本澤二郎の「日本の風景」(5196)

<安楽死の是非>

スイスのある施設のベッドに横たわったその男性は、40年にわたる生涯を自ら閉じ、旅立とうとしていた。枕元のスマートフォンからは、自身が最期に選んだ曲「ラ・リベルテ(自由を)」が流れている。医師は点滴に致死薬を投入し、その準備を終えた


2024年6月16日早朝パソコンを開く。ヤフーニュースにTBSの冒頭の記事が飛び出した。安楽死!311東電フクシマ原発被ばく後の治療ミスで、脳神経をやられて重い頭痛を抱えた友人から「いずれ車いすでスイスに行くことになる。同行頼む」と依頼を受けた。「わかった」と即答したが、その友達は今どうしているのか?「スイスでの安楽死」を考える日本人がいることに驚いたが、被ばくと医療ミスの重大事故を今も思い出すと恐怖で怯んでしまいそうだ。足元の房総半島の水源地・袖ヶ浦市の林・高谷地区の住民もまた、おそらく被ばく住民としてガンの治療で泣いている。もう3人も亡くなっている。

だが、千葉県も袖ヶ浦市も無視して見向きもしない。「やくざ暴力団を恐れている」と住民は怒る。不条理の房総半島に怒りが渦巻いている。命の水と空気が危機的状況にある可能性を否定できない。


<哀れ!妻の肺腺癌末期に主治医に安楽死を叫ぶ>

色や臭い形も見えない放射能被ばくは、当事者以外の人間が考えても分からない。ヒロシマやナガサキの被爆体験者でないと実感できない。同じく安楽死のことも、末期がん患者の身内として最期を看取ったものでないと認識できない。


フクシマ被ばくジャーナリストの指摘で目を覚ました凡人ジャーナリストは、311当日のことと、新たに4日後の315の首都圏大量被ばくのことを知った。2011年3月15日に東京など首都圏を襲ったフクシマからの大量の放射線が、茨城・埼玉・千葉県をかすめて都心を襲った。午前10時から11時にかけて屋外にいた人たちが被ばくした。

個人差はコロナワクチンと同じだ。2年前に当時住んでいたマンション15階のAさんが肺がんで亡くなった。世田谷区の元信毎役員のSさんも突然息を引き取り、残された夫人を半狂乱にさせた。この10年の間にフクシマ被ばくとワクチン死が、呪われたような日本列島を襲い掛かったことになる。


妻は2012年に「咳が止まらない」といって耳鼻咽喉科医院から内科医病院に移った。レントゲンの結果、医師は「咳喘息」と大誤診。その後の治療は効果ゼロ。本人の要請で五反田の大病院で精密検査。結果は「肺腺癌末

期・ステージ3」。これほどの不運な人生も珍しい。有明の有名ながんセンターでは、開発時の医薬の実験台にさせられた。そして末期がん向けの病院に移され、2013年11月23日非業の人生を閉じた。この時、夫はあまりにも苦しそうな、助かるはずもない妻

の治療をしている主治医に対して「安楽死」を叫んだ。

むろん、一撃のもとにはねつけられたが、今でもやむを得ない判断だと夫は思っている。末期の肺がんに対する痛み止めの薬はないのだから。

友の「スイス行き安楽死」を受け入れた理由なのだが、いま本人は無事に過ごしているのであろうか。ありえない医療事故による頭痛は、電話で取材していても耳にビンビン響いてきた。


<東芝製3号機の核爆発による被害者はゴマン>

政府も東京電力も311フクシマの東電原発3号機の製造企業である東芝について、今日に至るまでも一行も明らかにしていない。

新聞テレビも「3号機は水素爆発」と事実を隠ぺいしたまま報道している。東芝製という文字も伏せている。


日本の隠蔽文化はすごい。およそ民主主義の国とは言えない。右も左も闇だらけだ。「不都合なことは隠せ」という日本の隠蔽文化は、国際的レベルに達しているのだろう。警察の不正腐敗は、千葉県だけではなかった。群馬県警・長崎県警と今は、鹿児島県警も無様な正体をさらけ出している。

袖ヶ浦市の被害者などは、決まって庶民大衆である。袖ヶ浦市の住民だし、房総半島の住民なのである。


<お上に見捨てられ非業の死目前の人に安楽死>

安楽死は是か非か。当事者の実になれば、是である。第三者は分からない。判断しようがない。アメリカの各州でも安楽死が認められているという。医師も見守るだけの「非業の死」は、木更津レイプ殺人事件の被害者もそうだった。

誰もが「畳の上で大往生」がいいに決まっている。しかし、こればかりは坊さんも神主も決められない。むろん、カルト宗教信者においてはなおさらだろう!

