<ライブドア・ブログに告ぐ!卑怯なり>
当方はインターネットについて、全くの素人である。したがって、ブログを提供しているライブドアの側で、ソフトをいじられると、もうお手上げである。今回3月25日か26日にそれが本格的に実施され、ついに利用できなくされてしまった。
これは明らかに言論弾圧である。ライブドアの責任は重い。日本国憲法に違反する大罪である。猛省して、元の状態に復元する義務がある。今のやり方は卑怯者のすることである。
<極右政権の言論弾圧に加担する罪は軽くない>
「ジャーナリスト同盟」通信は、すでに10数年の歴史を有する。そこに数千人の読者がついた。掲示板にも波及してくれたおかげで、その影響力は相当なものとなっていた。
数千人読者のために連日、記事を書いた。その量は現役時代のそれを軽く上回っていた。いずれ全集を出版する時が来るかもしれない。そこに日本の歴史がある。国民の声がある。
ゆえに「ジャーナリスト同盟」通信は、相応の社会的使命を果たしてきた。
日中友好派の新聞記者が立ち上げた組織である。1972年前後のことである。彼らは、佐藤内閣の後継者を大平正芳が担ぐ田中角栄を政権に押し上げた。70年代の黄金の日中友好は、彼らの活躍も加わって実現したものであろう。
極右内閣は、反中派の政権である。A級戦犯の後継内閣である。隣国との関係を破壊するような、悪しき政権である。ゆえに批判をする責任を負い、それを果たしてきた。
まさに、それゆえに悪しき権力は牙をむいてきた。歴史ある「ジャーナリスト同盟」通信を押しつぶしてしまった。この組織を細々と継承してきた長沼節夫は、いま病床にある。この事件が、彼の健康悪化
<ライン・コーポレイションは韓国系、それでいてなぜ?>

2019年危機(4)色あせる元号<本澤二郎の「日本の風景」(3271B)

<春雷の41日に新元号「令和」>

 朝のうちの関東は、東の空は気持ちいいほど真っ青となった。ところが午後になると、突然、雷雲が出たかと思うと、ドカーンとものすごい音が相次いだ。春雷である。

 安倍・日本会議の新元号に天がかみついた格好である。和は理解できるが、令は意味不明である。天皇家と安倍・自公官邸との確執を裏付けていた。むろん、民衆が衆知を集めてぶち上げたものではなかった。

 西暦が国際社会で通用して久しい。日本だけ別に元号を作って、主権者に押し付ける時代の幕引きを印象付けた格好である。 

<安倍の政治ショー>

 一口に言って、それは政治が意図的に作り出したもので、わかりやすく言うと、安倍の政治ショーである。

 自らの三選を実現して、水と油の天皇を引きずりおろす。そうしてこの日を迎えたのだろう。ひとり興奮しているに違いない。

 母親の岸洋子が「運命の人」と言っているそうだが、確かにやっていることはそうかもしれない。しかし、行為の中身は心もとない。友人の中には「成蹊大学の落第生に日本を任せていいのか」とか「顔を見ると、本当にムカッと来る」と厳しい評価をして、変えない。

 天皇は象徴である。現在の首相と官邸は、民意とは無縁である。来月に皇位を継承する皇太子までが、安倍ショーに利用されることにうれしいわけがない。

<色あせる元号の私物化>

 従来、元号は漢籍からとっていた。元号は、大陸・半島を経て列島にとどいたものである。天皇制も紆余曲折を経て単純ではない。現在は150年前から定着したものだ。

 今回、安倍・日本会議は、漢籍出典を排除して、安倍の政治ショーを前面に出した。万葉集から採用したことで、日本会議主導を内外に誇示した格好である。それも安倍・日本会議の、当面の終着点である9条改憲の2019年に持ってきた。元号の私物化が、すでに各方面で指摘されている。

 いま山野にうっすらと咲いている山桜がお似合いではないか。本命・吉野桜ではない。我が家の吉野桜は、本日満開である。枝を切り落として台所のテーブルに挿していた桜が満開だ。山桜好きもいるだろうが、吉野桜にはかなわない。

<梅・大宰府の麻生が何を言うのか>

 車のラジオで、1130分過ぎの菅義偉官房長官による新元号発表を聞いた。とりたてて感動も、新時代との感慨もわいてこない。契約社員・非正規社員も同じに違いない。年金生活者も。

