衆院法制局までが改憲大暴走<本澤二郎の「日本の風景」(4644)

<論点整理は衆院議長の細田博之が法制局長に圧力?憲法改悪は極右・日本会議と統一教会が背後で暗躍か>

(時事)衆院憲法審査会が1日開かれ、緊急事態条項創設に関する各会派の立場をまとめた論点整理が衆院法制局から示された。  具体的な改憲項目を巡る審査会での論点整理は初めて。自民党など「改憲勢力」の要請に基づくもので、改憲条文案づくりに向けて議論の進展を図るのが狙いだ。  論点整理は各会派の議員が主に今国会で表明した意見を論点ごとに記したA3判の表。冒頭に衆院法制局の橘幸信局長が「各会派の了承を得たものではない」とした上で、内容を説明した。  自民党の新藤義孝政調会長代行は「自民、日本維新の会、公明党、国民民主党、有志の会の5会派が明確に(緊急事態時の)議員任期延長を規定する改憲の必要性を述べている」として、与野党の意見集約は進みつつあると強調した。  公明党の北側一雄副代表も「5会派で基本的な認識は一致している。できるだけ多くの会派による合意形成を図っていきたい」と述べた。  維新の前川清成衆院議員は立憲民主党と共産党を名指しし、「議員任期延長の必要性は明らかだ。護憲派こそより強く共感するはずだ」と迫った。国民の玉木雄一郎代表は「論点整理は画期的だ。議論をさらに深め、改憲条文案づくりに入っていくべきだ」と語った。


<「緊急時の議員任期延長で改憲!その前に天皇制廃止」の正論浮上>

 ばら撒きの補正予算も成立したことを契機に、岸田の自公維の改憲暴走が、衆院憲法審査会で始まった。これには統一教会まみれの衆院議長・細田博之の暗躍もささやかれている。すなわち、こともあろうに配下の衆院法制局が9条解体を狙う自公ら改憲勢力の意向を受け入れ、異例の論点整理を強行した。

 中立公正であるべき議会の法制局が、改憲勢力の側について、護憲リベラルを放逐しようというのだ。全体の奉仕者である立場を放棄したのである。違憲の集団的自衛権行使を容認した内閣法制局長官さながらの

目下の衆院法制局長。彼は細田の監督下にある。細田は、最近まで清和会会長だった。統一教会の集会に参加し、あいさつでは「この盛会をすぐ安倍首相に伝える」とまで公言した人物で知られる。原発推進の巨大利権・原子力ムラの親分でも知られるスキャンダル議長だ。

 あたかも「安倍・統一教会の改憲草案」に沿った緊急事態条項ではないか。むろん、あえて改憲で対応するような中身はない。改憲世論を喚起する策略である。どうしても、というのであれば普通法で処理できる。憲法をいじくるなどもってのほかだ。


 「どうしても改憲をしたいというのであれば、憲法の唯一の欠陥である天皇制を廃止することである」との指摘が、左右の一般市民から噴き出している。史実が判明したからであろう。法学部で学んだ者はよく理解できる。改憲に手を付けたい自公維はこれとどう向き合おうというのか。知りたい。

 要するに憲法を改悪するのではなく、定着するための議論をしてはどうか。岸田の大軍拡・専守防衛の破棄政策を、平和を愛する市民は到底認められない。議会人として審査会で議論すべき点であろう。委員長の采配が問われていることを、強く指摘しておきたい。国民は戦争国家・戦争する日本を期待していない。外交力で処理できるのだから。世は21世紀である。


<集団的自衛権行使の主役の北側一夫(公明)が改憲を主導>

 (注、この時点で文章が左右二つに分かれてしまった。またしても当局・電通の仕業か。どうなるか、このまま書くしかない)

 改憲目的の憲法審査会に公明党創価学会の北側一夫がいるではないか。彼は集団的自衛権行使を容認した、いわくつきの人物だ。安倍の「戦争体制」に首を突っ込んだ人物である。

 筆者は過去の日中友好に貢献した池田大作と周恩来の交流を評価したのだが、特定秘密保護法・自衛隊参戦法・共謀罪の「戦争三法」を強行した公明党創価学会の政治的評価を一変させた。日中友好が継続する限り、東アジアは安定する。いまそれをぶっ壊した北側が、憲法審査会でも憲法破壊活動をしていることに、改めて驚く。

 本日はネット工作人にお手上げだ。続ける気になれない!