それでも老いて善行もできない人間は不幸に違いない。覚醒していいことをして人生を全うすべきだろう。すると正義と勇気という欲が自然と出てくる!やくざ暴力団を恐れない人々が、袖ヶ浦市の水源地に次々と現れてきている。

2024年6月16日記(茅野村の仙人・日本記者クラブ会員・やくざ暴力団追放国民会議)


本澤二郎の「日本の風景」(5195)

<武器商人=死の商人=J・Pモルガン財閥=現代ビジネス>

43兆円の戦争準備で世界第3位の軍事大国となる日本を、誰が想像できたであろうか。岸田文雄内閣がGDP比1%から2%へと、極右の安倍・清和会A級戦犯内閣政治へと舵を切ったこの恐ろしい決断を、民意を代表する言論界がNOを突き付けなかったことが、より一層日本の危機を裏付ける結果となった。言論の自由が死んだ日本だったことに、識者の多くが恐怖を覚えた。

A級戦犯内閣を引きずる安倍内閣や、改憲軍拡を目標にしてきた渡辺恒雄の読売新聞や日本テレビ、続くフジサンケイグループ、日経新聞の狂喜を感じたのは、筆者だけであったろうか。財閥は笑いが止まらない。さらに国会の死である。自民党安倍政権と公明の太田・山口ラインと、維新が強行しようとしてきた緊急事態条項が重なると、いつどこでも完全復活した日本軍国主義が爆走することになる。すなわち、日本が戦争国家に変質したことになろう。そのための材料が台湾戦争(有事)だ。


<指揮権を米軍に任せた自衛隊は国民の生命財産を守らない>

戦争指揮権は、日本国総理ではなくワシントンだ。アメリカの戦争に命を捧げる自衛隊と日本国民!日本国民の生命財産を守るための自衛隊が、アメリカの利権戦争に命を捧げる!ありえない悲劇がこの日本列島で起きるかもしれない。標的になるのは真っ先に沖縄、続いて東北・北海道や原発銀座であろう。


戦争を招き寄せる43兆円超軍拡を阻止するための100万人デモを想定していた憲法人間は、奈落の底に突き落とされた格好である。「死の商人」の暗躍がすさまじい日本を語ると、意外なことに「死の商人」の意味が不透明だという声が聞こえてきた。以下の現代ビジネス文章を添付するので読んでもらいたい。


南北戦争の最中、怪しげな武器をつくって売ったり、ヨーロッパから中古の武器を輸入したりして暴利を収めた「死の商人」はかなりの数にのぼった。これらの「死の商人」どもが政府の官吏、軍人をだましたり、買収したりして、わが物顔にふるまったことは、モルガンを「裁判」した委員会のいきさつからも分る。

だから、モルガン事件の判決に腹を立てたリンカーンは叫んだ――「こういう貪慾なビジネスマンどもは、その悪魔のような頭のどまん中をブチ抜いてやる必要がある!」。だが、かれらは頭をブチ抜かれるどころか、ますます肥えふとって戦争から抜け出した。モルガン財閥、デュポン財閥など現代アメリカの独占資本は、実に、この戦争のなかから芽生えたものであった……。

アメリカ最大、いな世界最大の「巨大財閥」の一つ、モルガン財閥の創始者であるJ・P・モルガンであることを知るとき、われわれは「戦争」=「死の商人」=「資本主義の発展」を結びつけて考えないわけにはゆかない。


