宗教法人法の課題<本澤二郎の「日本の風景」(4707)

<税の優遇をなくし、天文学的財政悪化解消とカルト教団政教一致解消>

 「新しい戦前」でいいのか。怖ろしい時代の突入を察知した識者の声というが、もしもこれに迎合すると、もはや世の中は真っ暗闇。日本という国の政治変革にはカルト教団が関与していることが、今回の安倍銃撃事件でわかった。統一教会だけではない。神社本庁や創価学会も。ほかにもあろう。彼らの暴走の背景には、無税制度による莫大な資金が存在する。 

 莫大な闇資金が、政治と社会を狂わせる原動力である。信教の自由を口実にした無税制度は、直ちに解消すべきである。自公内閣による借金体質は天文学的だ。生まれた赤ちゃんも1000万円借金は異様であろう。財政は破綻している。税の優遇はなくすしかない。

 新たに宗教法人役員にやくざ暴力団の排除せよ、との9県の要望も当然である。自民党の右翼派閥とやくざの深い仲は、A級戦犯の岸信介・福田赳夫・安倍晋太郎・晋三時代からだ。中曽根派にもいえる。カルト教団と自民党右翼派閥の関係が、間違いなくこの国を危うくさせている。いま公明党創価学会もその仲間に入ったようだ。


<政教分離とやくざ(暴力団)とカルト教団排除は不可欠>

 世は21世紀である。国際社会は政教分離を法治の根幹にしている。戦前日本の天皇制の国家神道(現在の神社本庁)こそが、植民地支配と侵略戦争の元凶となって国際社会を狂わせた。

 政教分離は断固として貫徹する必要がある。天皇制の恐怖の腐敗は、いうなれば神社神道による人民の奴隷化にあったともいえる。天皇制を維持させるための防護服がやくざ暴力団だった。

 前世紀の遺産は解体するほかない。


<常態化していた統一教会の外為法違反=創価学会は?>

 高等小学校卒業の田中角栄は、それゆえに一世を風靡した人気首相となったが、彼を追い落とした材料は米国ロッキード社からの賄賂金5億円だった。しからば韓国やアメリカや中南米諸国への詐欺的呪いの手口でかき集めた統一教会による日本資金は、数兆円かそれ以上にのぼると見られているが、宗教法人の闇に隠れて罪に問われることなく強行されてきた。

 民主主義の国でこんな違法行為が許されていいのだろうか。これ一つとってみても日本の政治腐敗は、世人の予想を超えている。

 同じことは海外に資産を有する創価学会にもいえるだろう。どのような手段で資金を世界各国に持ち出しているのであろうか。フランスでは創価学会をカルト教団として監視を強めている。


<甘すぎる宗教法人法は不正腐敗の温床でいいのか=憲法破壊の元凶>

 カルト教団は甘すぎる宗教法人法を隠れ蓑にして不正を行っている。統一教会の霊感商法はその典型であろうが、そればかりではない。無税の資金を使って悪政に手を染めている教団は多い。

 政府・国会と裁判所の怠慢に尽きる。カルト教団は選挙を利用して政府と与野党を内部から懐柔して恥じない。女性活用に長けている。やくざも同様である。強姦した女性との性行為動画を手にすることで、女性を自由自在に将棋の駒のように駆使して目的を果たしている。

 憲法破壊の元凶でもあろう。カルト教団による政治的自由の拘束もまた、憲法に違反する。こんな民主主義を放置していいわけがない。強く訴える必要がある。公民の代表の覚醒を求めたい。


(産経)税優遇措置がある宗教法人の設立などを定める宗教法人法について、特定危険指定暴力団「工藤会」(本部・北九州市)を抱える福岡など9県が、法人役員の資格や解散命令の要件に暴力団排除規定を盛り込むよう国に要望していることが2月5日、分かった。過去には暴力団が絡む宗教法人を悪用した脱税事件なども起きており、暴力団の拠点がある兵庫県なども共同提案しているが、国は「実効性が乏しい」と応じていない。


