やくざ国会<本澤二郎の「日本の風景」(3593)

<無恥首相につける薬は審議ストップ、関係者の国会喚問>

 NHKは安倍日程に合わせて国会中継をしたりしなかったりしているのだろうか。昨2月12日は部屋でパソコンとにらめっこしていたついでにラジオをつけた。たまたま自民、公明、維新の八百長質問の時ではなく、野党第一党がボールを投げていた。


 しばらくして、エースの女性議員が珍妙な改憲ボールを投げ始めたが、成果など出るわけがない。心臓は根っからの改憲魔である。どんなボールでも打ち返す。わかっていて、どうして?期待外れだ。


 シンゾウの公金・血税を自身の買収に悪用してきた、極め付きの犯罪「桜を見る会」を丁寧に徹底して追及して、国民の理解を深めるという作業から逃げたのがとても残念だった。

 テレビ観戦している善良な国民、耳で聞いている専門家もストレスが溜まるだけであろう。最後は「鯛は頭から腐る」などとなじり飛ばして時間切れ、いつもながらのやくざ国会風景である。


 「シンゾウ小僧の心臓には毛が生えている。皮膚は苔むして以前の面影はない。ガラパゴス諸島のイグアナだ。反省もできない無恥人間の代表ということが、今の野党はわかっていない。嘘や隠ぺい答弁には、国会審議を止めて、関係者を国会に招致して真相を明かすしか方法はない。どうしてそうしないのか。野党理事は毒饅頭で腹が膨らんでしまっているのだろう。まっとうな議員と入れ替えて、国会審議をストップさせる。そうしないと、やくざレベルの安倍・自公内閣を正すことはできない」

 シンゾウの秘書時代から知る清和会OBの指摘だ。「小沢一郎もボケが始まったのか。金丸信を思い出せ」との声も。



<安倍は鯛の頭なのか?>

 品格のない心臓に対して、腹に据えかねた野党議員の最後っ屁は「鯛は頭から腐る」。

 さっそく中国人に聞いてみた。「鯛は頭から腐るものか」と。返事は「中国に鯛はいないのでわからない」ということだった。


 日本では鯛は高級魚で、庶民の口に入ることはない。無知・無恥のずるい人間の心臓が、鯛であるわけがない。質問者は、心臓を買いかぶってしまっているのだろうか。

 彼はA級戦犯の孫で、こちこちのストロング・ナショナリストと欧米では分析されている。黒幕の財閥・台湾派・神社本庁・生長の家・統一教会・創価学会などは、とても利用・悪用しやすいのだろう。


 有権者の25%の最有力支援者は、信濃町の創価学会だ。この教団が覚醒しない限り、日本社会は分断のまま、国家主義と共に落下してゆく。現在がそうである。



<野党は腹をくくり解散に追い込むしかない>

 無知・無恥・無能・無責任の犯罪内閣を打倒する手段方法は、健全な野党が一本化して、政権の受け皿を用意するほかない。それがいまだ霧の中というのだから、日本国民は哀れである。


 世界では、若者も老人も声を上げて、政治の活性化に汗を流している。それはアメリカでも。民主党大統領候補の一番手に名乗りを上げているサンダース上院議員の支持者は、若者が中心である。

 宇都宮徳馬を連想する。戦闘的リベラリストである。


 金持ちから税金を集めるのだ。そして福祉を重視する。トランプを打倒できる本命候補になるかもしれない。


 日本はだれか?目に付くのは山本太郎ぐらいだ。彼の消費税10%を半減させ、その後に0%にする。これは本来の経済・景気対策である。1%財閥のためのものではない。


 環境・自然を破壊する欧米の科学技術文明は、いま地球温暖化によって崩壊している。自然と共存するしか、この地球は生きられない。16歳の少女の戦いは、賢い戦いである。除草剤・化学肥料・農薬の食糧生産を全面的に止めなければ、地球は死に絶えるしかない。


 帆船日本丸が最善の航海である。原発をゼロにするための戦いは、100年かかるだろうが、過ちは正さねばならない。人間も生き物も生き残れない。

 やくざ国会など温存できるわけがない。覚醒、覚醒するしかない!

