2019年危機(13)「死の商人」決起<本澤二郎の「日本の風景」(3280)

<平和の平成天皇を困惑させた元凶>

 退位目前の平成天皇の発言中、30年を振り返って「戦争が起きなかった」という安堵したくだりで、涙声になった場面を忘れない。ところで主権者である国民は、皇居の中を想像することもできない。分厚いカーテンで囲われているためだ。宮内庁の任務であるらしいが、さりとて天皇周辺には、それでも情報が集中しているようなのだ。

 嘘か真か、以前、辛辣な政権批判をする御仁が「私の読者は天皇」と口走ったことがある。戦前の侵略戦争の元凶は、いうまでもなく一部の悪徳官僚や交戦派軍人、政治屋が深く関与したのであろうが、本丸は財閥・死の商人である。

 皇室にとって、財閥の表の顔である大手町の行方に関心が向くことになろう。そうしてみると、この6年間のそれは、死の商人が牙をむいていることがわかる。高齢者は「軍靴」の音をかき分ける。平和軍縮派である筆者にもわかる。

 大手町が危機の震源地なのである。憲法改悪の震源地も大手町なのだ。そういえば、読売本社も大手町である。死の商人決起に皇居が震えあがっていたことなのか?

<日立・経団連会長の「原発作れ」の大号令>

 数日前になるのか。大手町の主は、現在、財閥・日立の番である。日立というと、茨城県を思い出す。福島の東電原発爆破現場の隣である。さぞかし放射能アレルギーが強いと考えられるが、名前など知らないが、この日立・経団連会長が「日本は54基の原発では不足する。再稼働は言うまでもなく、新規増設を図れ」と記者会見で、狂ったように吠えた。

 平和軍縮派は、当初、聞き間違いか、と思ったほどである。

 ネット情報に出ている。財界担当記者はみな知っている。記事にした記者もいるだろうが、問題は、この狂い咲きの発言をどう記事化したか、でその記者の価値が決まる。想像するに、大半が「垂れ流し」ではないだろうか。

<311の教訓ゼロ、広島長崎を忘却>

 日立はイギリスの原発建設を断念した。これほど危険で、コストのかかるエネルギーは、この地球に存在しない。311事故が証明している。ドイツのメルケル政権は、即座に廃炉に転換して世界をあっと言わせた。メルケルは賢明な政治指導者である。

 日立は311の教訓ゼロの財閥である。イギリスの原発建設に手を出して、失敗したばかりである。輸出がだめなら、日本国内につくれ、である。

 死の商人にとっては、広島・長崎も、2011年の311も関係などないのだ。むろんのことで、同じくトルコに輸出しようとして、安倍晋三を先頭に売り込んだが、ここも失敗した三菱重工である。

 それでも原発推進にこだわり続ける。なぜか?彼らには人間の心が存在しないのである。死の商人に人間性などあろうはずがない。欲得で行動する輩なのだ。

 東電福島3号機は核爆発を起こした。水素爆発と宣伝する政府関係者と製造企業の東芝は、現地に行って確かめるといい。1号と2号は水素爆発だが、3号機の東芝製は核爆発を起こしている。

 友人が白血病で入院している。白血病患者が増えているようだ。妻は肺腺癌で死んだ。2013年11月23日が命日である。311と関係がないのか。息子は311の前年の4月7日、入院直後の東芝経営の東芝病院で窒息死させられた。それでいて反省も謝罪もない。

 東芝は原発に手を出して、ついに沈没、それでも人間性のある経営者は現れない。日立も東芝も三井系という。

NHK+読売などマスコミ制圧>

 死の商人決起は、公共放送のNHKに財閥代表を送り込んで制圧してしまったことで判明した。政権もまた、財閥傀儡である。NHKから政権批判が消えて、安倍広報機関に堕してしまった。これは大変深刻な事態である。

 言論の自由を喪失した日本国民は哀れを通り越した。戦前回帰であろう。


 まずは、権力の横暴とはいえ、こうした事態を受け入れてしまったNHK関係者に驚愕する。なぜ言論の自由を守らなかったのか。それこそ体を張って守れなかったのか。確かに、一皮むいたNHKには、政治屋や財界人の裏口就職組が相当数存在していた。土壌を改造させられていたのである。NHK労組の弱体化のもとで、財閥は決起したものだ。NHKの読売化は事実である。


 新聞を読まない21世紀は、テレビ報道と連携するスマホで、悪しき政府は国民を容易に扇動することができる。日本は、テレビチャンネルの少ない。読売の日本テレビ、産経のフジテレビ、日経のテレビ東京で、悪しき権力は人々を容易に操作・扇動することができる。

 その先頭にNHKが立ったということは、財閥傀儡政権が見事にクーデターを成功させたことになる。安倍晋三を操る真の黒幕が財閥・死の商人と断罪できる。平和国民を追い詰めている2019年危機なのである。