 NHKはこの場面で二人の専門家を放送現場に呼んでいた。一人は万葉集などの研究家だった。もう一人も漢籍学者でなかった。

 このことは数十分前の閣議決定で「令和」が決まったことになっているが、これはトリックなのだ。ずっと以前から万葉集から引用した「令和」は決まっていたことになる。

 安倍嫌いは「安和」とならなかったことに安堵した。事前に安起用が各方面で騒がれてしまい、さしもの日本会議も方針を転換せざるを得なかったらしい。

 NHKの解説者は、万葉集は大宰府の梅をうたったものだと紹介した。

 調べると、大宰府は福岡県だという。麻生太郎の地元ではないか。知事選で

保保乱立で騒々しい。令も和も平和を意味しないものか。

<民衆が決めた元号にあらず>

 いえることは、この元号は、民衆無縁のものである。安倍・日本会議のものであっても、中立・公正な専門家が選んだものではない。

 主権者が感動するようなものではない。新時代どころか、平成の30年間は、凋落日本を象徴してきた。特にこの6年間は、福沢諭吉を大量に印刷するだけで、財政を悪化させ、経済を地獄へと追い込んだ30年だった。

 平成天皇をはらはらさせるような軍拡路線で、一段と財政を悪化させた。本来は起死回生の令和でなければならないのだが、安倍の私物化でそれはないだろう。

<交通違反で散々な目に合う>

 201941日は忘れられない日となった。ビザの件で千葉市へ行き、帰りがけに1130分を迎えた。

 菅の会見に耳が集中していて、赤信号に気づくのが遅れた。というよりも、前を走っていた車が信号を渡り切り、間隔が大きく広がった。渋滞に多少困惑していたせいもあって、安全を十分確認して走り続けてしまった。

 そこをパトカーに見つかり違反切符。車の菅会見を教えたところ、若い警察官は「何のことですか」と問い返してきた。

 公務員であるパトカー乗務員の彼はラジオも聞かない、知らなかったのだ。歴史的瞬間など多くの国民はどうでもいいことなのだろう。40年以上、車を運転して違反切符は、これで二度目である。反省、反省である。

201941日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

 


2019年危機(3)<本澤二郎の「日本の風景」(3271A

<逃げる防衛大学校の卒業生>

 どのような人間でも、一番大事なものは、命である。命あっての物種という。真実である。むろん、例外もある。例の南京大虐殺の場面では、隠れていた中国人女性を見つけた日本兵が彼女を強姦した後、そこに銃剣を突き刺した。もだえ苦しむ女性は「早く殺せ」と叫び続けた。その現場を巡察中の日本兵は、カメラのシャッターを切り続けた。これは貴重な真実の証言である。

 中国との戦争に備えるかのような首相から、恐怖で逃げ出す幹部候補生がいる。戦前なら軍人エリートだ。血税で学費免除どころか、月給11万円、ボーナス2回(38万円)の防衛大学校の卒業生の149人が、自衛隊から逃げた。今年の卒業生である。

<改憲軍拡・戦争屋首相に恐怖>

 危機をがなりたてて、改憲軍拡に狂奔する田布施の首相に違和感を抱いている日本国民は、本当に多い。新聞テレビが正確に調査すれば、はっきりするだろう。

 日本国憲法は、戦争を禁じているすばらしい憲法である。そう信じて、足を踏み入れた学生ばかりである。だが、入学してみると、様子がヘンである。

 毎年の入学・卒業式での首相発言は、いかにも戦争前夜のような雰囲気をみなぎらせている。教官も同じである。発足当初は、戦前の軍閥の生き残りが教壇に立った。

 おそらく学生は、神社参拝やら国家神道さえも押し付けられているに違いない。そう、戦前の日本軍とうり二つである。民主主義の軍隊ではない。

 神奈川県横須賀市の大学校を視察した際、校内の売店・書店をのぞいてみた。極右モノの本ばかりで、平和憲法を学べる本は全くない。

 死の商人が無辜の若者を変質させる学校といったほうがいい。右翼の軍隊に向けたステップが、教育の内容と言っていいだろう。

<国連平和維持活動の場面で「行かせないで」の直訴>

 PKOというと、国連の平和維持活動と説明され、なにかいいイメージを植え付ける名前だが、現場は戦場そのものである。鉄砲玉が飛び交う厳しい環境である。

 日本は9条のおかげで、そこから免除されてきた。その分、国連経費に大金を提供してきたのだが、右翼世論を背景に、これを強行した。確か公明党が賛成に回った、その成果である。