2020年2月13日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

黒川・閣議決定は大間違い<本澤二郎の「日本の風景」(3592)

<法曹界のコケンにかかわる重大事件>

 安倍・自公内閣の犯罪もみ消し人といわれる東京高検検事長・黒川定年延長問題を閣議決定で強行したことは、検察庁法に明白に違反している。日刊ゲンダイと朝日新聞が真正面から報道、国権の最高機関での追及と、同時に日本法曹界の重大事件として、波紋が広がっている。


 集団的自衛権の行使で味をしめたのであろう、破憲内閣は閣議決定で違憲明白な戦場海域の中東に自衛艦なる軍艦を派兵したばかりの、安倍・桜内閣

は、政治屋を含め主権者の生殺与奪の大権を握っている検察のボス役に、想定できなかった定年延長を閣議決定した。


 安倍の母校・成蹊大学の恩師いわく「心臓は無知と無恥でずるい男」を、見事に演じ切っている。三権分立どこ吹く風である。日本法曹界に衝撃が走っている。


<内閣法制局の無能・大失態>

 政府の法令が日本国憲法に違反していないかどうかは、内閣法制局が正常に機能していることが、主権者に対して決定的に重要である。

 どうやら、この法制局が、安倍に比例して、歴代の方針を踏み外して、狂ってしまっている。それは、違憲である集団的自衛権の行使を容認、自衛隊の参戦を容認する自衛隊法が強行されたことが、見事に証明している。


 以来、法制局は名存実亡でしかない。1月には自衛艦の中東派兵を閣議決定強行を黙認、今回は国民すべての生殺与奪の大権を握っている検察人事(ありえない定年延長)にもかかわらず、これまたこっそりと閣議決定、法務検察のみならず法曹界を大混乱の渦に巻き込んでいる。


 この許しがたい暴挙に対して、市民から刑事告発が検事総長あてに成された。法務検察の異常事態は、国会のみならず司法全体、さらには法曹界、国民全体へと及んでいる。

 

<どうする!検事総長・日弁連>

 国家主義・国粋主義の不正と腐敗の著しい内閣を、検察権の乱用によって、擁護することが確実視されている真っ黒な人物を、次期検事総長へと格上げする閣議決定という暴挙を、主権者は容認することはできない。


 地に落ちた内閣と検察を象徴する重大事件であろう。


 これを検事総長がどうさばくのか。目下の関心事、政局の核心となってしまった。新聞テレビは、このことをわかりやすく解説する責任を負っている。国会議員は、有権者に説明する義務があろう。


 日弁連の動きが伝わってきていない。いつもながら、動きが鈍い。内部に右翼弁護士が多いのだろうが、今回の事件は論評に値しない国粋主義者の愚挙である。

 国民は、国民の権利を擁護する弁護士の団体の決起に期待している。


<内閣不信任案に相当する事案>

 今回のあまりにも露骨すぎる閣議決定に、釈明の余地はない。

 内閣不信任に相当する。国会は準備を開始すべきだろう。健全な与野党なのかどうかも問われる。

 賛同しないものは、選挙で追放する責任を、有権者は負うことになる。


 以下は日刊ゲンダイの記事の一部である。

<日本は法治国家でない>

代理人を務める元大阪高裁判事の生田暉雄弁護士がこう言う。

「政府は国家公務員法の規定で定年延長を閣議決定したわけですが、同法の対象は一般職で、<法律に別段の定めのある場合には定年制度の対象とはならない>とあり、従来から他の法律により定年制度が定められているものについては、それぞれの法律による定年制度を適用しようとするものと解釈されている。その例が検察庁法第22条による検事総長や検察官で、すでに法律に明確に規定されているものを勝手な解釈で変えてはならないのは言うまでもありません。本来は法律のプロ集団である内閣法制局が見逃すはずがないのですが、おそらく安倍政権は『後で説明すればいい』と考えて内閣法制局に相談しないまま閣議決定したのではないか。これは法治国家ではない。とんでもない無茶苦茶なことが起きているのです」


2020年2月12日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

高い国民宿舎・九十九里思考<本澤二郎の「日本の風景」(3591)

<提案・年金生活者が手軽に利用できるコースも>

 カミさん孝行のため、誕生日に合わせて、思い切って国民宿舎・九十九里サンライズに一泊した。お目当ては太平洋から登る直後の赤い太陽を見物するためだ。トランプと心臓が邪魔したものか、前回と同じく目的を達成することが出来なかった。


