信濃町三国志<本澤二郎の「日本の風景」(3602)

<池田大作氏と国民を裏切った公明党幹部が安倍の前に勢ぞろい>

 死に体の安倍晋三が、治療のため使用している六本木のホテル「グランドハイアット」に飛び込んだのは、2月18日午後6時39分。場所はいつもと違ってホテル内の中国料理店「CHINAROOM」。


 7年前から5年、中国ととことん対決、国際社会で60兆円もの大金をばら撒いてきた実績を、最近は鉄の蓋で覆っての日中修復を印象付けようとの思いが、この店での宴会となったものだろう。


 待ち構えていたのは、世間から「公明党毒饅頭組」と言われている面々。筆頭の太田ショウコウ前代表以下、配下の斎藤哲夫幹事長、石井啓一幹事長代行、高木陽介国対委員長、佐藤茂樹選対委員長、それに安倍内閣の国交相・赤羽一嘉。


 「池田が最も忌み嫌う国家主義者・国粋主義者の安倍の軍門に下り、死に体の場面でも、忠誠を誓う悪党の面々らだ。池田が元気であれば、全員が追放されていたろう」と事情通でさえも、口を開けば悔しがっている。

 もはや公明党の再生はない。


<一抜けた代表の山口那津男?亀裂が入った公明執行部>

 歴代の公明党のトップは、必ず落馬した。池田の教えに反して、敵の大将に懐柔され、大金を懐に入れて、それをやり過ごしてきたからである。

 その第一番手が竹入義勝だった。池田の意向を受けて日中友好に貢献したが、田中角栄にどっぷりとつかりすぎてしまった。軽井沢に別荘を構えるなど、蓄財に目がくらんでしまった。


 二番手の矢野純也は、竹下登との深すぎた関係である。東京にも邸宅を構えているという。

 両者とも、政治家に慣れなかった。政治屋として、池田と純朴な学会員を裏切ってしまった。


 三番手が太田ショウコウ(昭宏)である。この人物に注目するようアドバイスしてくれたのは、木更津市の戦争遺児のKT子さんさんだった。彼女は、2013年12月に戦争三法の一つ、特定秘密保護法が成立した時点で、太田国交相の裏切りを、強く指摘した。


 

 彼女の次女の娘婿は、公明新聞幹部だった。内輪の情報を知る立場にあったのだろう。もともと戦争遺児は、平和に強い執着がある。このことは、2013年の時点で公明党内部で、戦争三法に対して池田派と太田ら公明執行部の間で論争が起きていたのだろう。


 それは当然のことで、公明党創価学会は「右翼の安倍を抑える役割を公明党が担い、果たす」と内外に吹聴してきていた。日中友好派の筆者も、それに期待してきた一人だった。

 リベラルな宗教政党という、池田党に安心する国民も存在した。現実は違った。池田どころか、国民をも裏切って、公明党創価学会もろとも、安倍にひれ伏してしまった。3分の2議席は創価学会の成果である。


 そこで安倍の暴政が始まった。信じがたいことだが、特定秘密保護法、自衛隊参戦法、共謀罪の戦争三法が太田の支援で強行成立した。安倍が感動したことは言うまでもない。「どれほどの毒饅頭が太田の胃袋に入ったのか。そのことだけでも取材する価値があろう」と政界雀は、今もはやし立てている。


