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

日本危機は続く<本澤二郎の「日本の風景」(3606)

<安倍・自公内閣が招き寄せる新型コロナウイルス対策>

 知らなかった、では済まないだろう。先ほどの清和会OBの報告によると「大観光地の大阪と京都の感染者1人というのは怪しい。要するに、理由はチェック体制がないためだ。検査をしていない。病院が感染者を排除しているのかもしれない」という。指摘されて驚いてしまった。


 プリンセス号でも判明したことだが、全員の検査をしなかった。逃げるような検査に世界各国は、怒り狂ってチャーター機を日本に送り込んだ。


<検査をしない日本と検査する韓国の落差>

 昨日の政府の対策でも医療機関が、逃げまくるような施策を打ち出した。原因は、中国でも証明されたものだが、真っ先に医療関係者が感染するためだ。


 医師が逃げているのである。医師が感染から防御出来ないわけだから、お話にならない。検査をしないことで、感染者の数字を低く抑えこもうという策略だろうが、これは本末転倒である。


 嘘か真かネットに913人と3万6000人という数字が流布している。前者が日本、後者が韓国である。コロナウイルス検査をした数字であるらしい。

 韓国人は、今一斉に中国の山東省へと逃げている。彼らにとって安全の場所というのだ。韓国で爆発的に感染者が増えた理由は、日本に比べてチェック体制が完備している、そのためなのだ。


<すべては五輪隠し!感染数字を公表しない加藤・橋本の岡山コンビ>

 既に日本の医療大国という神話は崩壊している。安倍のために汗をかきたくない関係者も少なくないだろうが、何事もこの国の優先順序は、東京五輪を強行することだけなのだ。


 Hitlerまがいの独裁者の、嘘と買収で勝ち取った、東北復興を犠牲にした五輪を、何が何でも強行するというのだ。無恥無知の心臓は、過ち・犯罪を繰り返してきているが、疫病は再発もあるし、二次感染も。安倍配下の加藤ー橋本ラインの厚労省も、組織としての健全機能を喪失している。

 国民は人込みを避ける、徹底節約で10%消費税の罠にはまらない、これしか危機をやり過ごす方法はない。

2020年2月26日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)
http://www.asyura2.com/20/senkyo269/msg/873.html

↑このページのトップヘ