<日本では岩崎弥太郎の三菱ほか財閥が戦争で暴利>

日本も政治にまとわりついた政商が、戦争で途方もない暴利を手にした。三菱の岩崎弥太郎を中学生は、学校で学んで知っている。

三菱財閥・三井財閥・住友財閥・古河財閥など日清・日露の戦争が、死の商人財閥を次々と誕生させてゆく。

その過程で、足尾銅山の鉱毒事件が発生したことを忘れるべきではない。麻生炭鉱もその一つである。守銭奴財閥が支配する日本の戦後政治は、原始宗教の神道を祀り、神風の幻想を振りまいて、頂点に渡来人の天皇を据えてアジア諸国を侵略した。戦前は大英帝国を、現在はアメリカ帝国を後ろ盾にして、目下、中国敵視によるアジア・太平洋において覇権国に成り上がろうとしている。憲法人間を誤魔化すことは出来ない。

現在、覚醒した元自衛官や創価学会員の怒りの潮をYouTubeで見ることができる。必死の形相で声を上げている。NHKにかじりついて野球や相撲に興じるだけの老人には、不気味な闇に気付かない。「死の商人」の暴力装置は、警察とやくざ暴力団だ。これに声を上げられない庶民大衆。極右政府による43兆円に沈黙する言論界と議会と司法に対抗する動きも、ここにきてようやく表面化してきたことを評価したい。

昨夜のYouTubeでは、コロナワクチンの不正を暴くデモに女性記者が立ち上がっていた。一部国会議員が、ようやく議員連盟を立ち上げて「ワクチンで40万人の日本人が亡くなっている」と叫ぶ。彼は3回のワクチン接種で死にそうになったという。わが身内は7回も打って、あっという間に亡くなった。米議会ではワクチン打て打て派の最高責任者が、議会でつるし上げを受けているというのに、日本では加藤勝信や武見恵三にそうした怒りがない。ワクチンもそうだが、戦争死による人口削減計画に対して、多くの国民はまだ鈍感である。


<43兆円ビジネスに有頂天の財閥=改憲軍拡の牙城>

政府・日銀の野望による円激安政策で肥え太った財閥は、新たな43兆円で笑いが止まらない。「為替の安定」「物価の番人」の日本銀行は、学者馬鹿に任せて相変わらず庶民大衆を苛め抜いている。学者馬鹿には生きた経済は分からない。円安は止まらないのではないか。投機筋にいたぶられている。庶民はわずかな財布を開くことができない。消費減退でGDPはますます下落するが、世界一の高給取りの永田町の与野党の政治屋の懐は痛まない。維新の大馬鹿による改憲軍拡など論外である。財閥傀儡政党・死の商人に翻弄される改憲軍拡派に委ねると、日本人はまた歴史を繰り返し戦争で死ぬ。

2024年6月15日記(茅野村の仙人・日本記者クラブ会員・やくざ暴力団追放国民会議)

<CNNによるイタリアでのG7サミット報道!

世界の主要経済国の年次会合であるG7で、ほぼ全ての参加者の政治的脆弱(ぜいじゃく)さがこれほど影を落としたことはない。各国の国民からは怒りと不満が噴出しており右傾化の一因としては、移民やウクライナ防衛の負担への懸念が挙げられる。


本澤二郎の「日本の風景」(5194)

<小池出馬で問われ続ける東京都民の民度>

小池百合子と会ったのは、彼女が防衛庁長官になった時だ。名刺交換のさい、彼女は「お手柔らかに」とあいさつした。初対面で小心者の凡人政治評論家を「御用ジャーナリストではない」と認識していたらしい。政治家は国民を幸せにする、暗闇に光を当てることが求められている。対して政治屋は、利権三昧の日々を送っている。やくざ・暴力団とのつながりを拒否しない、出来ない始末の悪い輩であるという。国民の不幸を顧みない不誠実な人間である。


本来は身を慎む修身の人、したがって家庭円満な斉家の人として、初めて治国平天下の人になれる。

小池には、その資格があるだろうか。8年も首都・東京の知事になっても、さしたる実績を残していない。都民の貧困問題も気になるが、福祉はどうなのか。昨日の都議会での質問戦を少しだけ見たが、政府同様に御用機関として言論弾圧に熱心な電通や博報堂が幅を利かせていた。都議会のお粗末質疑でも、腐敗の一角が浮上するようでは、引退すべきであろう。


<経歴詐称で資格のない都知事候補>

しかも、今回の彼女の経歴詐称問題は、単なる問題に終わらず事件性を帯びていると見られている。政治家としての治国の政治指導者とは言えない。進んで引退すべきだ。

問題は、そのような資格喪失の人物を支持する公明党と自民党である。経歴詐称をなんとも思わない自公両党は、日本政治を運営する与党である。彼らには、修身斉家治国平天下の人がいない証拠だ。