 そして四番手の山口那津男である。彼も怪しい。しかし、逃げるのも早い。安倍が招集したCHINAROOMに欠席した。

 これをどう読むか。永田町監視人は「山口派と太田派に亀裂が入った」と分析している。そういえば、最近の山口は、言葉は柔らかいが、安倍の国会答弁に批判を強めている。


<改憲派憲法調査会長の北川は姿隠す>

 公明党の改憲派で知られる北側は、憲法改悪の一里塚である国民投票法の成立に躍起となっている。安倍の期待の星だ。

 「例の自衛隊参戦法の集団的自衛権行使を強行した悪党で注目を集めている人物」と事情通は指摘している。


 この大事な宴席に北側も姿を見せなかった。山口の説得に応じたものか、それとも参加することで、新たな関心を呼ぶことに警戒したものか。


 創価学会内部も亀裂が入っていることは、先の参院選に沖縄の野原善正が、池田親衛隊の代表として、山口に対抗した。

 恐怖を抱いた太田は、いち早く選挙区選挙を返上して、早々と比例区に回ったが、戦争反対の学会婦人部の怒りは継続している。

 徐々に真相が判明している中で、彼女らが親衛隊の核になってきている。



<病に伏した諸葛亮孔明の所在不明をよいことに暴走>

 信濃町三国志の主役は、諸葛亮孔明こと池田大作である。

 病に伏して10数年も経つ。その様子は杳として知られていない。生きているのか、死んでいるのか。孔明の晩年を印象付けている。


 信濃町の裏切りは、そこから始まった。いえることは、後継者を育てていなかった点である。次々と裏切られて、駒が無くなってしまったのか。組織はトップが倒れると、全体が腐るというが、いまの信濃町がそうである。


 結果からみると、池田後の公明党創価学会は、歴史に耐えることはできなくなっている。極右に賛同、支援して安倍ナショナリストと共に墜落するのだから。


<戦争三法の太田ショウコウ、カジノ法の石井>

 こともあろうに、戦争三法を強行、法外な毒饅頭を胃袋にはち切れないほど押し込んだ公明党を、池田が知ったら、それこそ大衝撃で、突発性の大動脈りゅう破裂で即死するだろう。


 太田を信濃町の事情通は、意外な話を披歴してくれた。

 「太田は池田の後継者を狙った。その野心に気づいた池田は、太田を公明党に押し込んだ。そして機会あるごとに、太田に油断するな、と警鐘を鳴らし続けてきた。その本人が倒れて、太田の暴走が始まった」


 カジノ法は太田の後任の石井が強行して、安倍を感動させた。カジノ汚職はいまはネズミ一匹だが、根っこは深い。法務検察が覚醒すれば、一網打尽が待ち構えている。

 山口後継で信濃町は、いま新たな騒動が起きている。


<歴代の竹入は角栄、矢野は竹下、昭宏は心臓の毒饅頭>

 それにしても、公明党の体たらくは三国志演義を超えて、国民に宗教政党の危うさ・危険性を知らしめている。


 竹入・矢野に続く太田、そして山口と、政治家らしい政治家がいない。池田の「人間革命」はなんだったのか?

2020年2月22日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

五輪返上やむなし<本澤二郎の「日本の風景」(3601)

<自業自得!世紀の悪党の花道退陣論はむなし>

 安倍・自公内閣の7年間の悪しき実績は、戦争三法やカジノ法を強行したことだが、それゆえに心臓は、東京五輪花道引退論にかけていたようだ。しかし、それも厳しくなってきた。五輪返上は、既定の路線になりつつある。

 公明党を引きずり込んで、戦争国家大改造に野心を燃やし続けてきたA級戦犯の孫に対して、天は許そうとはしていない。そう感じる国民は、日々増大してきている。


<英国が引き受けると手を上げた>

 今朝の永田町監視人の報告によると、なんと4年前の五輪実施国のイギリスが引き受ける、と言い出しているという。


 4年前の施設を使うことで、わずかな経費で五輪を実施できるということなのであろう。

 現在、大問題になっているダイヤモンド・プリンセス号はイギリス船籍だから、イギリス人の乗客も多かった。日本政府の対応に怒りをみなぎらせているための腹いせもあるのかもしれない。


 またロンドン五輪が二回も実施することが、EU離脱で沈下する経済不安を、多少とも和らげることが出来る、とのそろばん勘定でもあろう。


<買収と大嘘で獲得した五輪に新型肺炎の壁>

 そもそも、東京五輪開催に大義はない。

 国際オリンピック委員を買収して分捕った不正を前提としている。フランスの検察は、いまも捜査を継続している。


 買収五輪の前提には、311のフクシマ東電原発爆破事件による放射能被害について、大嘘をまき散らしていた。国際社会に向けた大嘘は、その後のモリカケ事件から現在の桜事件でも踏襲されている。


