怖い集団主義病<本澤二郎の「日本の風景」(3627)

<強制力なしの首相要請に日本の学校などが全休校・休業>

 身びいきしているせいかもしれない、気づくのが遅れたが、ここは歴史の教訓として、是非とも指摘しておかねばならないことがある。侵略戦争で見事に演じた日本国民の集団主義病である。これが起きていた!

 強制力のない首相会見に対して、日本列島が全てひれ伏してしまった。学校のすべてが休校、関連する企業体も休業して、目下、悲鳴を上げている。戦前の国家主義教育が今に生きている!


<自立していない教育現場と児童生徒>

 集団主義の病が、日本人を形成する教育現場で起きたという事実に、いまだ政界さえも気付いていない。与党の自公はいうまでもなく、野党の民主党も、集団主義に徹して、問題の緊急事態宣言の法改正に右ナラエした。ひとり山尾志桜里が、自立する女性国会議員を演じたのみだった。


 国民の代表がこの調子である。恥を知らない点で、安倍レベルである。そして教育現場の無様な一糸乱れぬ対応だった。


 観光地はともかくとして、それ以外はマスク・手洗いで対応可能である。欧州でのパンデミックも、観光地がクラスターとなって、被害が拡大している。なにも2月末の時点で、学校を閉鎖する必要などなかった。都道府県に任せるべきがった。第一、そんな権限が首相にはない。それでいて、このありさまだから、戦前を想起させる事態となり、各地・各業界・国民が被害を受けてしまっている。


 自立する人間によって、民主主義は確立できる。自立しない人間の下では、制度はできても、そこには独裁が生まれる。この7年間は、確実にそうだった。



<自立しない戦前戦後の日本人女性=レイプ文化>

 特に、日本の深刻な事情は女性が自立していない。「木更津レイプ殺人事件」を取材して体得させられてしまったものだが、この事件ではやくざに強姦された女性が、110番通報しなかった。

 性奴隷の日常生活にも屈し、最後の最後に飛び出そうとして「ばらすぞッ」というドーカツに衝撃を受け、突発性の大動脈りゅう破裂で即死してしまった。

 千葉県と東京に立派な娘がいるが、刑事告訴しようとしていない。


 いうところの「レイプ文化の日本」を、それこそジャーナリストとして衝撃的に受け入れするしかなかった。

 日本文化研究の第一人者・ルースベネディクトの「菊と刀」が指摘する半封建性の日本人女性は、戦後も続いていることになる。女性の自立が、健全な民主主義・健全な日本の行く方をけってい付けるだろう。

 それは男尊女卑の日本ということでもある。日本人は、このことについてよくよく考える必要があるだろう。


<森雅子法相の首相にかしずく哀れな姿>

 そうした悲しい女性を演じ切っている現在の人物というと、法相の森雅子であろう。安倍のいいなりに、昨日も参院予算委員会で見せつけられた国民は、苛立たしい気分にさせられた。


 検察庁法に違反して、黒川醜聞検事?を定年延長させたのだが、この時点で辞表をたたきつける場面だったが、そうはしなかった。


 ひたすら安倍にかしずく、忠誠を誓う女性法相を演じさせられた。自立しない森雅子に、有権者は泣いてしまいそうだ。少なくとも、会津の伊東正義ら福島県民は、歴史を紐解きながら、本気で悔しがっていたろう。



<失礼!議会は雀の学校?>

 昨日は、寒い強風のせいで、いつもより長くラジオで、議会の論戦を聞いてしまった。失礼ながら、建設的な成果など全くなかった。

 与野党の議員がこぞって、死に体首相を起こして「これ頂戴」「あれやって」と、休業補償を勝ち取るために、失礼ながら、ぴーちくぱーちくと雀の学校よろしく、直訴することに終始した。なんのことはない、安倍桜事件に負けじと、選挙運動に専念していた。


 すでに海外に、60兆円をばら撒いてきた親鳥に金はない。しかも超軍拡予算などが災いして、莫大な借金を抱えて首が回らない。黒田・日銀も、破綻寸前の青息吐息である。「もう年金基金40兆円が消えてしまっている。泣くに泣けない」と事情通の腸は煮えくり返っている。


 WHOには、五輪工作資金として150億円ほど拠出していて、さすがの死に体首相も、何でもハイハイとはいかない。「五輪開催まで紙を印刷するだけだらいいか」でやり過ごすのであろうが、刻一刻、集団主義の国民も元気を失っていく?