2022年12月4日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

何度でもリツイート

遺族の怒り twitter.com/sousyou13/stat… 





軍事大国へ超爆走<本澤二郎の「日本の風景」(4643)

<カルトの自民・靖国神社本庁(日本会議)+カルト統一教会+カルト公明党創価学会=専守防衛破棄で危機を煽る軍国主義!>

 近い将来、この国は消えてしまうのか。悲観論者でなくとも自民党と公明党のカルト政党が、カネがないのに世界3位の軍事大国へ爆走する方針を決めた。敵基地を先制攻撃するミサイル大国にアクセルを踏むという。ミニ・アメリカだ。軍事経済に舵を切る。今月中にその方針を決める。政府与党のカルト政党が決断した。大ニュースを報道しない新聞テレビも共犯者か。


 歴史の教訓をかなぐり捨てた、驚愕すべき軍事大国への爆走に声も出ない。それどころか政府与党内、野党からも大反対の声が聞こえてこない。市民運動もコロナで沈滞してしまったのか。

 いまのような厳しい社会情勢においては、大軍縮と大減税で国民生活を支えることが、政治家・政党の責務である。6兆円の軍事費を5年後に12兆円にする悪魔のような軍事政策だ。極め付きの暴兵損民であろう。

 アベノミクスで財閥を肥え太らせた安倍内閣に続いて、岸田は、軍事経済化で超財閥国家体制狙いといえる。主権者である国民を奴隷に貶めることになろう。未来を生きる子供たちが哀れでならない。

 靖国・神社本庁の日本会議と岸・笹川・文鮮明の統一教会に、創価学会公明党も賛同している。維新と国民民主党も、それに立憲民主党の一部も悪乗りしているようだ。敗戦末期の近衛・翼賛体制か。再び日本国民の命を奪い、日本列島を放射能で廃墟にしようというのである。歴史を知るものであれば、これくらいの予想は容易に想定できるだろう。


<インド・太平洋の覇権国家目指す大軍拡(GDP2%の戦争国家)>

 ワシントンは、500発の巡航ミサイル買い計画に小躍りしている。「日本のポケットが大きくなった。財政が破綻しているというのに、日本は不思議な国だ。ヒロヒトを生かした選択は正しかった」と最強の闇権力者の産軍複合体の面々は、大いにはしゃいでいるだろう。

 超軍事経済大国の幹部や日本軍拡を煽り立ててきたジャパンハンドラーズの面々も、腰を抜かして喜んでいる様子が目に見える。「アメリカの属国」からの脱却も狙いの一つに違いないのだろうが。


 角度を変えると、中国の新体制下、牙をちらせつける対応に対して、喜んで「受けて立つ」というのだ。日本もインド・太平洋の覇権国家に名乗りを上げようとの宣言だ。「神国日本」がその旗という。恐れ入って言葉も出ない。再び靖国の「神風」に傾ているのであろう。実に愚かな馬鹿げた戦略で、日本の自滅に突っ込んでいる。


<財閥復権の安倍・統一教会・日本会議路線の踏襲か>

 日本と中国は1972年に国交を正常化させた。その後に福田・清和会のもとで平和友好条約を締結した。中国の復興の原動力は、大平正芳の1979年の政府開発援助資金の供与だ。中国侵略の空前絶後の賠償を放棄した中国の配慮に応えた、当然すぎる日本の対応だった。

 他方、北朝鮮とも田中内閣が国交回復を目指したが、福田・清和会と文春の攻撃で、田中が倒れた。その後に拉致問題が起きている。平壌は事あるごとに日本との正常化を呼びかけてきたが、ワシントンの横やりに決断できなかった。日本に非がある。