(追記)夕刊紙も買えない凡人ジャーナリスト

 昨日はひどい目に遭った。日刊ゲンダイのコンビニでの買い方も知らなかったせいである。午後2時前にコンビニで残っていた1部を買った。130円だ。ほっとして紙面を広げると、我が近況記事が載っていない!青くなった。前日に覚えたてのSMSで100人ほどの友人に知らせておいたものだから、さあ大変!自宅に置いたスマホには札幌や沖縄から「記事がない」とのクレームが。パソコンを開くと、都内の友人から「大きく出ている」との連絡が入った。直感で地方版には掲載されないと判断した。あわてて地方の友人らに「勘違いした」とお詫びのSMS送信。これがまた大変。夕刻に八千代市の友人が「出ている」との報告だ。木更津市の友人からも「見た」と。今度は岐阜県からも「見ました」の連絡が入った。地方にも出ていることが分かった。今度はあわてて「出ている」との訂正のSMS。不慣れなSMS操作も重なった。命が縮む思いをしてしまった。無知の怖さだ。もう大分ご無沙汰している友人に老醜をさらすことで「本澤はまだ生きている」との思いからの発信だったのだが。


 午前中は楽しかった。親類先の柴崎豊平・福江夫妻が、自分の畑で耕作した大豆で健康食品の代名詞のような醗酵食品の味噌を造る様子を見学したせいだ。防腐剤と添加物の食料品ばかりの世界に生きる現代人である。それなしの手造り味噌は一見の価値がある。大きな釜が、豊平さん手作りのドラム缶のカマドに乗って大豆を煮ている。これも圧巻だ。

 煮汁を飲むと甘い。これを餅つき機に入れて豆を潰し、麹と混ぜて練る。麹の量で味噌の味に変化が出る。柴崎家の味噌には、大豆とほぼ同じ量の麹を混ぜるから、塩分も少なく最高の味のいい味噌が出来る。麹は米から醗酵して造るというもので、こちらは専門の店から購入する。

 幼いころは、どこの家でも味噌を作っていた。我が家の隣の豆腐屋という屋号の大きな釜を借りて造っていた。その際の汁をご飯にかけて食べた。今回はその汁(名前を忘れた)もいただいた。本日は2回目の懐かしい挑戦である。

 昔の方が健康食品を食べることが出来た日本人ということになる。戦前回帰は許されないが、食べ物は大陸から届いた健康食品がいい。

2023年2月7日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

筆者近況<本澤二郎の「日本の風景」(4706)

<日刊ゲンダイが本日紙面で老醜をさらす記事を掲載>

 帝京と東芝の二大病院で命を奪われた次男正文の無念を、特に後者は反省も謝罪もしない。司法の正義を信じることが出来ないため、その無念を少しでも書き残そうと始めたような本ブログ「日本の風景」を、まずは10巻まで製本した。それを記念して我が信頼する反骨ジャーナリストが編集している日刊ゲンダイが、筆者の近況を本日の紙面に紹介してくれた。深謝である。反骨のジャーナリストは、日本の言論界で生きられないことは承知の上だが、これは亡き宇都宮徳馬さんの遺言でもある。


 他方、35年前に赤報隊を名乗る襲撃事件に屈した日本の警察と朝日新聞の正体を、遅ればせながら真相の一部を知った。統一教会の武装集団は、オウムの麻原彰晃の先輩だったことも、ほぼ確認できた。朝日と警察が35年を経て目を覚ましてくれるかどうかが、日本丸の今後を決定することになる。さらに言うと、平和軍縮派の宇都宮徳馬さんが「ツネは忘恩の徒」と断じた読売の渡辺恒雄の影響力は終わった。読売・日本テレビも覚醒するかもしれない。残るは久枝のフジサンケイグループだけだ。

 ともあれ日本沈没の終わりの始まりが始まった!


<友人らにSMS?なるもので発信してみたら反応どっさりに仰天>

 短いメッセージをSMSということらしい。初めて使ってみた。運よく本日の日刊ゲンダイを手に取ってくれると、老いぼれの元気さに気付いてくれる仲間がいる。年賀状の比ではない。最近は郵政民営化(小泉内閣)に対して信念として賀状を取りやめる人も少なくないようだ。

 妹から「2月6日は父喜平の命日、おめでとう」と喜びの電話が入った。「倅の大学教授(数学)にも買って読むように伝えてほしい」に無論と応じた。今住んでる築50年の大地は、小作人の両親が春は小麦、秋はサツマイモを栽培して4人の子供を育ててくれた歴史ある報恩の土地。友人らは「家賃がないのがうらやましい」と特権層の思考にはない反応を見せてくれる。