 幸いなるかな、小さな庭に40年前、山からほじくってきたボケの淡い赤色の花が、見事に咲き誇っている。水仙も黄色く輝いている。ツバキの赤と桃色の花もいい。一本のグミから、小さなピンクの花も、まじまじと見つめていると、心が和む。Sさんにいただいた「春一番」というツツジに似た花も、咲き始めたところである。北風と向き合っている桜の大木は、当分先の話である。

 晴耕雨読の埴生の宿も、まんざらではない。ただし、昨年の15号台風が今年も来るだろうから、そのときはどうなるのか。全国的な地震の連鎖も、不気味ではある。


 早朝の海外報道で、トランプ敗北を裏付けるような株の大暴落が飛び込んできた。本日は、日本が後追いすることになる。「安倍よ、逃げないで、すべての責任を取ってから、辞めなければならない」と警告しておこうか。

2020年3月17日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

やくざと警察の癒着<本澤二郎の「日本の風景」(3626)

<香川県警を「四国タイムズ」(当時)が追及、編集者が銃撃負傷>

 世界は、以前から指摘してきた通りの、パンデミック大不況に落ち込んで、人類に相当の覚悟を求めている。生か死かの瀬戸際といっても、おかしくないくらいだ。日本は、政府のお粗末な疫病対策が輪をかけてしまっているが、国民は、なけなしの年金基金が気になっている。真相が判明すればパニックに陥るだろう。

 他方で、国会は安倍事件に関連して、疑惑と定年延長の黒川問題で、法務省と法相に関心が集まっている。この関連で、疑惑追及の「四国タイムズ」(現在日本タイムズ)が、香川県警とやくざ・暴力団の癒着を追及、其の結果、やくざの銃撃を受けて負傷していた事実が、昨日の「黒川醜聞は本当か」の掲示板コメントで明らかになった。


<「木更津レイプ殺人事件」の千葉県警・木更津署は大丈夫か>

 一般国民は言うに及ばず、やくざと聞いただけで、震え上がる新聞テレビの編集人が、悲しいことに大半である。やくざによる強姦・性奴隷・ドーカツ殺人という、悲惨すぎる「木更津レイプ殺人事件」を、徹底して取材する中で、政治専門のジャーナリストも、やくざが跋扈する日本を知ってしまった。

 逃げるわけにはいかない。とことん、追及して犯人のやくざを極刑にする道義的義務を負ってしまった。

 やくざ事件の大事な点は、隠れてこそこそ蠢くと、そこを攻めてくるため、何でも公開するに限る。


 そこで、香川県警癒着事件が、どのようなものだったのか。是非とも知りたい。黒川疑惑が表面化した背景でもあるからだ。

 なにか問題が起きると、必ずそこにやくざが顔を出して、ドーカツしてくる。昔も今も変わらない。「木更津レイプ殺人事件」の千葉県警と木更津署は大丈夫なのか、いま急に心配になってきた。



<「黒川醜聞は本当か」の記事に山岡氏が添付資料>

 昨日書いた「黒川醜聞は本当か」をブログに載せると、その後にどなたかが、掲示板に転載してくれた。すると、そこに「山岡俊介の取材メモ」関連で、ミニコミ誌が登場し、勇気ある川上道大記者の活躍も紹介された。

 大活躍してきた川上記者の一つが、香川県警とやくざの癒着という、信じがたい「乱交」を、添付してくれた資料で判明した。


 「木更津レイプ殺人事件」では、木更津通信部の朝日と東京の2紙の記者に紹介したが、二人とも逃げてしまった。これには元千葉県警担当記者の方が、驚いてしまった。

 要するに、現在は本物の記者はいない。国家主義も国粋主義も自由主義も分からない無知で、無恥な記者や政治屋が大半ということなのだ。安倍レベルなのだ。新聞離れはやむなしか。


<川上道大氏の詳細報告書を期待>

 ともあれ、川上道大が主宰する「日本タイムズ」は、権力にもやくざにも屈しない、長周新聞を超えるような本物かもしれない。

 そこで、お願いである。香川県警とやくざの癒着のことについて、是非とも記事にしてもらいたい。あるいは、書かれた記事をブログに発信して、公表してもらいたい。山岡氏にも頼みたい。


 日本には、保守系議員を中心とした、悪党政治屋がいっぱいいる。そこには、まず100%やくざがまとわりついている。やくざが跋扈する日本なのだ。「レイプ文化の日本」を象徴しているのだが。

 したがって、やくざを退治しないと、女性は自立できないし、民主主義の日本も形骸化でしかない。以上は日本の恥部そのものである。


<やくざ跋扈は「千葉・神奈川・愛知・福岡」だけではない>

 自民党本部や首相官邸に詳しい友人の解説によると、日本列島で特にやくざが台頭しているところは、千葉県・神奈川県・愛知県・福岡県ということで、このことは月刊タイムス1月号に書いておいた。