 以上の事実を日本国民は当然のことながら、国際社会も認識している。不正と腐敗が安倍・自公内閣の体質となっている。


 ダメ押しともなったのが、武漢の新型肺炎対策である。東京五輪を優先するための、安倍・自公内閣の水際作戦が、見事に失敗、世界の怒りを買っている有様である。危機管理のなさにワシントンの失望は、ことのほか大きいことも分かってきた。

 安倍・令和に続く、安倍・五輪に、ついに天は怒り出したのだ。安倍の大好きな神風が吹いてくれるのだろうか。



<武漢並みの安倍ー加藤の感染防止対策>

 いま中国の北京などから「日本は大丈夫だろうか」という不安と心配の声が、列島の中国人社会70万人の家庭に寄せられている。


 その原因は「日本の対応は、武漢と同じか、もっと悪い」という点にあるのである。このことに日本人は気づいていない。日本政府も、である。


 いまも列島で、無数の行事が繰り広げられている。人々は従来通り、集まって祭り騒ぎをしている。一部では中止しているが、新型肺炎の恐怖を感じない国民も役人、政治屋も少なくない。


 最たる証拠がプリンセス号の乗客に対する感染防止対策だった。しびれを切らした各国政府は、英米を含め、特別機を派遣した。韓国は大統領専用機を数人の乗客のために派遣したほどである。


 「日本は安全」「五輪は実施する」との意思表示であったのだろうが、国際社会は、逆の認識をした。感染を広めるだけの防止対策だった、そのためである。

 

<2019年3月25日ジャ同「2020東京五輪返上が正義」は正しい>

 筆者は買収と大嘘による東京五輪を、当たり前のように「大義なし」と断罪した。2019年3月25日にジャーナリスト同盟通信で、明らかにした。するとどうだろう、10数年継続してきたライブドアのブログが消されてしまった。数千人の読者を失ってしまった。株主の関係で、犯人は信濃町のようだ。


 息子の力を借りて、新たにライブドアとアメーバを立ち上げ、ゼロからのスターとなった。ところが、北京ではアメーバが使用不能、ライブドアも公開できなかった。1月28日から元に戻ったが、ネットに対する言論弾圧を初めて知った。日本の民主主義度ランキング24位はおおむね正しい。


 安倍ー森喜朗ー電通の陰謀めいた東京五輪は、返上やむなしであろう。石原慎太郎も曲者である。

2020年2月21日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)
https://www.youtube.com/watch?v=t95Ho0VQTW8

心臓のお尻に火が付いた!<本澤二郎の「日本の風景」(3600)

<消費税10%大増税で転覆必至の日本経済>

 日本経済は転覆必至だ。国民いじめの10%消費税で、消費は激減している。予想通りの厳しい大不況の到来である。100兆円予算は棚上げして、組み替えるか、縮小するほかない。超軍拡予算返上だ。消費税はゼロにしなけれならない。現状では、国民生活も企業も生き絶え絶えとなろう。


 追及する東芝では、またまた巨額の粉飾が露呈した。再建どころでなくなっている。新たに、稲盛の日航暴利体質に、わずかな年金1か月分が飛んでしまったものだから、大不況を肌で感じる。少しでも節約しようと業務スーパーに飛び込んで、キャッシュレス決算で5%返金を求めた所、なんと「うちはやってない」と断られた。政府の宣伝は実行されていない。


 昼飯時間がなくて、仕方なく「デニーズ」という外食店に入り、ここでもカード支払いをしたが、しっかりと10%がプラスされていた。自公の宣伝は嘘である。

 このさい、財閥の500兆円内部留保金に手を突っ込め、である。アベノミクスの失敗どころか、連発する安倍スキャンダルや側近不倫騒動、法務検察内紛、さらには武漢なみの新型肺炎対策に、世界から失望と怒りが寄せられている。


 心臓のお尻に火がついている!