9条崩壊目前>

 森友事件・加計幸太郎事件・TBS強姦魔事件と次々と安倍犯罪が発覚しても、安倍はやめない。野党追及も、恐ろしく弱い。3分の2に軽く押し切られてしまう。

 驚異の超軍拡予算でさえも、スイスイ成立してしまう。超高額のミサイル導入、一機100億円をこえるステルス戦闘機を、今後100機も購入する。F35だけで1兆円を超える。

 4月1日から物価がぐいぐいと上昇している。その上に10月から10%消費税がのしかかってくる。莫大な借金財政の日本を、米国の学者は「日本沈没」と警鐘を鳴らしている。

 死の商人決起の当面の目標は、9条改悪に尽きる。これこそが2019年危機の正体であるが、新聞テレビは真正面から報道しない。恐ろしい2019年なのである。

<信濃町の軍国主義化>

 この恐怖の先導役が、意外や信濃町である。公明党創価学会である。ここを世人には理解不能であろう。というのも、信濃町の懐は国民が仰天するほど豊かである。

 三井・三菱などの銀行に腐るほど預金している。そのほかにも。本来であれば、財閥に圧力をかけることができる立場のはずだ。


 中国との信頼を培った池田大作のいなくなった信濃町で、劇的ともいえる変動が起きている。安倍晋三の腰ぎんちゃくになった太田ショウコウ・山口那津男らの信濃町クーデターである。


 9年も東京での中国大使を歴任した創価大学OBの程氏の回顧録が、事態の深刻さを証拠として裏付けるかもしれない。池田を排除した、背後での太田・山口らの、池田裏切りの真相を承知しているのかどうか。


 いえることは、信濃町の全面的な支援のもとで、一連の戦争法制は強行されてしまった、という史実である。最初の特定秘密保護法強行場面で、やくざに殺害された「木更津レイプ殺人事件」の美人栄養士の乾坤一擲の叫びは、いまも太田の心臓を直撃している。


 信濃町の強力な支援なくして戦争法制は実現しなかった。池田の無念は想像に絶する。財閥の決起に連動した信濃町の、悪魔のような戦いが、2019年危機の、結末を決めることになるのである。

 以上はだれも書かない、書けない2019年危機である。

2019年4月10日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

2019年危機(12)退位天皇の無念<本澤二郎の「日本の風景」(3279)

<「令和」の大友旅人の無念を万葉学者が解説>

 ごく普通の日本人は万葉集を知らない。教科書で少し教えられた程度である。実は、新元号の梅かおる大宰府の「令月」の旅人の心情は、信頼する都の長屋王の自害に、悲嘆にくれたものだった。出版編集者が、本物の万葉学者・品田悦一氏の解説文をメール送信してくれた。


<大宰府の梅は大陸との交流の成果>

 寒さにもめげない梅の花は、桜よりもずっと早く咲き誇る。大宰府のそれは、日本海から吹きまくる冷たい風に抗して、可憐な花びらで、周囲を明るくさせて美しいが、大友旅人の当時の心は、凍り付くような心で、そんな平凡なものではなかった。

 現在も梅が盛んな大宰府は、その昔から大陸との交流の深さを証明している。樹木以前に人の交流が多かった。大陸の文物の伝来も豊富だった。

<歌群の序文は中国・後漢の漢籍から引用>

 歌の序文である「令月」は、後漢の書を引用していることは、すでに明らかになっている。安倍晋三の「国書」が原典という説明は、文句なしに間違いである

。所詮、無教養なシンゾウにとって、それはどうでもよいことだった。反戦平和の平成天皇を退陣させる、という皇室との争いに勝利したシンゾウである。新元号を自ら公表したことで満足だったのだから。


 梅の美しさを、平凡に歌った万葉集では全くなかった。背後には、都での血なまぐさい権力抗争が繰り広げられて、敗者の側の旅人の怒りが蓄積していた。いまの永田町の権力抗争と変わりない。当時は、富岡八幡宮事件のような刀剣で人間の命を奪うような、凄まじいものだった。

<長屋王殺害に悲嘆にくれる旅人>

 飛鳥時代から奈良時代にかけての皇族・左大臣にもなった長屋王が、いうなれば大友旅人が信頼し、仕えた人物だった。

 彼らの前に立ちふさがったのが、藤原四兄弟だった。皇族にも入り込み、ついには天皇を生み出した藤原家に長屋王は抵抗した。側近の旅人は、大宰府に追いやられ、ついには長屋王は敗れて自害。悲嘆にくれる旅人は、宴を開き、歌会でもって、その無念を行間に忍ばせた。


<「権力の横暴を許せない・忘れられない」が真意>

 「どうかわたし(旅人)の無念を、この歌群の行間から読み取ってほしい。長屋王を亡き者にした彼ら(藤原四兄弟)の所業を、どうしても許せない。権力をかさに着た者どもの、あの横暴は許せないどころか、片時も忘れることができない」と品川氏は解説している。