 実際は、尊敬する大平正芳の地元の香川県でも、となると、これは文字通り、日本列島全体がやくざが取り仕切っていることになろう。安倍晋三が、ライバル叩きにやくざを使ったことは、「山岡俊介の取材メモ」で判明している。


 以下の文章は、そのメモの一部である。

2020年3月16日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

そうかと思えば、日本タイムズがまだ「四国タイムズ」名で香川県高松市で活動していた際、香川県警と地元暴力団との癒着疑惑を追及していたところ、家族も含め度重なる襲撃を受け、ついには川上氏は組員に銃撃され負傷(06年3月。犯人は懲役15年の実刑。横写真=「読売」06年7月20日大阪地方版記事)。それでも筆を曲げないどころか、さらに精力的に報道を続けており、事情通の間では知る人ぞ知る“信念の人”。

最近では日本タイムズ紙上で、1912月に21億円の横領容疑で事件化する学校法人「明浄学院」(大阪府熊取町)の元理事長らの不正を早くからスクープしている。


黒川醜聞は本当か<本澤二郎の「日本の風景」(3625)

<犯罪のもみ消しに謝礼500万円?>

 弁護士や検事、判事は善人としての良心に従って、判断し、行動しているものだと、大学で法律を少しばかりかじった時、そう認識してきたジャーナリストも、40歳の時点で、人権派弁護士から「違う」と言われたときは仰天したものだ。

 次男の明白な東芝病院医療事故死事件を、東京地検の松本朗が不起訴にした時点で、見事に証明されて、悲しい現実に頷いてしまった。これら司法に携わる世界にも、悪党がはびこっている!

 昨日は、安倍・自公内閣が検察の番犬として、次期検事総長に起用しようとしている黒川・東京高検検事長に、こともあろうに収賄の嫌疑がかかっていることに驚愕してしまった。

 嘘であれば名誉棄損で訴えることが出来るのだが、それをしていない。犯罪のもみ消しの謝礼500万円疑惑は、現実味を帯びている。



<最高検に告発状、受理する法的義務を負った稲田検察>

 最近、千葉県警関連での犯罪事件の告発に対して、担当する警察署から「受理しない」という途方もない事案を見聞したばかりである。無知無能の警察署の存在に驚いているところだが、これはいずれ黒白をつけねばならないが、刑事訴訟法は、告訴・告発に対して検察・警察は、受理する法的義務を負っている。


 この黒川疑惑については、最高検にも告発状が出ている。したがって、最高検は、真摯にこれを受け止めて「捜査の端緒」としなければならない。刑訴法が命じるところである。


 相手が首相であろうが、身内の検事長であろうが、日本国憲法は「法の下の平等」を謳って、一歩も譲らない。

 稲田検察は、公正に判断して、疑惑の有無を、徹底的に調べる義務がある。身びいきがあってはならない。日本国民は、捜査の行く方を重視している。


<大忙しの稲田検察・法務検察の正念場>

 政府・首相のための番犬に成り下がった黒川に対して、国民は重大な懸念を抱いている。のみならず検察内部の認識もそうである。


 最近は、検察庁法の規定を破った法相と内閣が大暴走して、政府全体の不正と腐敗が露呈した。飼い猫にされた森雅子も、辞表も出せず哀れだ。


 その前に桜重大事件が発覚、首相に対して財政法違反・公職選挙法違反・政治資金規正法違反などで、刑事告発されている。稲田検察の力量が問われている。


 現時点では、河井前法相と妻の参院議員の1・5億円一大金権選挙違反事件が、捜査の渦中にある。広島地検と同高検は、大車輪の活躍をしている。この事件は、想像しなくても「安倍事件」であると国民は理解している。1・5億円の党本部からの巨額資金と、安倍事務所からの4人秘書の、それぞれ投入された重大な、主権者の期待を裏切った事件である。


 背後には、安倍の政権延命のための、岸田・宏池会壊滅もあったところから、自民党内の権力抗争の側面もある。


 「政治に関与しない検察」を目指している、稲田検察の正念場でもあろう。そこに降ってわいた、東京高検検事長疑惑事件である。


 繰り返すが、告訴告発は受理する法的義務を、検察警察は負っている。


<「山岡俊介の取材メモ」に詳細、録音も>

 疑惑の詳細は、ジャーナリストの世界では、著名な人物の「山岡俊介の取材メモ」で、全体像を確認できる。

 有料なので、その冒頭部分をここに貼り付けようとしたが、なぜかうまくいかない。何かカラクリをしているのかもしれない。当局の仕業であろうが、告発状には、賄賂を配って不起訴にされた犯人の録音もある。あわてて当事者が否定しても無駄である。


 まさに驚天動地の重大事件も、稲田検察の任務であることを、国民の一人として申し添えたい。

2020年3月15日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

↑このページのトップヘ