<桜事件の大嘘がばれて全日空を脅しまくる>

 桜事件の大嘘を全日空ホテルが、当たり前の真実を公表すると、驚いた心臓はあの手この手で、全日空を脅し、懐柔して、大嘘を正当化させている。


 「国会答弁のままで押し切る」という方針を、安倍と菅が再確認したことで、これが新たな火種となってしまった。


<黒川検事総長候補に法務検察大混乱>

 伊東正義の冠をかぶって政界入りした森雅子という人物も、東京高検検事長の黒川を定年延長、法務大臣として検察庁法違反を強行した。これに安倍が、閣議決定でお墨付きを与えた。しかも、それを内閣の法の番人である法制局が追認したことから、法曹界が大混乱している。一連の愚挙に対して、検事総長OBから検察内部、法務省内部で大混乱が起きている。


 黒川が無事に次期検事総長になれるのかどうか。新聞は、読売や産経ばかりではない。世論も怒り狂っている。稲田信夫検事総長の正義に期待する国民は多い。

 安倍と菅の飼い猫を検事総長に押し込めるかどうか、日弁連や法律家が決起して、騒動は一段と大きくなってきている。 


<武漢並みの新型肺炎対策に世界から怒り>

 内閣の重要な新型肺炎対策の閣僚会議に欠席したのは、やんちゃ坊主のような人物だけではなかったという。今朝の連絡では、森と萩生田という安倍側近も欠席していた。


 クルーズ船プリンセス号での日本政府、すなわちアベ後継者を一人任じてきた厚労省の加藤の大失態が、世界的に怒りを買っている。

 「囲いの船に3700人も押し込んでいれば、感染力の強い新型肺炎に次々と感染するに決まっている。素人でもわかることを、どうして?加藤も安倍同様利口ではない」


 「金儲けを狙っての、中国人観光客を大量に受け入れた国交相の責任も大きいだろう」

 以上の指摘を国民は支持している。

 要は「手口は武漢レベル」というのだ。正月行事を優先した武漢市当局、東京五輪にかけるアベは、同列同罪というのである。


 東京五輪は返上するほかない、と認識する国民は多数を占めることになろう。


<安倍ー菅側近の和泉と大坪の不倫騒動>

 週刊誌で大活躍している安倍ー菅の側近というと、和泉という補佐官というのだが、この人物はなかなかのものらしい。

 「安倍に劣らない女たらし」という安倍の秘書時代から知る清和会OBも、相手の厚労省審議官の大坪には腰を抜かしている。


 戦後強くなった女とはいえ、彼女はなんら悪びれる様子もなく堂々と国会や役所を闊歩、指摘されても平然としている。「女の中の女」ともいえるかもしれないが、それならばいっそレイプ文化の日本返上に人生をかけてはどうか。


 安倍は仕方なく、和泉を注意したらしいが、対応が遅かったのは、昭恵のことが念頭にあったのでは、との憶測が飛んでいる。


<野党が毒饅頭を食べて居なければ1日でお陀仏>

 もうこの辺で辞めてはどうか。それとも、稲田検事総長の大活躍の場面を見せたいのか。

 はっきり言おう。野党の国対・予算委理事がこのさい、毒饅頭を吐き出して、自公維と対決、あらゆる手段で対抗すれば、安倍を1日で退陣させることが出来る。


<霞が関が国民に奉仕する役人になれば安倍は持たない>

 また、もう一つの手段は、霞が関の官僚が覚醒して、安倍の嘘を暴けば、それで心臓は止まる。


 「安倍に奉仕する官僚」から、憲法が命じる「国民に奉仕する官僚」になることが出来れば、安倍はおしまいだ。


<信濃町が覚醒すると仏罰>

 これはあり得ないことであるが、信濃町が覚醒すると、それだけで国粋主義者の安倍も生き延びることはできない。


 この可能性はないか、薄い。

 「1%の可能性がある」との小さな声もある。この場合は安倍に仏罰が落ちることになる。


 どうみても、安倍に神風は吹かない。神風は作り話なのだから。ワシントンのトランプも再選の可能性が小さくなっている。

2020年2月20日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

↑このページのトップヘ