 それどころか、中国と北朝鮮を敵視することで、軍国主義の完全復活を正当化させた安倍内閣と今の岸田内閣である。これはどう考えても、靖国・日本会議と統一教会の野望である。

 ゆえに、岸田内閣は表向き統一教会退治をしているように見せかけている。実際は違う。統一教会被害者救済法案は抜け穴だらけだ。その証拠に、安倍・清和会の要人は、内閣と党に張り付いたままである。


<歴史の教訓を破棄した戦後最悪の愚挙に岸田文雄内閣が突っ込む

 岸田は宏池会会長である。池田勇人が立ち上げた宏池会は、護憲リベラルを伝統として保守本流を自負してきた。前尾繁三郎、大平正芳、鈴木善幸、宮澤喜一、加藤紘一、池田行彦らは、軽武装経済重視・民意重視を心情としてきた自民党内の真っ当な派閥だった。

 その点で、岸田は信念がない。安倍にぶら下がって天下人になった宏池会失格者である。統一教会と日本会議の操り人形に過ぎない。

 専守防衛という国是さえも吹き飛ばした、実に危険極まりない軍事戦略を打ち出した張本人になった。統一教会と日本会議とこれに服従する創価学会に、改めて愕然とさせられる。


 昨夜の日刊ゲンダイ記者もほぼ同じような不安をぶつけてきた。一人でも真っ当なジャーナリストの存在を喜ぶべきだろうが、全ての言論人は、この12兆円大軍拡計画を容認し、放置するわけにはいかない。日本民族の前途にどす黒い闇を約束するからだ。それも100%の確率で襲い掛かってくる。


国民の抵抗で阻止、失敗すればこの国はおしまい!

 信念のない政治家を政治屋と呼ぶ。利権と名誉に生きる売国奴である。信念のある政治家は命がけで、信念を貫く。そうして、国民の命と財産を守るものだ。 

 こともあろうにA級戦犯の岸が育てた統一教会に身も心も捧げつくした清和会の面々は、典型的な政治屋であって政治家ではない。国賊である。安倍が育てた杉田水脈の発言をネットで確認したが、間違いなく日本国憲法を読んでいない。理解もしていない。人間の屑だ。そんな人物を岸田は「能力がある」と擁護し、総務省政務官を辞めさせようとしない。

 岸田もまた、安倍同様の国賊に違いない。宏池会は完全に崩壊してしまった。彼を薫陶した宮澤喜一が泉下で泣いている。安倍の戦争国家体制の強化に突っ込んだ岸田は、間違いなく万死に値する!

 50年後100年後の日本人は、この記事をどう評価するだろうか?

2022年12月3日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

返金阻止は違法<本澤二郎の「日本の風景」(4642)

統一教会は岸田文雄内閣の閣僚攻撃、むしり取った違法資金手放さず

 統一教会顧問弁護団と被害者救済弁護団の攻防戦がみてとれるような、統一教会違法献金返金問題に、政府は甘い決断をしたようだ。前者の最高責任者は、元自民党副総裁の高村正彦であろう。長州は岸・安倍一族に連なる人物である。安倍内閣のもとで副総裁にまで上り詰めた。第三者の目には悪党弁護士の第一人者と映るのだが。


 反統一教会の世論は天を突くような盛り上がりをみせている。これほど恐ろしいカルト教団にたじろぐばかりの国民を背景にしながら、統一教会は防戦どころか岸田内閣の中枢を攻撃して、内閣を崩壊させる勢いである。


 自民党議員を丸裸にしてしまった統一教会の牙に対して、法務検察も動かない。安倍は死んでも清和会を走らせている?まるで三国志演義を彷彿とさせるようではないか。野党の追及にしても、日本共産党からして甘い。不可解千万である。

 現在、統一教会弁護団は、あくまで「信者の自主献金」という法的体裁をとっていることが判明した。ということは、いまでも悪魔の私財むしり取り違法行為が強行されている。案の定、岸田もいい加減な答弁で逃げている。彼は反転攻勢の統一教会弁護団と野党と救済弁護団の追及をにらみながら国会答弁をして、救済新法を閣議決定した。