 昨夜は昭和42年(1967年)から松野頼三秘書になったH氏が電話してきた。もう連絡が切れて5年以上経つ。「うらやましい。こっちは足が悪くなってしまった。女房を亡くして10年経った。本ちゃんは変わらんね。毎日記事を書く商売はすばらしい。わしは語り部でしか能がない」と確かに覇気が弱くなった感じがする。

 「松野さんには感謝している。岸や福田の裏事情を彼のたばこの煙がもうもうとする個室で、何度も取材してきていたことが、いま参考になっている。岸や笹川と文鮮明人脈がそっくり福田に流れ、安倍に伝染して今がある。清和会の黒い人脈を理解できるのも松野さんのお陰だよ。あなたも秘密の世界をどんどん録音して後世に残す使命があるよ」と応じた。

 「今の記者ときたら何も分かっていない。最近は国会にも出かけない」「少しやせてはどうか」「痩せたんだよ」

 彼は正直者で代議士が辞めた時、筆者に「もう乞食をしなくてよくなった」と胸を張ったものだ。「自民党総務会長の時は、親父に三菱の本社に行ってきてくれと指示された。行くと大金を持たされた。借用証は?と尋ねると、いらないと。金額はウンゼン万円。驚いたねえ」

 自民党体制の腐敗は底なし沼だった!


<「岸田文雄を面接したが失格。ワルは安倍を誕生させた小泉だ」と>

 宮澤喜一内閣が誕生した際、出版社にこわれて「総理大臣 宮澤喜一」(ぴいぷる社)を書いた。このとき世話になった宮澤支援者のK氏が久しぶりに電話をくれた。

 聞けば、心臓の大病で信濃町の慶応病院で大手術をして一命をとりとめたという。広島の人だ。「お見舞いにもらった資金で赤坂の一流のレストランを買った。会員制のレストランで、政治家は会員にしない。週に数回開いて、そこで勉強会を開いたりしている」というのである。以下に彼とのやり取りを紹介しよう。


 「岸田は駄目だね」「昔彼を面接したことがある。とても無理だ」「安倍以上にわるい」「安倍を作った小泉が一番のワルだ」「上京せんかね。西新橋に宮澤さんが使っていたビルに事務所もある」

 「日本は終わりの始まりだね」に彼も同意した。また「先に谷垣禎一を呼んで話を聞いた。彼の頭は問題ない。2時間もしゃべりまくってくれた」とも語っていた。今朝ほどは鳥取から元国会議員が電話してきた。「こちらのコンビニにはまだ日刊ゲンダイを置いてない。国会図書館に頼むと、ちゃんとそろえてくれるので。ほかにも考えてみる」「統一教会は詐欺集団だよ。女の占い師もそうだよ。銀座にも若い子が割り込んできて花を押し売りもしていた」「高村のヨシオカという秘書は統一教会の幹部だった」など興味深い情報も明かしてくれた。

 統一教会解散にブレーキをかけているおっさんの正体も判明しそうだ。専門家ならこの情報で十分だろう。

 SMS効果に驚いている。日本共産党の名物記者は「日本記者クラブには今も行っている。袖ヶ浦の核のゴミは」との声も寄せられた。

2023年2月6日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

35年の眠りから覚めて<本澤二郎の「日本の風景」(4705)

<朝日阪神支局襲撃事件の再捜査にひるむ国家公安委員会の無様>

 凡人ジャーナリストは2月2日の衆院予算員会での宮本岳志質問のYoutube動画を見なければ、まだゆでガエルの仲間の一人だったろう。いまは覚醒した。警察庁が特定した重大犯罪を見逃していた、というよりも清和会圧力に屈していたのであろうから、その罪は万死に値する。

 岸・福田・安倍はいない。圧力なべの蓋は開いている。再捜査すべきであるが、宮本質問に谷という国家公安委員長は、15年の公訴時効を口実にして逃げた。冗談ではない。谷は政治屋としても失格である。岸田内閣には骨のある政治家がいない。一人もいない。

 萩生田や西村、松野ら小者の統一教会派に屈しているのであろうか。清和会・統一教会退治が、依然としてこの国の前途を決めている。確かにネット情報を開けてみると、銃を手に持つ文鮮明の写真や、配下の武装チームの姿が沢山映っている。