 この解説文から「権力の横暴を極める藤原一族はだれか」と聞かれると、多くの日本人は即座に納得するだろう。現在の長屋王は、平成天皇かもしれない。


<反戦平和の天皇を追い出した一族とは?>

 平成天皇は、姿ばかりでなく態度からも、誠実な人間として評価できる。親しかった島村伸宜元農水相は、天皇とは学習院同期だから、彼から人となりを聞いたものだ。

 彼が面倒を見ていた中国人の宋さんの計らいで、一緒に北京を訪問したこともある。中曽根康弘側近でも知られたが、彼は農業・環境問題にも首を突っ込んだ。中曽根は平成天皇よりも、大室寅之助の明治天皇を尊敬していたが、現在の日本国民は反戦平和の平成天皇に違いない。シンゾウを含めて国家主義者は、好戦派で刀剣を手にした明治天皇が好きらしい。


 幼くして敗戦の惨状を目撃、アメリカン・リベラルの洗脳を受けた平成天皇こそが、日本国憲法が期待する象徴であろう。旅人の心境で今を眺めている国民は、決して少なくないだろう。

2019年4月9日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員


https://docs.wixstatic.com/ugd/9f1574_d3c9253e473440d29a8cc3b6e3769e52.pdf





https://docs.wixstatic.com/ugd/9f1574_d3c9253e473440d29a8cc3b6e3769e52.pdf

2019年危機(11)野党壊滅の恐怖<本澤二郎の「日本の風景」(3278)

<北海道知事選大敗の衝撃>

 201947日投開票の統一地方選最大の注目選挙区は、野党と与党が真正面から対決した北海道知事選。結果は自公の与党が圧勝、立憲民主党・国民民主党・共産党・社民党・自由党の野党候補を弾き飛ばしてしまった。これの衝撃は大きい。7月の衆参同日選へと波及すると、野党は壊滅的打撃を受けるだろう。その可能性を否定できない。野党壊滅の恐怖である。今の野党だと、党利党略レベルの戦術では、北海道の結果が、国政レベルでも表面化、日本は危機的な事態に追い込まれる。

<革新の土地柄で野党結束に失敗>

 北海道は、アイヌ民族の地である。彼らを排除した天皇制の明治政府が、現在の北海道を形成した。有名な札幌のススキノは、安倍晋三にとってなじみの場所である。

 石炭の採掘が盛んで、そこへと労働者が殺到、戦後は労働組合が活発に活動する北海道となった。本来は革新の地であった。55年体制の自社時代では、北海道は社会党の地盤としても知られた。そこで野党は惨敗した。162万と96万の大差である。

<野党の実力を暴露=同日選でも?>

 「野党候補は手あかのついていた人物。勝ち目はなかった」との指摘もあるが、それにしても負けっぷりが大きい。元小沢一郎秘書である。小沢は沖縄の知事選に勝利して「北海道でも」と計算したのであろうが、有権者の目は厳しかった。

 敗因は野党の結束力が問われている。党利党略というおぞましい野心から、いまだ野党は抜け切れてはいない。このまま夏の国政選挙を迎えると、間違いなく自公与党は、3分の2議席を確保するだろう。

 野党は壊滅的打撃を受けて、立ち直ることができなくなろう。政党としての存在を失いかねなくなろう。これは冗談ではない。

<自公は軍資金が腐るほど>

 夏の衆参同時選挙は、日本の前途を占うもので、戦後最も厳しくも大事な選挙となる。主役が極右の安倍・日本会議だからである。

 そこでは乾坤一擲の勝負が待ち構えているが、そうした認識を野党は不足している。選挙の勝敗は、軍資金で決まる。

 安倍・日本会議のそれは腐るほどある。東京五輪利権・皇位継承人気を計算に入れて、というよりも、2019年決戦に向けた布陣を敷いてきたものである。

 これに対抗するためには、三国志の諸葛孔明のような軍師が必要だが、いまの野党に一人もいない。

<帆船・日本丸の沈没の恐怖>

 何度でも繰り返す価値がある。日本の戦後は、船に例えると、軍艦や空母ではない。戦争する船ではない。海賊船であろうはずもない。

 日本丸は帆船である。風力や太陽、波などの自然のエネルギーで航海する帆船である。一見してひ弱そうだが、実際はこれほど強力で、安全な船はない。帆船に襲い掛かる軍艦があるだろうか。

 中世ではない。21世紀の世界である。核を保有する国は少なくない。武器として無用である。第一危険極まりない。

 だが、安倍・日本会議は、そこへと突っ込んでいる。すでに空母「出雲」を発進させて、帆船を軍艦に大改造している。これこそが2019年危機なのである。戦前の日本へと引きずり込もうとしている。


 帆船・日本丸が沈没しようとしている。


 今回の地方選で話題となったのは、打撃を受けたのは小沢だけではない。麻生は支援した知事候補が100万もの大差をつけられた。二階は大阪で惨敗、足元で側近の県議を失った。共産党候補に敗れた。自民党も公明党も強くないが、それでも野党は壊滅する。そのことを裏打ちしてくれたことに、国民は気づく必要があろう。

201948日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

↑このページのトップヘ