 この法律・PKO法が実現したとき、自衛隊内部は混乱して当然だった。隊員の家族は、もっと大変だった。防衛庁長官に直訴する家族は、後を絶たなかった。「うちの息子を行かせないで」という切実なものだった。

 「自衛隊になって死んだ」となると、戦前の日本軍と大差などないのだから。

 PKO時の防衛庁長官が、のちに語ってくれた、これも真実である。

<戦争しない憲法を信じて自衛隊員になった隊員家族>

 米海兵隊員というと、強姦事件の巣として知られているが、彼らは本気で戦争と向き合っている。他方、日本の自衛隊員は正反対である。「戦争をしない、してはいけない」という約束のもとに任官している。本来は、存在しなくていいのである。

 日本は海賊船を想定していない。海賊船をいる、いるとわめいているのは、1%の財閥と極右の面々、そこから宣伝費をもらっている悪しき言論人だけである。

 したがって、日本の船は帆船である。風力や太陽熱で走る日本丸である。乗り心地がよくて、最高に安全な乗り物である。こうして航海していれば、海賊船に襲われることなどない。

 日本国憲法の前文と9条に明記してある。そのことを約束して自衛隊員になった者たちで返済されている防衛省なのである。

 そうしてみると、この6年間の自民党と公明党は、やたらと改憲・9条破壊の憲法改悪を叫んできた。その点で、安倍晋三というA級戦犯の孫は、これ一筋に口走ってきた。

 自衛隊員の家族は、心配で夜もぐっすりと眠られないだろう。退官の日を待ち遠しく思いながら、生活しているのである。二つとない命、二度と存在しない命を本人も家族も大事にしているのだから、この6年間の異常さに辟易しているようなのだ。

<一連の戦争法制に仰天する自衛隊員>

 あれよあれよという間に、一連の戦争法制の強行に驚愕させられた日本人、とくに武器弾薬と生活してきている自衛隊員の精神は、安定どころか不安そのものである。

 とりわけ憲法が禁じる集団的自衛権の行使容認は、天地がひっくり返るほど自衛隊員とその家族に衝撃を与えた。「連立を組む公明党創価学会が必ずや反対して、強行は避けられる」と信じてきたリベラル派は、見事に裏切られてしまった。

 「木更津レイプ殺人事件」の被害者となった公明党創価学会のまじめな信者のKT子さんは、戦争法制の第一弾・特定秘密保護法が強行された201312月に「安倍に服従した太田ショウコウは、池田大作先生の裏切り者。決して許されない」と叫んでいた。

 無念にも彼女は、介護施設「かけはし」の経営者で、やくざの浜名に殺害されてしまった。その後に自衛隊の参戦法、ついで共謀罪へと次々と強行されていく。公明党の大胆すぎる裏切りに対して日本国民は、はらわたが煮えくり返って、2019年を迎えている。これは公憤である。

<自衛隊9条明記に感動した空母「出雲」の統合幕僚長>

 連日のように官邸に飛び込んで、安倍に逐一、隣国の軍事情勢を報告していた河野という統合幕僚長が、3月で退官したのだが、彼の途方もない発言を共同通信が、単独会見の形で報道していた。


 それは2019年危機の核心である9条改憲の中身について、9条に自衛隊を明記するという安倍改憲論に対して、彼は「ありがたいことだ」と本心から感動していた。9条に自衛隊明記は公明党案である。


 河野こそが、空母「出雲」の強硬な推進論者でもある。戦前の戦艦「出雲」は、上海事変で大活躍した不沈の戦艦で知られる。それが戦後の今、不沈空母として生まれ変わる。


 標的は韓国か北朝鮮か、それとも中国かロシアか。9条改憲の象徴となった空母「出雲」が、東アジアの安定どころか、不安定の核となる。自公による2019年危機を読み解く時である。

2019331日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

↑このページのトップヘ