 このままでは、散弾銃を持つ文鮮明に支配された日本を受け入れることになるが、警察庁は散弾銃が怖いのか。警察が駄目なら自衛隊のミサイルで対抗することも可能であろうが。


A級戦犯派閥の清和会や笹川ギャンブル財団に配慮か>

 公務員は全体の奉仕者であって、清和会・統一教会の防護服であっていいわけがないだろう。黒い戦後史を解明する時だ。

 35年前のそのまた30年前から日本は、石橋・池田内閣を除いて黒い政治が太い一本の線で貫かれていた。そのことに気付いた日本を代表する朝日新聞が、統一教会の霊感商法という犯罪的金集めを糾弾する記事を、朝日ジャーナルと共に書きまくって、国民の命と財産を守る報道を徹底した。対して統一教会国際勝共連合は、岸や福田の支援を受けるような形で武器で反撃をしていたとは、恥ずかしながら2023年2月3日まで知らなかった。この辺の様子を現在ははっきりと理解した凡人ジャーナリストとして、岸や笹川らの黒い歴史に目を向けよと叫ばねばなるまい。


 国家公安委員長の宮本質問に対する逃げ腰の答弁が、岸田内閣の姿勢だとすると、35年の眠りから覚めない日本政府と警察庁ということになろう。由々しき一大事である。主権者として放任出来るわけがない。

 税金泥棒警察の汚名返上を期待しつつ、野党の厳しい追及を求めたい。


TBS強姦魔を助けた共犯者・中村格は日本生命に天下りの快挙>

 昨日はまたしても仰天人事が報道された。かの伊藤詩織さんを薬物で強姦したと見られているTBS山口強姦魔を逮捕させず、無罪放免にしたという三流国でない限り想定できない処分をした菅義偉最側近の中村格は、それ故に警察庁長官という最高位を射止めた警察官僚きっての悪党だと日本列島の国民すべてから受け止められている。

 その御仁が生命保険会社の雄である日本生命に天下りしていたことがわかった。これはまた快挙だ!菅か二階の差し金か、それとも岸田が口を聞いたものか。憶測が尽きないが、さっそく日本生命の保険解約の話が波紋を広げている。ワルが出世する日本に変化はない。

 伊藤詩織さんの取材から逃げまくっている悪徳官僚の汚名は、今後とも続くことになる。哀れな中村格であろうか。


<木更津レイプ殺人捜査回避は公明党創価学会の圧力疑惑か>

 強姦魔というと、殺人の罪に相当する重い犯罪を本業とするやくざが跋扈する千葉県・房総半島では、やくざ系が産廃業に手を出して、有害物質を水源地に埋めて暴利をむさぼっている。

 これに対して地方の小役人は抵抗しない。黙認するため違法行為はいたるところで繰り広げられている。君津市や袖ヶ浦市には核のゴミが埋設されているが、千葉県も関係する市も沈黙して恥じない。

 やくざによる木更津レイプ殺人は、こうした土壌を背景に起きた。被害者は戦争遺児である。戦争未亡人が建てた学校前の住宅地は、伸び放題の枯れ葉で埋まっている。常時4台の廃車が庭の一角を占拠して痛々しい。

 犯人のやくざも被害者も共に創価学会員。元法務大臣秘書官の口添えで木更津署も捜査を始めたが、3年前に打ち切った。「公明党創価学会の圧力に屈した」と見られている。事実なら創価学会は、殺された戦争遺児よりも、強姦魔のやくざを保護していることになるがどうか。

 警察正常化協議会の大河原宗平氏がいろいろと骨を折ってくれている。殺人に時効はない。犯人の富津市出身の浜名と共犯者の吉田文江と大工佐久間清も特定できている。

 警察庁の腐敗に千葉県警も木更津署も比例して腐りきっている証拠であろう。犯人はJR岩根駅近くで介護施設を経営している。やくざ経営の日本で初めてのデイサービスである。「公明党の政治力」との噂はずっと続いている。


<警察が覚醒すれば日本社会は明るくなるのだが>

 警察正常化には、まず35年の眠りから目を覚ますことに尽きる。立春も過ぎた。民主国家を放置するのか。繰り返し警察の覚醒を求めたい。

2023年2月5日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

↑このページのトップヘ