 春秋の筆法をもってすれば、ソウルの統一教会本部は、またしても日本人同士を争わせて、高見の見物をしていることになる。漫画であろう。日本国民は歯ぎしりしている。岸田が救われることはない。


<身内の安倍・清和会を保護する教会=双方の蜜月と闇取引を印象

 過去の自民党には、生長の家の平沼赳夫がいた。今の国家神道を引きずる神社本庁を母体にしている日本会議を主導しているのは、生長の家であるとの見方に同調したい。不気味な天皇教信徒といわれる。

 戦前の国家神道による戦争体制は、家庭では幼いころから家に飾った「神棚」に、ご飯や水の上げ下げをさせた。近所の神社祭礼にも参加を強いた。学校では忠君愛国を強要(教育勅語)した。天皇の写真に拝礼までさせた。そうして「天皇のために死ぬことが忠義」との信じがたい狂人に変身させ、彼らは赤紙一枚で命を捨てた。その数300万人。学校では決して教えない真実だ。

 カルト教の恐ろしさは、77年前に敗戦で終わったが、今また自民党の母体となって復活している。やや同じような文鮮明のカルト統一教会は、日本人の財布を狙った。莫大な資金を懐に入れ、いまや政府自民党の憲法改正や戦争する日本人教育にも深く浸透していることが判明した。

 既に地方議会にも深く浸透し、北海道では公然と胸を張って反統一教会に抵抗する自民党議員もいる。昨日の立民質問で暴露された。千葉県八千代市のことは既に報道した。「関係を絶つ」とする自民党本部の指令は無視だ。

 いま反転攻勢の統一教会の矛先は、安倍・清和会閣僚を外して行われている。安倍側近女の高市早苗や清和会の松野博一、安倍家のお庭番・加藤勝信を標的にしない。清和会の統一教会の蜜月関係は存続している。東京・八王子市の教団に身を捧げたという萩生田光一は、全く反省していない。開き直って岸田いびりを繰り返している。

 統一教会と萩生田は、生長の家の平沼を彷彿とさせる。それは公明党創価学会とそっくりであろう。政教分離の憲法違反が、公然とまかり通る永田町によって、この国の前途は暗闇の世界に飛び込んでしまっている。

 国家神道の日本へと引きずり込まれてしまっている。カルトの日本は、国際社会から違和感を抱かれている。東アジアの宿命的な何かがあるのだろうか。呪われてしまった日本に安住する亡びの日本なのか。

 21世紀において、いい意味での科学的合理的な社会でなくなっていることに恐怖感を抱く。霞が関の官僚も服従して恥じないのか。日本学術会議や日本弁護士連合会など見識を有する組織・団体は、今声を上げなくてどうするのか。


<献金の返金阻止にあの手この手の統一教会の防護作戦>

TBS)旧統一教会が2か月ほど前、富山県の信者に対して、「献金は自らの意思で行った」とする誓約書にサインをさせていたことがわかりました。教団の献金が社会問題になった後に行われていて、献金の返還阻止が目的とみられます。


 7・8安倍銃撃事件から日本は、まるで中世に引きずり込まれてしまったかのようである。隣国のカルト教団による国民の資金奪取作戦に政府・議会が右往左往している。それに手をこまねいている司法である。それが「信教の自由」という名目で強行されている。

 被害者は60万人に達するという。60万人の日本人が文鮮明の呪いにかかると、進んで私財を投げ出すという信じられない悪魔の世界に追いやられてしまう。山上容疑者の母親は、いまだ後悔する様子はないという。人間の弱さを悪用する悪しき信仰がはびこる日本列島!敗戦で目を覚ましたはずではなかったのか。若者までもが虜になって身も心も差し出している!赤紙の世界だろう。そんな狂気の世界に身を投じている自民党議員は、いまだけ金だけ自分だけ!

2022年12月2日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

↑このページのトップヘ