 せめて安い料金であればうれしいのだが、二人分2万4000円。年金でかすかすの生活をしている貧乏人にはきつい。

 提案だが、老人コースをシーズンオフに実現してはどうか。食事の

量や品ぞろえを削減すれば、可能であろう。20年余のデフレ経済は、異常である。国民宿舎を名乗るのであれば、是非とも配慮してほしい。実現すれば、兄弟や縁者、仲間を誘ってもいい。

 宣伝を無料でもしたい。どうだろうか。


<安倍晋三のように官房機密費を利用できない庶民>

 国民は財政破綻の日本財政の行く方を心配している。しかし、心臓はどこ吹く風である。


 確か韓国の大統領は、自費で食事しているが、安倍晋三は血税である官房機密費をふんだんに使って、毎夜グルメ三昧である。

 健康にも悪い。慶応義塾の主治医は「やめなさい」と注意すべきだろうが、今まではそうしていない。


 超軍拡予算を7年連続編成して恥じない。


<無念・今回も太平洋上に黒紫の雲が邪魔する>

 太平洋上に浮かぶ赤い太陽を、2月11日も拝むことが出来なかった。

 日の出は6時22分ごろだ。同15分ごろ4階の大浴場に飛び込んだ。すでに6、7人のおじさんが入浴して、太平洋をにらんでいたが、無駄な努力だった。


 東の地平線に沿って、帯状に紫がかった黒雲がどっしりと居座って動こうとしない。手前は、これまた黒い帯が幾筋も海岸に迫ってきて、最後は真っ白なしぶきとなって、泡となって消えている。


 太陽は黒雲の頭上へと飛び出す瞬間は、山の端ならぬ黒雲の端が、溶鉱炉の鉄のようになって、多少は期待させてくれたが、そこから飛び出すと、もはや赤い太陽ではなく、普通の太陽となってぐんぐん上昇して、日本列島を照らし出して、九十九里サンライズの大自然の舞台は幕を引いてしまった。


<トランプの嫌がらせか、サンダース頑張れ>

 初めてここで赤い太陽を見たのは、およそ40年前である。その日も真冬だったので、今回も期待したのだが、駄目だった。

 やっかみ半分に「トランプのせいだ」と勝手に解釈した。


 目下、米民主党の大統領候補の78歳、サンダース上院議員に、改めて期待をかけた。富裕層への課税強化は、アメリカのみならず、日本もそうしないと経済は窒息する。時代の流れである。

 財閥500兆円に手を突っ込んで、消費税をゼロにしないと、この国は壊れるばかりである。


<帰路・大多喜城・養老渓谷経由で帰宅>

 帰路、高額の高速道路を利用しないで、ゆっくりと一般道を走った。

 途中、大多喜城に立ち寄った。久留里城とよく似ているが、こちらは有料だ。途中で引き返す人たちも見られた。駐車場の料金にもびっくりした。

 ここには40年以上前、環境庁長官をした森美秀代議士の後援会で講演をした後、秘書が案内してくれた。当時は誰もが自由に出入りできた。世知辛い世の中である。

 2年ほど前に養老渓谷を視察したが、代表的なホテルが朽ち果てていたが、いまも変わりなかった。数件で営業していたが、客は極端に少ない。

 庶民向けの値段にすれば、客足は落ちないはずだが、日本の観光地は、いったん吊り上げた値段を下げない。疲弊して当然である。


<千葉日報の大木晃記者は4年前に逝って会えず>

 今回の九十九里行きには、もう一つの目的があった。千葉日報の記者で活躍した大木晃君との、50年ぶりの再会である。彼は九十九里の近くの山武町の出身である。

 いまは山武市かもしれないが、必死で電話番号を探し当てたのだが、もう4年前に別世界に逝っていた。衝撃を受けてしまった。筆者よりは、3歳か4歳若いはずだ。

 生きていれば、彼はこの界隈の事情を知る主である。昨年の15号台風時に雲隠れした、俳優崩れの知事の正体に詳しいはずだ。いい人間は早死にするのだろうか。

2020年2月11日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

↑このページのトップヘ