周辺はカルト教団がいくつもぶら下がっていて、気持ちが悪い。いうなれば、人格識見のない利権勢力ばかりで、しかも平和憲法を破壊する教団ばかりが目立つ。

女性差別は断固として反対であるが、彼女の存在は、日本人女性の地位・見識を著しく貶めているとの指摘を無視できない。


<小池・萩生田・日本会議と小泉靖国派>

気になるのは関東大震災時に起きた朝鮮人虐殺についての慰霊の行事に彼女が反対している点を、関係者が問題視していることを知ったのだが、すなわち歴史の教訓を拒絶している都知事だったことになる。過去に目を閉じる者は、現在と未来に対して「盲目」だという。彼女もそんな一人である。


最近の報道で真相を知ったばかりだが、そのきっかけが極右・日本会議の自民党都議の質問だったことが判明した。日本会議というと、安倍・清和会政治そのもので、森喜朗や小泉純一郎・安倍晋三の「神の国」派で知られる。自民党内を支配する神道政治連盟・日本会議である。狂信的天皇主義の国家主義集団として警戒されている。おそらく公安当局が徹底してマークしているはず。統一教会ともリンクしている。自民党都連会長の萩生田光一が、小池支援を打ち出した背景でもあろう。この点からも国際都市・東京のリーダーとして不適格と指摘したい。


公明党は、創価学会内部からの揺さぶりを受けて、集票機能が著しく劣化している。太田昭宏と山口那津男による公明党の「戦争党化」に対する反発が、池田大作亡き後、大きく拡大している。YouTube報道で確認することができる。比例して決死の小池支援が見て取れるが、果たして成功するのかどうか。


候補者の乱立による票分散策略による浮上を期待する自公の組織戦に、東京都民は屈してしまうのかどうか。天下分け目の決戦に無党派都民の民度がいかなるものか、大いに注目したい。やくざが跋扈する千葉県とは違うはずだと思いたいのだが。


<日本人女性の倫理と民主主義>

凡人ジャーナリストは、自民党派閥と長い付き合いをしてきた第一人者でしかないが、正直なところ女性議員の部屋に、進んで飛び込んだことはなかった。

派閥の重要人物では全くなかったことも理由だろう。重要な情報とは縁の薄い存在だったことも。妙な噂の種にされなくもなかったし、ことの本質は、見識のある女性が政界に出ることは皆無だったことにもよる。

昨今、安倍が擁立した女性議員は、女性の目線から判断して批判を浴びる者ばかりが目立つ。「人寄せパンダ」候補から、極右好みの女性が、小選挙区制比例代表候補になることでバッジをつける片肺議員ばかりが目立つ。自民党執行部の女性観に問題があるのである。同時に、投票する有権者の民度にも課題がある。無党派の決起が、政党の野望を打ち砕く原動力であることを明記したい。

2024年6月14日記(政治評論家・日本記者クラブ会員・やくざ暴力団追放国民会議)


房総半島袖ヶ浦市民は「尾上県警本部長就任悲願」!

以下の記事に注目が集まっている。添付したい。(元福岡県警の刑事部長だった尾上芳信氏が指揮した、工藤会壊滅の「頂上作戦」によって、幹部は逮捕。2014年9月に逮捕された野村悟総裁は、一審の死刑判決が出るも、控訴審では一部無罪判決が下され、無期懲役となった。福岡県警によると、工藤会の勢力(準構成員らを含む)は、2008年の1210人をピークに、福岡県暴力団排除条例の施行(2010年)、特定危険指定暴力団への指定(2012年)、頂上作戦の着手(2014年)などを経て、2023年現在は240人にまで減少している。現状は「そのうち半数以上は収監中」だと話す尾上氏は、北九州市民のために「工藤会トップを検挙しなければダメだ」との思いで、頂上作戦に取り組んだ。「実は半世紀前にも、工藤会を壊滅状態に追い込んだ。しかし当時は刑期が短く、出所した組員が戻り、今の凶悪な工藤会がつくられた経緯がある」。)


↑このページのトップヘ